チェックインチャンピオンへ:ホテルのフロント

ホテルのフロント係のための英語:基本英語フレーズ20選

ホテルのフロント係はどんな英語を話しているでしょうか。

どこか遠くの土地へ旅行へ行くことを想像してみてください。

空港で飛行機を降り、ホテルへ向かいます。

ホテルのドアをくぐり、さあそこで最初に出迎えてくれるのは誰でしょうか?

そうです、見知らぬ国や街で最初に出会う人は、ホテルのフロント係なのです。この仕事の重要性がお分かりいただけるでしょうか。

フロント係の役割の1つには、異なる文化をもつ様々な国の人と、コミュニケーションを取るということが上げられます。ホテルを訪れる人々の言語は様々です。さて、どうしたら彼らの旅を素晴らしいものにできるでしょうか。

この記事ではまず、ホテルのフロント係にとって英語を学ぶことが重要となる理由を説明します。

それから、ホテルを訪れる全ての外国人客とコミュニケーションを取る際に必要な、フロント係が知っておくべき英語表現20選を紹介します。

Learn a foreign language with videos

なぜホテルのフロント係は英語を学ぶべきなのか?

今日の空港の忙しさを見れば、海外旅行や観光がどれだけ人気になっているのか分かるでしょう。1年を通し、いつでも飛行機にサッと乗って、休暇や仕事で海を渡ることは、もはや珍しいことではないのです。

Statisca.comによると、海外旅行業界では実に、2005年に5億2300万人だった観光客数が、2015年には11億9000万人にまで膨れ上がっているそうです。2030年までには18億人を超えることが予想されています。

もしあなたがホテルのフロント係として働いているなら、たくさんの海外旅行者を受け入れることになるでしょう。

フロント係は全ての旅行者とコミュニケーションを取らなければなりません。チェックイン、チェックアウトだけでなく、ホテルの周辺情報などの質問にも答えることが必要になるでしょう。

では、地球上全ての言語を話せるようにならないといけないのでしょうか。幸いにもそうではありません。ただし、流暢な英語は必須です。なぜなら英語はリングワ・フランカ(世界中の人がお互いにコミュニケーションを取るために使用している共通語)だからです。

英語を学んでおくだけで、ほとんど全ての旅行者と会話ができるようになります。つまり、ホテルのフロント係には英語が必須なのです。日頃の仕事でプラスになるだけではなく、ホテルでのキャリアアップにもつながるでしょう。

英語でのコミュニケーション能力を上げたい方には、英語の動画を使って、実用的で自然な英語を学ぶことができるFluentUがおすすめです。FluentUには、ミュージックビデオや映画のトレーラー、面白いCM、感動的な講演など、実際に英語圏の人々が観ている動画がたくさん収録されています。それら全ての動画は、英語学習機能が付けられており、効果的に単語やフレーズ、発音のスキルを身につけることができます。

iOSAndroidのFluentU携帯アプリをダウンロードすれば、さらに便利にどこにいても英語を学習できるので、英語のスキルは日々確実に伸びていくでしょう。ネイティブのような自然な英語を身につけて、ホテルのフロント係として英語で自信を持ってコミュニケーションを取れるようになってくださいね。

ホテルのフロント係に必要な基本英語フレーズ20選

さあホテルのフロント係として、英語で海外旅行者とコミュニケーションを取るために必要な基本表現をここにまとめました。

ゲストを迎える

フロント係の仕事は、ゲストに挨拶をするだけではありません。歓迎されていることをゲストに感じてもらうことが大切です。フレンドリーなスマイルと、暖かい挨拶から始めてみましょう。

Hello, welcome to [name of your hotel].
(こんにちは、[ホテルの名前]へようこそ。)

これが基本的な挨拶です。ただ、helloと言うだけではなく、ゲストがやってきた時間に合わせて、good morning (おはようございます)、good afternoon(こんにちは)、good evening(こんばんは)などを使い分けましょう。

How can I help you today?
(本日はどのようなご用件でしょうか?)

ゲストが来たら、まずシンプルにこの質問をしてみましょう。もちろん彼らの滞在中はいつ使っても構いません。

あなたがフロントにいて、いつでも手伝ってくれると知っているだけで、その街へ始めて来たゲストは、家にいるような心地良さを感じるはずです。

予約を取る

ほとんどのゲストはオンラインで予約をとります。しかし、それができなかった場合や、したくない場合、電話で予約をするかもしれません。そのような時にホテルのフロント係が使う英語の基本的な質問をご紹介します。

What’s the date of your arrival?
(何日に到着されますか?)

ホテルへの到着とチェックインの日程をゲストに聞いておきます。

When are you planning to check out?
(チェックアウトはいつになさいますか?)

ゲストがホテルを去る日程、もしくはチェックアウトする日程も聞いておきましょう。

How many people is this reservation for?
(ご予約は何名様ですか?)

部屋を予約するグループのサイズ、人数も知っておく必要があります。

What type of room would you prefer?
(どのようなタイプのお部屋をご希望ですか?)

部屋の種類に好みがあるゲストもいます。1人用のsingle(シングルルーム)がいいのか、それとも2人用のdouble(ダブルルーム)がいいのかを確かめましょう。

また非喫煙者のゲストのためにnon-smoking rooms(禁煙ルーム)を用意しているホテルや、ocean view/sea view(オーシャン/シービュー)やmountain view(マウンテンビュー)lake view(レイクビュー)などの景色のいい部屋を提供しているホテルもあります。

ゲストをチェックインする

Do you have a reservation?
(ご予約がございますか?)

受付カウンターに来たゲストに、最初に聞く質問の1つがこれです。すべてのゲストが予約をしているわけではありません。部屋が空いているかを確かめるために、予約なしで訪れるゲストもいます。

What name is the reservation under?
(ご予約のお名前は何でしょうか?)

もしゲストに予約があれば、予約した名前を聞きます。そうすればコンピューターのスクリーン上でゲストの情報を引き出せるでしょう。

Could I have your ID and credit card, please?
(IDとクレジットカードをご提示頂けますか?)

チェックインの際、通常ホテルはクレジットカードと、パスポートや免許証などの身分を確認できるIDの提示を求めます。

couldなどの法助動詞を使えば、より礼儀正しくプロらしい印象を与えます。

Your room is on the [number] floor, room number [number].
(お部屋は[数字]階の[番号]室です。)

ゲストに割り当てられた部屋を伝えるために、このように言ってみましょう。

Your room is on the 9th floor, room number 925.
(お部屋は9階の925室です。)

Breakfast is served from [time] to [time] every morning at/in [location/room].
(朝食は[時間]から[時間]まで、毎朝[場所/部屋]で準備しております。)

多くのホテルは宿泊の特典として、無料の朝食を提供します。働いているホテルにこのようなサービスがあるなら、朝食の時間と場所をゲストに伝えましょう。

次のように言うことができます。

Breakfast is served from 6 to 9 a.m. every morning in the dining area.
(朝食は6時から9時まで、毎朝ダイニングエリアで準備しております。)

Is there anything else I can help you with?
(他に何かご用件はございますか?)

これは宿泊客に安心感を与える質問でしょう。一通りの手続きを終えた後、さらに何か情報や助けが必要なゲストもいるかもしれません。この言葉を使ってゲストに誠意を示しましょう。ホテルのフロント係が使う英語の中でも特に役立つ表現の1つです。

Enjoy your stay.(滞在を楽しんでください。)

チェックインした後、彼らの滞在が心地良いものになるようにと願う言葉を伝えましょう。

情報を提供する、手伝いが必要かを聞く、クレームに対処する

ホテルのフロント係としての重要な仕事は、宿泊中のゲストのお世話をして、彼らに家にいるような心地よさを感じてもらうことです。ゲストが何かを知りたい時や助けが必要な時、また何か苦情がある時にも、まず訪れるのはフロント係のところだということを覚えておきましょう。だからこそ、ホテルのフロント係は英語で適切な対応ができることが重要なのです。。

We have [scheduled services] that run to/from [location]. You’ll find [information] in/at/by [location].
([定期便]が[場所]まで出ています。[情報]は[場所]で見つけられます。)

空港や、地元の観光名所、ショッピングエリアなどに行ける、バスやツアーなどの無料交通サービスをホテルが提供していることもあります。このようなサービスをゲストに伝える時には、上記の言い回しが便利でしょう。また、他の状況にも応用できるかもしれません。

We have a shuttle bus service that runs to the airport from here. You’ll find the shuttle schedule by the front door.
(空港からここまでを繋ぐシャトルバスのサービスがあります。シャトルバスのスケジュールはフロントドアで確認して頂けます。)

We have city tours that run between here, Disneyland and Universal Studios. You’ll find brochures of all our city tours to the left of this lobby.
(こちらとディズニーランドユニバーサルスタジオ間を繋ぐ街のツアーがあります。ロビーの左側に全ツアーのパンフレットがあります。)

To get to [location], just…([場所]に行くには、ただ…)

ホテル内外の場所への行き方を尋ねるゲストはたくさんいるでしょう。この言い回しは、他の状況でも簡単に使うことができます。

To get to the gym, just go down this hallway and turn left. It’s the second door on your right.
(ジムに行くには、この通路を降りていき、左に行くだけです。右側2番目のドアです。)

To get to the nearest McDonald’s, just cross the street outside the hotel and walk straight.
(1番近くのマクドナルドに行くには、ホテルの外の道を渡り、まっすぐ歩いて行くだけです。)

I’m sorry about that. Let me see how we can fix that right away.
(申し訳ございません。すぐに確認し対応いたします。)

ゲストは何か不満、不具合なことがあると、ホテルスタッフに伝えにくる(…もしくは怒鳴り込んでくる)でしょう。タオルを変えて欲しいのかもしれませんし、テレビが映らないのかもしれません。

上記の丁寧な表現を使えば、ゲストに謝罪の意を示すことができ(自分のせいでなかったとしても)、問題解決の方法を提案することができます。

If you need anything else, please let us know.
(他に何かご入用でしたら、どうぞお申し付けください。)

これもゲストの立場をよく考えた表現です。いつでも必要な時は連絡が取れることをゲストに伝えます。ホテルのフロント係として英語で言えるようにしておきましょう。

ゲストをチェックアウトする

Could I have your room number and key, please?
(ルームナンバーと鍵を頂けますか?)

ゲストがチェックアウトする用意ができたら、彼らのルームナンバーを尋ね、鍵を受け取りましょう。ここでも、法助動詞のcouldを使って、礼儀正しく対応しましょう。

Your total is [amount]. How will you be paying for this, please?
(合計は[値段]でございます。どのようにお支払いされますか?)

宿泊費の合計をゲストに伝え、希望の支払い方法を尋ねましょう。クレジットカード、もしくは現金で支払うゲストがいます。

Your total is $243. How will you be paying for this, please?
(合計は243ドルです。どのようにお支払いされますか?)

Thank you and hope to see you again soon.
(ありがとうございました。またお越しくださいませ。)

これは別れを伝える素晴らしい方法です。ゲストに感謝を伝え、幸せな気持ちで送り出しましょう。彼らが他の場所で休暇を続けるなら、Enjoy the rest of your vacation(残りの休暇をお楽しみ下さい)と付け加えると良いでしょう。ゲストが家に帰るなら、Have a pleasant trip home(ご自宅まで良い旅を)と付け足しましょう。

 

ホテルのフロント係で働いているあなた、またその職に就こうとしているあなた、この表現リストがきっと役立ちます!これらを使って、海外からの訪問客を迎え入れましょう。

完璧への道はとにかく練習することです。練習すればするほど自信になることを覚えておいてくださいね。ホテルのフロント係は英語を自信を持って話すことが何よりも大切ですよ。

グッドラック!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.