読みやすく優れた必見の洋書10冊

読書をすることで、輝く新しい世界と出会え、英語を学習する上で新たなレベルへと進めます。

ゆっくりとした道のりのように感じるかもしれませんが、効果的です。

英語学習に洋書を取り入れることで、今まで以上に早いペースで流暢な英語に近づけます。

最寄りの図書館に足を運び、良書がもたらす違いを見出しましょう!

洋書を読む利点

“読書をすればするほど、知識が増える。知れば知るほど、行き先が増える。” – ドクター・スース  英語圏の国の子どもは皆、ドクター・スースが大好きです。読書が大好きだけど、本格的な英語の小説を読むのに尻込みしているという方、ご安心ください。私たちが一歩ずつサポートいたします。読書をすればするほど、より英語力がつきます。まずは、内容がそれほど難しくない優れた英語の小説から読み始めましょう。いずれにしても、時々、語学学習の課題を設定することは良いことです。他にどんな方法で英語力を向上させる予定ですか?

読書はやりがいがある

母国語以外の小説を読んで内容を理解することは、大きな成果です。最後のページを読み終えて本を閉じ、これまでの体験を振り返っている瞬間、達成感を味わうことでしょう。思っていたよりも早く最後のページにたどり着いているかもしれません。こうした本は、一度読み始めると止まらなくなります。

読書は優れた語学学習法

英語の小説を読むことで、語彙力や全般的な読解力を向上させられる他、異なる国とその文化について知識を深められることもあります。また、自分のペースで進められます。ポットキャストラジオを聴いている時は、話し手のペースについていかなければなりません。また、映画を観ながら英語を学ぶのは、もちろん、とても楽しいですが、字幕を読んだり、一時停止や巻き戻ししたりするのに疲れませんか?その一方、読書では、好きなだけゆっくり読んだり早く読んだりできます。わからない箇所があったら、その段落を見直せばよいのです!

読書で視野が広がる

読書とは知識を得ることで、新しい経験や観点と出会えます。他人の考え方を理解するための、これ以上に素晴らしい方法はありますか?今まで触れたことのない言語や文化、社会、歴史について学べるのです。

読書は楽しい!

全体的に、読書により、ストレスを一切感じることなく、楽しくリラックスしながら英語を学べます。自分の読解力以上の書物を選ぶと、挫折してしまいます。初めての洋書を賢く選び、有意義な体験をしましょう。 以下にある有名な小説をご覧ください。基本的な読解力があれば、問題なく読み進められます。さあ、読書に挑戦しましょう。以下のうち何冊読めますか?

読みやすく優れた必見の洋書10冊

1. Charlotte’s Web – E.B. White(邦題「シャーロットのおくりもの – E.B. ホワイト」

この可愛らしい小説は、あらゆる年齢層の方が理解できます。英語を母国語とする子ども向けの本で、多くの大人からもお気に入りの一冊として挙げられるほど有名な本です。世界中の多くの学校で、教育課程の中にも取り上げられているので、この本が話題に上ることもかなりあります。ネイティブスピーカーの大半は、この本を1度は読んだことがあるはずです。 あらすじ ある赤ちゃん豚が、生まれながらに一番小さかったため、役に立たず価値がないと見なされ、殺されそうになりました。しかし、ファーン・エラブルという名の小さな女の子が、この豚を助けました。ファーンは、この豚と仲良くなって世話をし、ウィルバーと名付けました。 ファーンは、悲しい気持ちを抱えながら成長しました。ウィルバーが大きくなると、叔父が所有する農場へと送られてしまうからです。ファーンとウィルバーの間には硬い絆がありました。ウィルバーは、農場へ行った時、他の動物たちから無視され、人間の友達ファーンを思い泣きくれました。そんなある日、ウィルバーは、声を聞きました。しかし、その姿はどこにも見えません。その声は、ウィルバーと友達になると約束しました。 その声の主は、シャーロットという名の小さな蜘蛛でした。農夫がウィルバーを殺そうとしていることを知っていた蜘蛛のシャーロットは、ウィルバーに命を救うための計画を立てると約束しました。翌日、農夫は、シャーロットが蜘蛛の巣で書いた「some pig(たいした豚)」という文字を見つけて驚きました。シャーロットは、その日一日中、他の動物たちの助けを借りて、至る所にメッセージを書きました。 シャーロットが姿を消した時、ウィルバーは悲しくなりました。しかし、最後には、シャーロットの子どもたちがウィルバーと大の仲良しになり、お互いに助け合いながら過ごし、物語はハッピーエンドで終わります。

*websとは、蜘蛛の巣のことです。

 

 2. Mieko and the Fifth Treasure – Eleanor Coerr

この本は、それほど有名ではありませんが、お勧めの一冊です。「Mieko and the Fifth Treasure」の素晴らしい点は、短いことです。わずか77ページで、読みやすいです。英語を母国語とする若年層向けの本なので、英語を学んでいる方にとっても、それほど難しくありません。日本とその文化に関する様々な興味深い事柄を学べるので、楽しみながら読めます。 あらすじ これは、ミエコの感情の機微を表現した物語です。ミエコは、書道がとても得意でしたが、戦争の爆撃で、手に大きな怪我を負ってしまいました。怯えた幼いミエコは、祖父母の住むより安全な田舎へと送られました。 ミエコは、5番目の宝物「心の美しさ」を失うことを心配し、恐れていました。この宝物は、幸福と美しい芸術への鍵だったのです。 ミエコは、新しい学校に通い始めましたが、同級生は意地悪で、いつもミエコのことを笑ったりからかったりしていました。ミエコは、ますます怒りでいっぱいになりました。しかしついに、ミエコの祖父母は、辛抱強く知恵を絞りながら、なんとかミエコを暗闇から救い出しました。ミエコは、良い友達ヨシとも出会いました。ヨシは、とても親切な同級生です。 ミエコは、ヨシの叔母とも触れ合いながら成長していきます。ヨシの叔母は、厳しいけれども親切で、ミエコに再び筆を執るよう励ましました。

 

3. The Outsiders – S.E. Hinton(邦題「アウトサイダー – S.E ヒルトン」

この短編小説は、EFL学習者にぴったりで、世界中の人々が経験する現代的なテーマと10代の若者が抱える典型的な問題が描かれています。文化的な要素が非常に少ないので、背景に関する知識はそれ程必要ありません。短くわかりやすい文章で、非常に易しい単語が使われています。この本は、つまずくことなく読めるでしょう。 Plotあらすじ 主な登場人物の一人ポニーボーイ・カーティスは、グリーサーズと呼ばれる10代の若者のギャングの一員でした。ある日、ポニーボーイは、映画館から出た時、ライバルのギャングに襲われてしまいます。ポニーボーイの友人が、そのギャングを追いかけ、ポニーボーイを救いました。 T翌日の夜、ポニーボーイは、再び友人と共に映画館に行き、敵対するギャングに所属する綺麗な女の子たちの後ろの席に座りました。そこで、ポニーボーイとチェリーは、違うギャングに所属してはいるものの、共通点が多くあることに気づきます。2人は、チェリーの家へと一緒に歩き始めましたが、途中でチェリーのボーイフレンドと遭遇してしまいました。女の子たちがその場から立ち去ったので、喧嘩にならずに済みました。 ポニーボーイの帰りが遅かったので兄が怒って喧嘩になり、これがきっかけで、ポニーボーイは、家から逃げようとしました。2人は、再びライバルのギャングと遭遇し、また喧嘩になりました。この時、敵の一人を殺してしまいます。 ポニーボーイは、心底怯えました。2人は、教会に隠れ、髪を染めて姿をくらまそうとしました。数多くの喧嘩がこの2つのギャングの間で勃発し、結果、ポニーボーイは、病院で目覚めることになります。 法廷で裁判が開かれ、ポニーボーイの運命が裁判官の手に委ねられました。ポニーボーイには、有罪と無罪、どちらの判決が下されるのでしょうか?

 

4.  The House On Mango Street – Sandra Cisneros(邦題「マンゴー通り、ときどきさよなら – サンドラ・シスネロス」

「The House On Mango Street」の素晴らしい点は、内容が面白いことです。著者の視点で描かれていて、主人公の感情を手に取るように感じることができます。非常に短いので、わかりやすいです。難しい単語や記述的な描写がわずかにありますが、文脈から理解できます。この本のもうひとつの優れた点は、異なる文化を深く学べることです。 あらすじ メキシコ人の女の子エスペランサの生活を辿った本で、1年間にわたるエスペランサの生活が描かれています。エスペランサは、マンゴー通りにある新居に引っ越しました。新居は、今まで住んでいた家よりもはるかに立派で、エスペランサの両親が初めて所有した家でした。今まではずっと貸家に住んでいたのです。しかし、より大きな家に住むことが夢だったエスペランサは、あまり嬉しくありませんでした。新居は、古くて小さかったのです。この家は、賑やかなシカゴのラテン地区にありました。新居の中で、エスペランサは、一人になる時間がないような感じがしていました。いつか、家を出て、自分の家を持つことを心に誓います。 物語の中で、エスペランサはどんどん成長していきます。友達を作ったり、体が変化したり、男の子に対して恋心を抱いたり。新しい友達と共に数多くの冒険を体験します。エスペランサは、休暇の後、学校に戻った時、自分の家族が貧しいことを恥ずかしく思いました。気分が良くなるために、こっそりと詩を書きました。 コミュニティー内の他の女性たちにもかなり焦点が当てられています。エスペランサは、こうした女性たちのようにはなりたくないと願います。目上の女性たちを観察し、人生に行き詰っている様子を見ながら、この場所を離れたいと思うようになるのです。

 

5. Thirteen Reasons Why – Jay Asher(邦題「13の理由 – ジェイ・アッシャー」

現在を舞台とする物語で、シンプルな文法が使われ、文章はすべて短く、単語も比較的簡単です。興味深い文法が使われている他、各段落が短いので、ESL学習者が素早く簡単に読めます。受賞歴があり、ニューヨークタイムズのベストブックにも選ばれているこの本は、読む価値があります。夏休み中に、軽いタッチでハッピーな内容の書物を読みたいのなら、この本はお勧めしません。 あらすじ 主人公である物静かな高校生クレイ・ジェンセンは、学校から家に戻ると、ドアの前に小包があるのを見つけました。送り主はわかりません。開けてみると、7本のカセットテープがありました。それは、元同級生のハンナ・ベイカーが送ったものでした。ハンナは、感情面に問題があり、自殺をしていました。 テープには指示書が付いていて、そこには、生徒一人一人にテープを回すようにと書かれていました。合計12人で、この生徒たちが自殺のきっかけとなったことと、その理由が13項目挙げられていました。また、このテープを次の人に渡さないと、自殺の原因を作ったことが学校中に知れ渡ることになるという警告も書かれていました。 テープにはハンナの悲痛の声が録音されていました。初めてのキス、ハンナに対して嘘をついた人や物を盗んだ人について語られていました。事の発端は噂話で、この噂話が大きくなり、収拾のつかない状況になっていったのです。物語には、ハンナの話を真剣に取り合わなかった英語教師を含む一人一人のストーリーについてと、ハンナが傷ついた訳が描かれています。

 

6. Peter Pan – J.M. Barrie(邦題「ピーター・パン – J.M バリー」

 

「ピーター・パン」の物語は、読みやすいことからほぼ誰もが知っています。この物語をすでに知っていることで、内容をより理解できます。子ども向けの本ですが、世界中で大人たちにも楽しまれています。 あらすじ ピーターは、毎晩ダーリング家を訪れ、ダーリング夫人が子どもたちに寝る前に物語を聞かせてあげているのを、窓に座って聞いていました。ある晩、ダーリング夫人とその子どもたちは、ピーターが逃げようとしているのを見ました。ピーターは、逃げようとしている間に、影を失ってしまい、影を取り戻すために戻りました。その時、この家の女の子ウェンディ・ダーリングを起こしてしまいます。ウェンディは、ピーターが体に影を付けるのを手伝いました。ウェンディは、おやすみの物語をたくさん知っていると言いました。 ピーターは、ネバーランドに帰る時にウェンディを誘いました。ウェンディにロストボーイたちのお母さんになってもらいたかったのです。ウェンディはそのミッションに同意し、弟のマイケルとジョンを誘いました。 魔法の力を使って空を飛びながらネバーランドへ向かう途中で、数々の冒険を体験しました。ウェンディが殺されそうになり、ピーターと弟たちは、ウェンディが回復するために、木の下に家を建てました。ウェンディは、回復した後、お母さん役を務めました。 大いに冒険を味わい楽しんだ後、ウェンディは、自分のお母さんの元へと戻ることを決意し、ロストボーイ全員がロンドンに帰るために助けました。ウェンディに側にいてほしかったピーターは、ウェンディたちがお母さんから必要とされていないと嘘をつきます。しかし、ウェンディやロストボーイのお母さんたちが悲しい気持ちでいることを悟ったピーターは、ウェンディたちを家に帰してあげるのです。

 

7. The Old Man and the Sea – Ernest Hemmingway(邦題「老人と海 – アーネスト・ヘミングウェイ」

有名な古典文学のひとつで、英語を母国語とする人たちは、ほぼ全員、学校教育の一環でこの本を読んでいます。文学や書籍が話題になっているのなら、この本について話すと良いでしょう。箇所によってはやや難しい単語が用いられていますが、短いので、それほど問題なく読み進められるでしょう。 あらすじ 年老いた経験豊かな漁師と、その最高の捕獲魚との長い闘いが描かれた物語です。漁師サンティアゴは、84日間一匹も釣れずに村に帰っていました。サンティアゴの手伝いをしていた少年は、両親から他の船に乗るよう言われましたが、夜に、サンティアゴを手伝い続けていました。 84日目、サンティアゴの運命と人生が変わります。この日、サンティアゴは、より遠くまで船で進み、釣り竿の糸を海に落としました。すると、全長12メートルの巨大魚(カジキ)が餌にかかりました。サンティアゴは、引き上げようとしましたが、カジキはあまりにも大きく強かったため、逆に船が引っ張られ始めました。サンティアゴは、釣り竿の糸を握り、闘い続けました。2日間にわたり、この巨大魚により海の上で船が引きずり回されました。 3日目、巨大魚はとうとう疲れ、サンティアゴは、巨大魚を引き寄せ、息の根を止めることができました。今まで見た中で一番大きな魚でした。サンティアゴは、村に戻り始めましたが、巨大魚の血の匂いを嗅ぎつけたサメたちが寄ってきました。アオザメに襲われましたが、サンティアゴは殺すことができました。サンティアゴは、多くのサメを殺しましたが、問題がありました。釣った巨大魚がサメに食べられていて、骨だけが残っていたのです。サンティアゴは、家に戻ると眠りました。 村の人々は皆、その骨の大きさに驚きました。そして、少年は、再びサンティアゴと一緒に漁に出ることを約束するのです。

 

8. The Giver – Lois Lowry(邦題「ザ・ギバー‐記憶を伝える者 – ロイズ・ローリー」

「The Giver」は、冒頭が非常に興味深く、読者を惹きつけます。簡単な文法が用いられていて、過去形や過去完了形がほとんどです。文章はすべて短く、混乱するような内容はありません。長めですが、実に簡単に読めるので、すぐに読み終えられるでしょう。 あらすじ 幼い少年ジョナスは、様々な秩序や規則に守られながらとても安全な暮らしを送っていました。規則が数多くあり、誰もがそれに従っていました。市民の生活は計画され、自分たちで決めることはあまりありませんでした。 皆、人と違う意見を言おうとはしませんでした。他人を不快にさせるようなことを言ってはいけないと、規則で決められていたのです。結婚相手は、特別委員会により決められ、各家庭の子どもは、男の子と女の子一人ずつとされていました。 ジョナスをはじめ、コミュニティーの子どもたちには、12歳になる年の12月に、特別な任務が与えられました。ジョナスは賢く尊敬されていたので、他の特別な任務も与えられました。ジョナスの新しい仕事は、記憶を受け継ぐことでした。コミュニティーの中で、記憶を受け継ぐ者だけが、過去の記憶すべてを見ることができたのです。ジョナスは、次の記憶を受け継ぐ者をトレーニングするまで、こうした記憶を誰にも言うことができませんでした。これはとても難しい仕事でした。誰も知らないことを知り、過去の悲しい出来事すべてに対処しなければならなかったのです。 ジョナスは、はじめはとてもわくわくしていましたが、すぐに、コミュニティーの人々に関する真実を知り、こうした生活は不公平であることを悟るようになります。ジョナスは、人々が自分の意志で生活できるような社会を望み、コミュニティーを変えるための面白い計画を思いつき、コミュニティーを別の場所に移動することを決意します。人々が自分の記憶を取り戻し、公平で良い暮らしを送れるようになるための計画を立てたのです。

 

9. Number the Stars – Lois Lowry(邦題「ふたりの星 – ロイス・ローリー」

歴史に基づいたリアルな物語です。他の歴史文学とは違い、わかりやすい内容になっています。第二次世界大戦に関する知識が豊富にあるのなら、興味深い一冊でしょう。世界大戦についてあまり知識がないのなら、事実について理解しようとするばかりにあまり内容を楽しめなくなってしまうので、お勧めしません あらすじ これは、希望と勇気の物語で、1943年のデンマーク、コペンハーゲンが舞台です。当時この地域は、ヒットラーの軍隊によって占領されていて、至る所に兵士がいました。10歳のアンネマリーの生活は大きく変化していました。食べ物はごくわずかしかなく、誰もがとても怯えていました。ユダヤ人は皆、他の場所に移されると言われていました。これは、アンネマリーにとってつらいことでした。親友のエレンがユダヤ人だったからです。 これは戦争を別の角度から描いた本です。戦争中に苦しめられたユダヤ人たちの姿以外にも様々な様子が描写されています。アンネマリーの家族は、長女リセを自身の結婚式の数週間前に失ってしまいました。 その後、アンネマリーは姉のリサの遺志を受け継ぎ、ナチスの抵抗活動に参加します。アンネマリーは、いくつかの理由により(お楽しみいただくために、その理由についてはここでは触れません)、ヒロインとなるのです。

 

10. A Wrinkle In Time – Madeline L’engle(邦題「五次元世界のぼうけん – マデレイン・レングル」

この本には、短めの文章と長めの文章が混在されていて、短い文章は、よりリラックスして読めます。また、背景が非常に鮮明に描かれていて、簡単な単語を通じてストーリーを終えます。数多くの単語を学べ、英語の小説を読んだことがある方にお勧めです。身に付けたい単語が登場した時のために、単語帳を片手にお読みください。内容の濃い一冊です! あらすじ メグは14歳で、誰もから問題児と言われ、落ちこぼれの生徒でした。メグの家族は皆、完璧でした。お母さんは美しい科学者で、双子の弟はスポーツがとても得意でした。5つ年下の弟チャールズ・ウォーレス・ミューリは天才児で、よくメグの心を読むことができました。 ある夜、メグは眠れないでいました。下に行くと、チャールズが台所のテーブルの前に座って牛乳を飲んでいました。その後、お母さんが加わりました。そこへ、近所に住む風変わりなワットシット夫人が加わり、たくさんおしゃべりをしながら、四次元超立方体が本当にあると言いました。四次元超立方体が何であるかは、読者にはわかりませんが、ミューリ夫人は知っていました。ミューリ夫人は気を失ってしまいます。 翌日、メグとその弟は友達カルバン・オキーフと会いました。カルバンは高校1年生です。3人は、ワットシット夫人が所有する古いお化け屋敷を訪れました。そこへ向かっている途中で、ワットシット夫人の友達フー夫人と出会いました。フー夫人もまた、とても変わった人です。メグとカルバンは、お互いに好きになり始めました。突然、カルバンは、宇宙のどこかに消えてしまったメグのお父さんを探そうと言いだします。 不思議なことが起こり、その老婦人は地球外生物へと姿を変えました。その生物は、「四次元超立方体」によりメグたちを宇宙へと運びました。途中、メグたちは違う惑星を訪れました。そこで、女の人たちから宇宙が悪魔により攻撃されていると聞かされます。 3人は、メグのお父さんが捕らえられていることを知りました。チャールズは持ち前の超能力を使って、お父さんの居場所を見ようとしました。ついに、3人はお父さんを見つけましたが、劇的な出来事が起こります。こうした中で、メグは愛することを学び、この新しい愛情こそが逃げるための助けとなるのです。 楽しく優れた書籍は数多くあります。アメリカの中学生が読むような書物を見つけましょう。単語や内容がそれほど難しくありません。 読書は、英語力を上達させるための素晴らしい手段であり、新しい単語を学ぶのに最高です。内容の推測の仕方が身に付くと同時に、違った手段で楽しみながら英語を学べます。読書で視野が広がります。 さあ、今すぐAmazonで本を注文しましょう!

さらに

洋書で英語を学びたいのなら、FluentUアプリをお試しください。FluentUでは、漫画や新しいプログラム、音楽ビデオ、映画、楽しいYouTube動画などで学べます:

English Videos with FluentU

FluentUでは、英語の動画のキャプションが表示されます。

Learn Real English with FluentU

キャプションをタップすると、様々な役立つ情報をご覧いただけます。

Learn Real English with FluentU

FluentUの最も優れた点は、あなたが学習中の単語を把握していることです。学習済みの単語をもとに、例文や動画を勧めます。

パソコンやタブレットで当サイトのFluentUを活用し始めましょう。iTunesストアからFluentUアプリをダウンロードすることさえできます

 

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Enter your e-mail address to get your free PDF!

We hate SPAM and promise to keep your email address safe

Close