食べ物‐英語

食べ物にまつわる英語:美味しく楽しい食事に欠かせないフレーズ25選

美味しいものは好きですか?海外でも自分の好みにピッタリ合った食事をしたいですか?

そんな方は、食べ物にまつわる英語をどんどん増やしていきましょう!

バラエティ豊かな単語やフレーズを使って食事に関する話ができるようになると、同時にあなたが実際に食べるものまで色とりどりに味わい深くなっていくことでしょう!

そして食べ物にまつわる英語が役立つのは、面と向かって話す英会話だけではありません。

例えば…何気なく開いたインスタグラム

友達が投稿している大きなサンドイッチや、彩り豊かなスープ、手作りチョコチップクッキーの写真を見ているうちに、お腹が空いてきてしまいますね

そう!食べ物はオンラインでも最もよく話題になるテーマの1つなんです。

味や食事の習慣、レストラン用語や調理方法、これらなんでも食べ物に関係する英語を覚えておけば、会話が尽きるなんてことはありません!

今回は食べ物にまつわる英語の中でも、よく使われる25の単語やフレーズをご紹介します。これらを学べば、自信をもってレストランやディナーパーティーに出かけたり、友達のインスタグラムの食べ物の投稿にコメントしたりできるようになります。

Learn a foreign language with videos

英語学習者にとって食べ物にまつわる英語が大切な理由

英会話を学ぶ上で、食べ物や食事に関係する英語が大切な理由はいたって簡単です。なぜなら私たちが普段どれくらい食べ物のことばかり話しているか考えてみてください。

なぜこんなにも食べ物の話をするのでしょう。それは、食べ物という存在が全ての人に共通するなものだからです。私たちの中で食事をしない人は誰一人としていないのです!だからこそ、人はみな美味しいものや、ヘルシーなもの、良いレストランなどを必死で求めるのかもしれません。今も世界のいたる場所で誰かが食べ物について話していることでしょう。

また、The Daily Mealには、食べ物の話をするだけで健康になるという主張さえあります。

The Huffington Postでは、受賞歴を持つ人気シェフ、マーカス・サミュエルソン が、食べ物が文化を超越することについて語りました。どんな国のどんな文化にも独自の食事スタイルや料理法があります。私たちが旅に魅力を感じる理由の一つは、食の世界があるからかもしれません。

その土地の空気を楽しむだけでなく、見ず知らずのワクワクするような食べ物に出会うことも旅の醍醐味なのです。

もちろん食べ物は人との出会いや関係づくりにも大きな働きをします。誰かと食事を共にすると、食べ物のこと、レストランのこと、レシピのことなど、会話も盛り上がることでしょう。

ぜひ、食べ物にまつわる英語を極めてください。食べ物に関する正しい単語が身に付いていれば、旅先での会話に役立つだけでなく、その土地の料理を通して深く文化を学ぶこともできるはずです。

食べ物にまつわる英語:美味しく楽しい食事に欠かせないフレーズ25選

会話に飛び込む準備はできていますか?まだという人も、今回ご紹介する食べ物の語彙やフレーズを学び終えたら、きっと自信がもてるはずですよ。

こういったボキャブラリーを学ぶのに最適な方法は、実際の英会話の文脈でその単語を聞いてみることです。テレビ番組の動画や、YouTubeの動画、会話などなど、実社会の英語の動画を使って外国語学習ができるFluentUは、このようなタイプの学習にもぴったりです。

それぞれの動画には参加型のキャプション、フラッシュカード、エクササイズが付いているので、ネイティブの英語を吸収しながら積極的にボキャブラリーを増やしていくことができます。

FluentUの動画はレベルやジャンルによって仕分けされているので、興味のあるものや自分の英語のレベルに合ったものをとても簡単に見つけることができますフリートラ`イアルをチェックして 、料理の動画や、ケーキのデコレーションの動画、食品市場のコマーシャルなど、色んなタイプの動画を楽しんでみてくださいね!

お味はいかが?

“Delicious”以外の表現

delicious”(美味しい)という単語は、食べ物の感想を述べるときにかなり頻繁に使われています。この単語を使いすぎるのも芸がないので、美味しいと言うための他の表現も見てみましょう。

1. Tastes great!

今、なにか美味しいものを食べている?ならばさっそくこの表現を使ってみましょう。

I’m so glad I ordered this pizza—it tastes great!
このピザを注文してよかった。美味しい!

2. Really good!

こちらも“delicious”の代わりに使える表現です。

Have you tried the chocolate cake? It’s really good!
チョコレートケーキを食べた?すごく美味しい!

3. Wow, [this food] is amazing!

食べ物が期待してたよりも美味しかったら、“wow”と言って驚きを表現しましょう。“amazing”という単語を使えば、“great”や“really good”よりも美味しいという意味になります。

Wow, this pasta salad is amazing!
うわぁ、このパスタサラダ最高だね!

4. Yummy

食べ物が美味しいと言うときに使えるカジュアルな表現です。なにか美味しいものを食べたら、“Yammy!”とひと言で表現したり、文の中に使ったりすることもできます。

This cheesecake is really yummy. I’m going for another slice.
このチーズケーキ超美味しい!もう一切れ食べちゃおう。

5. Flavorful

風味豊かな食べ物や、味や香りなどの優れた食べ物について表現できる素敵な形容詞です。

I love how flavorful this soup is with all the fresh herbs and vegetables in it.
新鮮なハーブや野菜の入ったこのスープは、風味豊かで美味しい。

6. Mouth-watering

実際に口の中によだれ出そうなほど美味しいと言いたいときにぴったりの形容詞です。

His mom makes such mouth-watering cakes that I just can’t wait to go over to his house tonight.
彼のお母さんはよだれが出るほど美味しそうなケーキを作るから、今夜彼の家に行くのが待ちきれないよ。

“Yuck”は使わないで

時には食べ物や料理の味が全く好みではないこともあるかもしれません。けれども、だからと言って“Yuck!”(おえっ!)と叫んでしまうと、料理人や食事に招待してくれた人の気分を害してしまうでしょう。

では、失礼にならないようにこれを表現するにはどうすれば良いのでしょうか。

7. This [food] is too [taste] for me/for my taste.

こちらは、料理してくれた人を責めることなく、その食べ物が苦手であると礼儀正しく伝える方法です。お口に合わなかっただけ、ということですね。

ただし、できれば最初に褒め言葉を述べておくのが無難です!

This cake is so moist! It’s just too sweet for my taste.
このケーキ、すごくしっとりしてますね!ただ私の好みよりは甘すぎます。

8. It could use a little more/less…

味付けが違っていればその食べ物が気に入ったと言いたいときに使える表現です。

This chicken is too spicy. It could use a little less chili sauce.
このチキンは辛すぎる。チリソースはもうちょっと少なくてもよかったのに。

9. This tastes different. I think I prefer [something else].

慣れない味付けのものを食べたときは、失礼にならないように他の好みの食べ物を伝えてみましょう。

This tiramisu tastes different. I think I prefer the chocolate cake.
このティラミスは変わった味だね。私はチョコレートケーキのほうが好きだな。

どんな食事法をとる?

10. Vegetarian

“vegetarian”(ベジタリアン)の人は、野菜、フルーツ、豆腐やナッツなどの肉以外の食材を使った食事をとります。

I’ve been a vegetarian for a year and I don’t even miss eating meat at all.
私は1年間ベジタリアンをやっているけど、もう全く肉を食べたいとも思わない。

11. Trying to lose weight

体重を落としたい、ダイエット中という意味の表現です。

I usually just have a salad for lunch because I’m trying to lose weight.
ダイエット中だから、ランチはいつもサラダだけ。

12. Low-carb diet

“carb”という単語は、“carbohydrate”の省略形です。“low-carb diet”は、パンやごはん、クッキーなどの炭水化物の豊富な食べ物を減らす食事法のことです。

That strawberry muffin looks tempting, but I’m on a low-carb diet.
ストロベリーマフィンは魅力的だけど、低炭水化物ダイエット中なんだ。

13. A balanced diet

ほとんどの人が心掛けているであろう“balanced diet”とは、穀物、野菜、フルーツ、乳製品、肉などをバランス良く食べる食事のことです。

To stay healthy, I go to the gym, cycle to work and eat a balanced diet.
健康のためにジムへ通い、自転車で通勤し、バランスのとれた食事をとっている。

普段何を食べている?

こちらは友人たちとお互いに聞き合うことも多い一般的な質問です。他の人が普段どんなものを食べているのか知るのっておもしろいですよね。

14. Fast food

ファーストフードはご存知の通り、“McDonald’s”や“Chick-fil-A”などのようなカウンターで素早く食事を提供してくれるお店のこと。ハンバーガーやサンドイッチ、フライドポテト、炭酸ジュースなどが中心のメニューです。

When I’m busy with school, I usually end up eating fast food.
学校で忙しい時は、結局いつもファーストフード食べてしまう。

15. Home-cooked meal

home-cooked meal”は、学校や仕事のあとにお家で食べたくなるような家庭料理のこと。家で作って食べる出来たてのごはんのことです。

Whenever I get home early from work, I make myself a nice home-cooked meal.
仕事から早く家に帰れたときはいつも、美味しい料理を自炊するよ。

16. One-pot meal

“one-pot meal”とは、その名のとおり鍋ひとつでできる料理のこと。肉や野菜などの材料を鍋に入れて調理したら出来上がりです。

If I’m too tired to cook, I just make a quick and easy one-pot meal.
疲れて料理ができないときは、簡単ですぐにできる鍋料理を作るよ。

17. Dessert

食後に食べるアイスクリームやケーキなどの甘いものは“Dessert”(デザート)と言います。

My grandma makes amazing cookies, cakes and pies. I always look forward to dessert when I go to her house.
私の祖母はすごく美味しいクッキーやケーキ、パイを作ってくれる。祖母の家に行ったらいつもデザートが楽しみなの。

18. To have a sweet tooth

甘いものが大好きな人はいませんか?そんなあなたは“sweet tooth”、つまり甘党ということです。

I’ll admit I have a sweet tooth because I can never say no to cakes, pastries and ice cream.
ケーキや焼き菓子、アイスクリームは絶対に断れないから、私は確かに甘党だ。

19. To eat healthy

こちらはいたってシンプル。“to eat healthy”とは、体に良いもの選んで食べるということです。

No matter how busy I am, I try to eat healthy and exercise every day.
どんなに忙しくても、健康的な食事をとって、毎日エクササイズをする。

チキンはどうなさいますか?

20. Fried or deep-fried

“Fried chicken”は高温の油で調理した鶏肉のこと。しかし、お店で食べるフライドチキンは、実は“deep- firied chicken”であることがほとんどです。

その違いはどこにあるのでしょうか?“deep-frying”は、“frying”よりも大量の油を使って揚げるこ調理法です。“deep-fried chicken”のことを、より短くて言いやすい“fried-chicken”と呼んでいるだけなのです。

I can’t think of anything I like better than fried chicken, can you?
私がフライドチキンよりも好きなものって思いつかないよね?

21. Grilled

“Grilled chicken”、つまりグリルチキンは、熱したグリルの上で直接調理した鶏肉のこと。

I think I’ll invite my friends over for some grilled chicken this weekend.
今週末は友人を招いてグリルチキンでも振舞おうかな。

22. Crunchy

チキンをしっかりと揚げたら“crunchy”、つまりカリカリになります。かぶりついたときや噛んだときのカリカリパリパリとした食感のことをこう表現します。

That fried chicken I had for lunch was so crunchy and yummy I just can’t stop thinking about it.
お昼に食べたフライドチキンはすごくカリカリで美味しかったから、そのことが頭から離れない。

卵はどうなさいますか?

23. Scrambled

卵をかき混ぜながら焼いて調理するのが“Scrambled eggs”(スクランブルエッグ)です。

I usually make scrambled eggs for breakfast because they’re so easy.
朝ごはんにはたいていスクランブルエッグを作ります。とても簡単だから。

24. Poached

“Poached eggs”(ポーチドエッグ)は熱湯の中に卵を落して調理する卵料理です。うまくいけば白身がとても柔らかく出来上がり、黄身全体が透けて見えます。

I’ve never had a poached egg but I’d sure like to try it.
ポーチドエッグは食べたことないが、ぜひ試してみたいよ。

25. Sunny-side up

“Sunny-side up”とは卵の片面だけをフライパンで焼く目玉焼きのこと。まん中にある黄身が太陽に見えることから、このように呼ばれています。

The only way my son will eat eggs is if I make them sunny-side up. He likes to see the yellow yolk!
うちの息子は目玉焼きでないと卵を食べない。黄身が見えているのが好きなんだ!

 

食べ物に関する会話に飛び込んでいく前に、今回の記事で役立つボキャブラリーを学んで、自信をつけてもらえましたか?練習をすればするほど自然に話せるようになるはずですよ。食べ物についての会話をぜひ楽しんでくださいね!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.