英語-テレビ番組

英語のテレビ番組:英語学習に最適なアメリカのシットコムベスト10

英語の文法書にはすっかり疲れ果てましたか?

英語の練習問題は十分なほど繰り返してやりましたね?

これから家に帰って、またさらに英語学習をするなんてありえないと思っているのではないでしょうか。

ゆっくり座って、テレビをつけて、リラックスしたい。誰でもそんな風に思うでしょう。

そんなあなたに耳寄りの情報があります!

英語の単語力をつけたり流暢な英語の話し方を学んだりできる最適な方法の一つは、英語のテレビ番組、シットコムを観ることなんです。

“Sitcom”(シットコム)とは “situational comedy”(シチュエーション・コメディー)の略です。人々にとって身近なシチュエーションに置かれた登場人物が、観客や視聴者を笑わせるような番組、ドラマのことです。

シットコムほどに、アメリカのスラングや実際に人々が話す様子を学べる方法は他にはありません。

さあ、友達の会話中や道端で聞くような「リアル」な英語に触れる準備をして、英語のテレビ番組で英語を学びましょう。

Learn a foreign language with videos

英語のテレビ番組 最近のアメリカのシットコムで英語を学ぶ理由

最近のアメリカシットコムを観ることを規則的な英語学習の1つに取り入れてみましょう。シットコムは学習に最適な英語のテレビ番組なのです。その理由をご説明します。

  • シットコムは英語学習のコースブックよりも、もっと現実的な文脈で英語を聞くことができます。(英語の先生は否定するかもしれませんが、本当なのです。)
  • 会話のスキルを上達させることができます。
  • シットコムの中では、日常的に使う英語にを聞くことができます。つまり、とてもリアルということです。
  • 色々なアクセントで話される英語を聞くことができるので、リスニングのスキルが上達します。
  • 文化的レファレンスを学び、理解することで、その国と言葉により深い繋がりを覚えることができます。
  • いつの間にか様々な種類のユーモアを身近に感じられるようになります。
  • 一つのシットコムを頻繁に見ていれば、映画のように毎回新しい登場人物や役者を覚える必要がありません。つまり、そのシットコムに関する過去の知識を踏まえた上で、彼らの言っていることを予測したり、理解したりできるのです。
  • シットコムには単語やフレーズの繰り返しが多いので、それらを早く覚えることができます。
  • シットコムの展開は予想が簡単で、先が読みやすいので、理解できずに話に置いていかれてしまう心配もありません。
  • 心から楽しめる自分にぴったりのシリーズを見つけたら、きっと中毒のようになって、英語を学習していることなんてすっかり忘れてしまうはずです。

FluentUを使って、いろいろなアメリカのテレビ番組のイントロを観てみましょう!FluentUなら、単語を聞き逃してしまう心配はありません。

テレビのクリップや、コマーシャル、映画の予告編、ニュースレポートなど、FluentUには魅力的な動画が盛りだくさん。これらすべてが英語学習用の動画に作り変えてあり、クリックできる字幕や単語リスト、フラッシュカード、楽しいクイズが付いているのです。

英語学習者のための最近の英語テレビ番組 アメリカンシットコム

シットコムを見始める方におすすめの愉快な英語のテレビ番組をご紹介します。あなたの英語学習にぴったりのシットコムを選ぶ参考にしてください。好きなものを選びましょう!

1. “Sex and the City”(セックス・アンド・ザ・シティー)

英語-テレビ番組

キャスト:サラ・ジェシカ・パーカー、シンシア・ニクソン、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス

キャリー、サマンサ、ミランダ、シャーロット。彼女たちの名前を聞いたことのない人なんているでしょうか?彼女たちはニューヨークに住む愉快で愛らしい4人の女性です。もしかしたらこのドラマは、テレビで放映された英語のテレビ番組の中で一番ロマンチックかもしれません。少なくとも、最も長く続いたドラマです。

「セックス・アンド・ザ・シティー」は、舞台も撮影場所もニューヨークです。原作は、作家キャンディス・ブシュネルによって書かれた「セックス・アンド・ザ・シティー」という小説です。それぞれ違う個性を持った、流行に敏感な大人の女性グループを描いたストーリです。愉快で、どこかロックで、ロマンスを持った親友4人の女性をぜひご覧ください。

キャリー・ブラッドショー(サラ・ジェシカ・パーカー)はグループのリーダー的存在です。ファッションリーダーでもあり、人付き合いに付いての記事を書くコラムニストです。物語のなかで時々、キャリーの声のナレーターが、彼女の書いた文章を読んでいます。ニューヨークに独身として住むことの違った側面が語られていますよ。

「セックス・アンド・ザ・シティー」は男女問わず、世界中で人気があります。このシリーズが元になって作られた2つの映画「キャリーの日記」は絶大な人気となりました。

「セックス・アンド・ザ・シティー」が英語学習に最適な理由:「セックス・アンド・ザ・シティー」はそんなに集中して観なかったとしても、十分楽しむことのできるドラマです。楽しんで観ることで、楽に学習できるのです。言葉はシンプルで、たくさんの句動詞が使われているので、ちょっとトリッキーなフレーズが出てきた時でも文脈を理解しやすいでしょう。

ドラマの中で使われているのは、自然で典型的なニューヨーク英語です。もしニューヨークのど真ん中に行くことを計画しているのなら、このシリーズは絶対に観ておいてくださいね。さらに、物語の中では、アメリカに住む上での社会的な日常問題を垣間見ることができます。例えば、安全なセックスのこと、友人関係、恋人のことなど、日本とアメリカの重要な文化の違いを学べるでしょう。

2. “The Big Bang Theory”(ビッグバン★セオリー)

英語-テレビ番組

キャスト:ジョニー・ガレッキ、ジム・パーソンズ、ケイリー・クオコ、クナル・ネイヤー

もし「ビッグバン★セオリー」を観たことがないとしたら、テレビ鑑賞の至福の時間を逃していますよ。これは、現在最も世界中で人気のある英語のテレビ番組の一つでしょう。このドラマは、大学でそれぞれ違った種類の科学的研究や実験を行うオタク仲間の話です。

物理学者であるシェルドンとレナードは親友です。彼らは、同僚として仲がいいだけでなく、同じ家に住むルームメートでもあります。ドラマの中では、友達として、同僚として、そしてルームメートとしての彼らの関係が描かれています。シェルドンの可笑しな言動によって、彼らの関係は浮き沈みするのです。

さらに同僚である、ラジェッシュとハワードもまた、親友であり彼らの4人グループの一員です。彼らは、自分たちが科学や勉強オタクとして見られることなんて全く気にせず、4人で一緒に実験をしたり、サイエンス・フィクションの映画を見たり、ゲームをしたり、漫画を一緒に読んだりしているようです。

「ビッグバン★セオリー」が英語学習に最適な理由:この爆笑ドラマは、英語のテレビ番組の中でも、動きがとてもはっきりしているので、セリフが完璧に理解できなかったとしても、何が起こっているのかきっと理解できるでしょう。また、“What’s up?”(元気?)のような日常的に使うスラングを文脈の中で聞き、覚えていくことができます。

もし科学に興味があるのであれば、科学に関する単語もたくさん聞くことができるでしょう。大学キャンパスを舞台としているので、アメリカの大学で学ぶことや、学生たちが使っている言葉に触れる機会にもなりますよ。

3. “How I Met Your Mother”(ママと恋に落ちるまで)

英語-テレビ番組

キャスト:ニール・パトリック・ハリス、ジョシュ・ラドナー、ジェイソン・シーゲル、アリソン・ハニガン、コビー・スマルダーズ

なんとも愉快でおかしなこのシリーズは、2030年の未来を舞台にしているので、初めのうちは少し理解しにくいかもしれません。でも、その設定に慣れてしまえば必ず楽しめるはずですよ!

主人公テッド・モズビーは、子供たちに妻(彼らの母親)といつどのように出会ったかを語り聞かせています。テッドの物語は、彼が27歳だった2005年から始まります。彼は大学時代の親友が婚約したことをきっかけに、結婚したいと思い始めました。

でも、テッドの友人で女たらし(女性が大好きで、デートをたくさんする人)のバーニーは、デート相手を探す友人がいなくなるからと、テッドの計画にあまり満足していないようです。シリーズを通して、彼の結婚物語はテッドの子供たちに伝えられていきます。さらに、テッドの友達全員に関連した違う物語もたくさんあります。

How I Met Your Motherが英語学習に最適な理由:複雑な時間のギャップがあるにも関わらず、一度その物語の設定を理解すれば、とても分かりやすいシリーズです。このシリーズでは、ナレーター(テッド)が登場し、ドラマの中で起こっていることを説明してくれます。

ユーモアと日常的な言葉がたくさん使われたこのドラマをぜひ楽しんでください。例えば、“high five”(ハイタッチ)、 “legendary”(伝説の)、  “awesome”(最高)といった単語がよく聞こえるはずです。また、このドラマは、一般的な男女の付き合いや恋愛に関するアメリカの文化を理解するためには、とても役に立つでしょう。女たらしのバーニーは、信じられないほど面白いので、彼のキャラクターに惹かれて全シリーズを観たくなってしまうかもしれませんよ。

4. “Ugly Betty”(アグリー・ベティ)

英語-テレビ番組

キャスト:アメリカ・フェレーラ、 ヴァネッサ・ウィリアムス

「アグリー・ベティ」は若者をターゲットにした面白い番組です。でも、年配の人たちでもこの陽気なアメリカのシットコムをきっと楽しむことができるはずです。主人公はニューヨーク市クイーンズ出身の優しく思いやりのあるラテン系の女の子、ベティ・スアレス(アメリカ・フェレーラ)です。

ベティはとても優しい女の子なのですが、社会的能力や自分への自信、ファッションのセンスが少し欠けてしまっているようです。(彼女のファッションに注目してください!)そんな人気のない、普通の女の子だった彼女が、ニューヨークの最もかっこいい場所、マンハッタンにある「Modeマガジン」のパーソナルアシスタントになるのです。

ベティは、幼い頃から出版社で働くことを夢見ていました。とても知的で勤勉だったにも関わらず、見た目とダサいファッションのせいでその機会を逃していたのです。Modeでの新しい機会を無駄にしないためにも、ベティは自分ができる全てのことをやると決意します。

「Ugly Betty」が英語学習に最適な理由:このドラマは、ベティの家族に多くの焦点が当てられています。彼らの第一言語は英語ではないので、理解するのが簡単です。さらに、ファッションや雑誌、出版に関する英単語を学ぶにはおすすめのドラマです。

5. “That ’70s Show”(ザット’70sショー)

英語-テレビ番組

キャスト:ミラ・クニス、アシュトン・カッチャー

このドラマは題名からも分かるのように、ロックやヒッピーが流行った1970年代を舞台としています。主人公の一人であるエリック・フォアマンは、70年代に育った典型的なアメリカの高校生です。このお話は、彼の人生、そして彼の友人、家族に焦点を当てています。彼らは、幸せや悲しみといった、ごく普通の10代の感情を持つ典型的な10代の若者グループなのです。

エリックは両親(レッドとキティ)と一緒に暮らしていますが、隣の家には、彼の恋人であるドナが両親(ミッジとボブ)と共に暮らしています。また、他のグループメンバーには、ジャッキー(ミラ・クニス)、ケルソー(アシュトン・カッチャー)、ハイド、そして、交換留学生として南アメリカ出身の可笑しなフェズがいます。

彼らは、暇な時間のほとんどを地下(アメリカで家の下に作られる部屋)で過ごし、多くの10代の若者のように人生のこと、未来のこと、家族、恋人のことを考えています。このドラマでは、ほとんどの人が通ってきたであろう、10代ならではの可笑しな間違いが色々見られます。

That ’70s Show」が英語学習に最適な理由:このドラマは面白いだけでなく、一般的な若者の生活をとてもリアルに描いています。また、若者たちが日常的に使う英語をたくさん聞くことができるでしょう。さらに、南アメリカからの交換留学生であるフェズを通して、英語を第一言語としない人が英語を正しく理解できなかった場合に、どんな可笑しな間違いをしてしまうのかを見てみましょう。

6. “Grey’s Anatomy”(グレイズ・アナトミー)

英語-テレビ番組

キャスト:エレン・ポンピオ、サンドラ・オー、パトリック・デンプシー、ジャスティン・チャンバース、キャサリン・ハイグル

「グレイズ・アナトミー」は、最も親しまれているアメリカの医療ドラマです。これは、主人公であるドクターメレディス・グレイ(ポンピオ)の物語です。彼女はどのようにしてレジデント(医者になるための研修)をすることになったのでしょうか。ドラマでは、彼女の研修医としての歩み、そして最後には卒業し資格を持った外科医となるまでを追っていきます。

各エピソードごとに、彼女は他の外科医と一緒にシアトル・グレイス・ホスピタルにおける様々な医療問題に立ち向かいます。主要な登場人物の死や恋愛、プライベートや仕事上の問題など、視聴者を夢中にさせるような事件が起こります。

「グレイズ・アナトミー」が英語学習に最適な理由:この英語のテレビ番組中には様々な人間関係があり、一対一の会話がたくさん出てきます。数人のグループでの会話よりも理解しやすいはずです。

「グレイズ・アナトミー」もまた、自然な会話を多く聞くことができるので、一般的に使われている英語のイディオムを学ぶには最適なドラマです。また、健康や医学に興味のある人や、医師になるための勉強をしている人、もしくは医学の分野の専門家にとっては、それらに関する専門用語がたくさん出てくるので、親しみやすいかもしれません。他の英語のテレビ番組とは違い、このドラマでは正確に医療英語や用語が使われているので、はっきりと文脈を理解することができるでしょう。

7. “Friends”(フレンズ)

英語-テレビ番組

キャスト:ジェニファー・アニストン、コートニー・コックス、マシュー・ペリー、マット・ルブランク、リサ・クドロー

ほとんどの人が、世界中で有名なこのドラマ“Friends” の主人公である、ロス、レイチェル、モニカ、チャンドラ、フィービー、そして可笑しな男、ジョーイの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。このドラマの新作はもう作られていませんが、世界のどこに住んでいても再放送をテレビで見ることができるほど、今でも人気があります。

これは、ニューヨークのマンハッタンを舞台に、友人同士である6人の若者を追っていくコメディシリーズです。血縁やルームメイト、隣人、高校時代の友人など、あらゆる形で結ばれた彼らは、皆が同じアパートに住んでいることに気がつくのです。このお話は、彼らの日常、心の浮き沈み、日々の葛藤を描いています。

レイチェルは人気者のお金持ちの女の子、これまで父親の財産に頼って暮らしを立てていました。レイチェルの友人モニカは、仕切り屋で恋愛に問題を抱えたシェフです。彼女は、小さい頃に「太った女の子」といってからかわれたり、笑われたりしてきました。そんなモニカの兄であるロスは、モニカとレイチェルが高校時代に友達だった頃から、レイチェルに恋をしています。でも、ロスは間抜けで、友達からは、彼の古生物学者(恐竜科学者)の仕事について、いつも笑われているのです。

ロスは離婚をして、子どもがいます。恋人が欲しいと願っていますが、彼はレイチェルとも他の女性たちとも不運ばかりが続いているようです。ヒッピーであるフィービーは、時々なにやら訳の分からない行動をします。マッサージ師として働く彼女ですが、本当は歌手になることを夢見ています。どうやら才能はないようですが。

チャンドラーはオフィスで働いています。たくさんのユーモアを持っているのに、いつもどこかずれてしまっています。ジョーイはフレンズの中でも最も有名なキャラクターです。伝統的なイタリア移民の家族を持つ彼は、女性が大好き。俳優ということもあって、数多くの有名な女性とデートしています。彼のキャッチフレーズ(有名なセリフ)は “How you doing?”ですね。

そんな6人の友人は、ほとんどの時間をレイチェルの仕事場であるセントラルパークカフェで過ごしています。6人の平凡な生活を描いているにも関わらず、本当に可笑しなドラマです。間違いなく観る価値があるでしょう。

Friends」が英語学習に最適な理由:このドラマは、ジョークがとても分かりやすいので、英語を完璧に理解できなくても、楽しんで観ることができます。個性豊かなキャラクターを持つ登場人物から、友人とのコミュニケーションをとる上で重要な英語を学びましょう。

くだけた話し言葉が使われており、彼らの会話を通して、基本的なアメリカのユーモアを理解することもできます。会話のスピードも他のドラマに比べてゆっくりではっきりと話されているので、英語の理解力を付けたい人には最適なドラマです。

8. “Glee”(グリー)

英語-テレビ番組

キャスト:リア・ミシェル、コリー・モンティス

「グリー」は、ある高校教師が、学校の Glee Club(合唱団)を変革しようと、必死に努力する姿を描いた一時間のシリーズです。最初は才能がないと思われていた学生たちを励まし、全国合唱コンクールに出場することを目指すのです。過去には、その学校の合唱団が優勝したこともあったのですが、様々なスキャンダルのおかげで合唱団の評判は落ち、そこに集まるようになったのは、はみ出しものの少し変な子どもたちばかりなのです。

このミュージカルコメディドラマは、10代の若者の生活を追った物語です。生徒が学校で直面している日常的な問題や現実を描いています。誰もが共感できる、面白いドラマであり、ミュージカルを取り入れていることで他の英語のテレビ番組とは少し違った楽しみ方ができるでしょう。さらに、リンジー・ローヘン、ブリトニー・スピアーズ、デミ・ロヴァートといった世界的大物スターによるカメオ出演(一度だけ、ある役で登場すること)も大きな見どころです。

「グリー」が英語学習に最適な理由:音楽の歌詞が言語学習に役立つということはすでに証明されていることです。音楽には歌詞の繰り返しや、キャッチーなメロディーによって、英語を覚えやすくする効果があるのです。さらに「Glee」では、音楽の教師が生徒に歌を教える際、様々な発音レッスンを行います。視聴者にとっても発音の練習になるはずです。このヒットドラマの歌が英語を覚える手助けをしてくれることでしょう。

9. “Gossip Girl”(ゴシップガール)

英語-テレビ番組

キャスト:ブレイク・ライヴリー

「ゴシップガール」は、セシリー・フォン・ジーゲザーの小説シリーズ、『ゴシップ・ガール』を原作としたアメリカで人気の10代テレビドラマです。このシリーズには、最後の最後まで正体が分からない、ゴシップガールという名のナレーターがいます。マンハッタンの中でも最も裕福な地域であるアッパーイーストサイドに住む、お金持ちの高校生グループに焦点を当てて書かれた物語です。

最初のエピソードは、アッパーイーストサイドで最も有名で人気だった女の子、セリーナ・ヴァンダーウッドセンが全寮制の高校に送られて来ることから始まります。また、「ゴシップガール」のストーリーは、もう一人の人気者の女の子、ブレア・ウォルドーフにも同時に焦点を当てています。彼女は、自分のことを学校で一番の人気者だと思っていて、「クイーン・ビー」と自称するほどです。

また、チャック・バスは家族の問題や複雑な恋愛問題をたくさん抱え、さらに色々な中毒症状を持った、いわゆる不良少年です。ネイトはもう一人の主人公で、ブレアと長い間付き合っているのですが、セレーナが寄宿学校から帰ってくると全てを壊してしまうのです。

この物語には、スキャンダルや友人同士の喧嘩がたくさんでてきます。両親が離婚した後、ダンとジェニー・ハンフリーが父親と住むために引っ越した先の学校は、お金持ちが通う学校で、いたって平均的な家族を持つ二人は、その環境に適応するために四苦八苦しているようです。

「ゴシップガール」が英語学習に最適な理由:「ゴシップガール」では、各エピソードのまとめをナレーターが語ってくれるので、どこか分からないところがあってもそれで補うことができます。言葉はおしゃれで、カジュアルで、アメリカの若者が使う日常会話を学ぶことができるでしょう。

10. “Desperate Housewives”(デスパレートな妻たち)

英語-テレビ番組

キャスト:エバ・ロンゴリア、テリー・ハッチャー、ニコレット・シェリダン

「デスパレートな妻たち」は、フェアビューという架空の街のウィステリア・レーンという郊外の通りを舞台にした面白いドラマです。脚本がとてもよくできており、それぞれ全然タイプの違う女性たちの日常生活を切り取っています。第一話で亡くなった女性がナレーターとなります。

物語は13年に及び、視聴者は彼女たちの生活の一部となって、彼女たちの家庭での闘いを目撃することができるのです。デスパレートな妻たちはドラマで溢れ、ウィステリア・レーンには犯罪と色恋沙汰の秘密でいっぱいです。表面的には、彼女たちは愛や家庭、お金や素敵な家など、全てを持っているように見えるのですが、それぞれのキャラクターを深く知っていくと、彼女たちがそんなに純粋ではないことが分かってきます。

第一話では4人の主人公であるリネット・スカーボ、スーザン・メイヤー、ガブリエル・ソリス、ブリー・バン・デ・カンプが紹介されます。彼女たちは隣近所に住み、仲の良い友達同士なのですが、近所に住んでいたもう一人の友人メリー・アリス・ヤングが突然亡くなったことでショックを受けます。彼女たちはメリー・アリスの夫が彼女の死と何か関係があるのではないかと疑い始めるのです。

離婚したスーザンは、隣に越してきたハンサムなマイク・デリルフィーノの気を引こうとします。リネットは、4人の子供達の面倒を見ることで精一杯。ブリーは、典型的な主婦で、料理好きで、家を綺麗に保つことが生きがいです。しかし、彼女の生活はスキャンダルで溢れており、結婚生活を保つことに苦労しています。

ラティーノの女性のガービーは元モデルで、自分の不倫を夫のカルロスにバレないようにと必死です。これら4人の「普通の」女性の生活は、全く普通ではないのです。物語が進んでいくうちに、それがよく分かってくるでしょう。様々な紆余曲折があり、ウィステリア・レーンでは日常的に予期せぬことが起こるのです。

「デスパレートな妻たち」が英語学習に最適な理由:「デスパレートな妻たち」は、英語学習に最適な英語のテレビ番組の一つでしょう。その理由は、まず何よりも面白いからです。また、自然な英語と適度な日常英語、慣用句を学ぶことができます。

フォーマルな場面とインフォーマルな場面、両方が出てくるので、様々な状況に合わせたリスニングのスキルを上達させることができるでしょう。バリエーションに富んだ英語が使われており、どのようなレベルの学習者でも学ぶことがあります。よく使われるフレーズ、“it serves him right”(自業自得)や “I want to take a rain check”(またの機会に)などが学べますよ。

このように、適切な番組を選べば、テレビは英語を学ぶ上で最適な方法となるのです。

さて、もうテレビを見るための言い訳はいりません。英語のテレビ番組を最大限に活用して、英語のスキルを上達させましょう。英語の教科書でよく見る非現実的な台本ではなく「リアルな」英語を学ぶのです。

英語のテレビ番組で英語を学ぶヒントをもう一つ

英語のテレビ番組を使って、テレビを学ぶことはとても効果的です。

でも、それはとても難しいことでもあります。

そこで話されている英語が理解できないこともあるでしょう。

分からない単語を調べたり、書き留めたりすることは、面倒ですね。

そんな時、FluentUを使えばテレビを使った英語学習がとても簡単になりますよ。

FluentUでは、ミュージックビデオやCM、ニュース、感動的な話など、実際に英語圏で人々が見ている動画を英語学習用に進化させました。だから、実際の生活で話されている英語を学ぶことができるのです。

FluentUには、楽しい動画がいっぱいです。人気のトークショーやミュージックビデオ、可笑しなコマーシャルなど、下の画像を参考にしてみましょう。

英語-テレビ番組

FluentUは、英語の動画を簡単に観ることができるように作られています。インタラクティブな字幕がその一つです。字幕にある単語をクリックすると、その意味やイメージ画像、役立つ例文を確認することができます。

英語-テレビ番組
例えば、“brought”という単語をクリックすると、下のように表示されます。

英語-テレビ番組

FluentUは単に動画を観るだけのサイトではありません。FluentUは英語学習のためにデザインされているので、動画内の全ての単語を実用的なクイズを通して学ぶことができます。左右にスワイプして、追加の例文を確認して、単語を学びましょう。

英語-テレビ番組

FluentUの一番の役立つ機能は、すでに学習した単語を記憶して、それを基にして次の動画をおすすめしてくれることです。これによって、完全に自分だけのためにパーソナライズされた学習を経験することができますよ。

パソコンを使って、FluentUのウェブサイトから早速学習を始めて見ましょう。もしくは、iTunes や Google Play からFluentUのアプリをダウンロードしてくださいね。

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.