アクセントなしで英語を話す

訛りのない英語の話し方を学ぶための方法10+

訛りのない英語の話し方は、英語でのコミュニケーションをスムーズにしてくれます。

相手に理解してもらえないことほど、フラストレーションがたまることはありません。

私は韓国に4年間住んでいました。その間、地元の大学で韓国語のレッスンを受け、毎日スピーキングのスキルを学びました

韓国語をマスターするためにたくさんの努力をしたにも関わらず、訛りがあるせいで私の韓国語を理解できない人がいつもいました。

発音がほとんど完璧であったとしても、少し訛りがあるだけで理解されないことがあるのです。

それはあなたのスピーキング能力が原因ではありません。ただ、聞いている人はあなたが訛りを持っているとは思っていないので、混乱してしまうのです。

だからこそ多くの英語学習者は、外国人ならではの訛りを無くしてネイティブのように話せるように努力するのです。

この記事では、ネイティブのように訛りのない英語の話し方をするにはどうすればいいのか、その習得方法を紹介しましょう。

英語の訛りを自由に操ることの重要性

まずはじめに理解しておかなければならないのは、誰もが訛りを持っているということです。英語のネイティブであってもです。

訛りがあるというのは素晴らしいことなのです。

それはそれぞれの英語に個性を与えます。もしそれが全くなければ、会話はつまらないものになってしまうでしょう。しかし、ネイティブが簡単には理解できないような訛りもあります。それを避けるためにも、変わった訛りのない英語の話し方を学んでおくことが大切なのです。

英語の発音とイントネーションを学ぶことは、外国人特有の訛りなく英語を話せるようになるための第1歩です。

もちろん、一晩でネイティブのように話せるようになるわけではありません。それをマスターするには、多くの時間と練習が必要なのです。しかし努力を続けて、スピーキングを上達させれば、徐々にあなたの英語はもっと楽に理解してもらえるようになるでしょう。

どの英語を話せるようになりたいのか?

ネイティブスピーカーは、それぞれの出身地によって異なる訛りを持っています。まずは学びたい種類の英語を選択し、それを学び続ける必要があります。そうでないと、2つや3つの英語の訛りを混同してしまい、聞いている人をもっと混乱させてしまうかもしれません。

ESLの教材で紹介されるもっとも一般的な3つの英語は、アメリカ英語(AmE)イギリス英語(UK)、そしてオーストラリア英語(AUS)です。下記のリンクをクリックして、それぞれの訛りの例を見てみましょう。

それぞれの英語の違いが分かって頂けたでしょうか。学ぶならどれか1つを選択したほうがいい理由も納得ですね。

FluentUでは信頼性の高いリスニング練習をすることができます。FluentUはミュージックビデオや映画のトレーラー、ニュースや感動的な講演など、実社会の動画を使い、それを個々人に合わせた言語学習レッスンとして提供しています。

動画を使って世界の様々なアクセントを聞きましょう。またフラッシュカードや単語リスト、説明付きの字幕など、FluentUの他の機能も使いましょう。

訛り-英語-話し方

FluentUの動画には、インタラクティブな字幕が付いているので、英語の動画を簡単に見ることができます。どの単語でもタップするだけで、その意味やイメージ画像、役に立つ例文を見ることができます。

訛り-英語-話し方

例えば、”brought”という単語をタップすると、下の画像が出てきます。

訛り-英語-話し方

FluentUなら、動画に出てくる全ての単語を学ぶことができます。左右にスワイプすれば、学んでいる単語の例文を見ることができます。

訛り-英語-話し方

覚えた単語をすべて保存し、学習状況を記録することもできます。これらの動画を使って練習を続ければ、ネイティブレベルの英語を理解し、話す能力も大幅に向上するでしょう。

パソコンでFluentUのウェブサイトを開いて、早速始めましょう。iTunesストアGoogle PlayストアでFluentUのアプリをダウンロードすれば、さらに便利になりますよ!

ネイティブのように訛りのない英語の話し方を習得する方法

不可能なことではありませんが、大人になってからネイティブのような訛りのない英語の話し方ができるようになるには多くの時間と努力が必要です。理由は様々ですが、子どもの方が大人より早く発音をマスターし、簡単に第二外国語を学習するという研究があります。ですから、もし自分の子どもに訛りのない英語を教えたいのであれば、できるだけ早くから練習を始めるべきです。

もしあなた自身が訛りのない英語の話し方を学びたいなら、これから紹介する方法で学習を始めてみましょう。

1. 学びたいアクセントを聞く

ネイティブの英語のアクセントをマスターしたいなら、ネイティブが話しているのを聞き、そのイントネーションと発音で話す練習をしなければなりません。

学習効果を最大限に高めたいなら、ポッドキャストを聞いたり、テレビ番組を見たりしてアクセントの練習をしましょう。一番効果的なのは、話し手が喋っているものを停止して、繰り返し何度も聞くことです。また自分の声を録音して、自分の話し方を聞き、自分が学んでいるアクセントと比べてみましょう。

ポッドキャスト

一緒におしゃべりできるネイティブが近くにいないなら、ポッドキャストを聞いて練習しましょう。

  • OzPodcasts(AUS):このオーストラリアのポッドキャスト集では、実際のオーストラリア人が様々な話題について喋っています。

テレビ番組

訛りのない英語の話し方を上達させる、もう1つのいい方法はテレビ番組を見ることです。

  • 英語を学ぶためのイギリスとアメリカのテレビ番組(AmEとUK):イギリスとアメリカのテレビ番組は世界的に有名です。これらの国のテレビ番組は苦労なく探すことができるでしょう。この記事では、英語を学ぶために最適な番組と、それらをオンラインで見る方法を紹介しています。
  • “The Katering Show”(AUS):オーストラリアのテレビ番組の中でおすすめはこれです。性格の全く違う2人の愛食家が、様々な非日常的な経験をしていきます。ウェブサイトに行き、ページの中央くらいまでスクロールしていくと、エピソードをオンラインで見ることができます。

2. YouTubeで発音を練習する

ネイティブのように話すためには、よい発音が欠かせません。残念なことに多くの学生は、教科書の発音のエクササイズを飛ばして、文法や単語の学習をしてしまいます。

でも発音練習のいいところは、教科書によくある退屈な「リピート・アフター・ミー」といったようなエクササイズではないということです。英語の発音練習を楽しく、魅力的なものにするYouTubeチャンネルを3つ紹介します。

  • Speak English with Vanessa (AmE):アメリカ人のような話し方を教えてくれる発音レッスンのチャンネルです。
  • BBC Learning English’s (UK):標準的なイギリスアクセントの発音方法を学べる動画が100以上あります。
  • Aussie English (AUS):オーストラリア人のような英語の話し方を学べる40以上の動画を見ながら、オーストラリアとその文化について少し知ることができます。

3. イントネーションを知る

誰もが知っている通り、ネイティブのように英語を話すためには発音が重要です。しかし発音だけに集中し、イントネーションを完全に無視してしまうという間違いを、多くの学習者が犯しているのです。

イントネーションとは話している時のトーンであり、単語の様々な部分に加える強弱のことです。ネイティブの人たちは、出身地によって様々なイントネーションの話し方をします。例えば、”garage”という単語は、アメリカ英語では”ga-RAGE”となりますし、南アフリカの英語では”GAR-age”となります。

イントネーションを間違えると、聞いている人を混乱させてしまうだけでなく、文章の意味を完全に変えてしまうことさえあります。またネイティブの人にとっては、1つ2つの単語の発音を間違えることよりも、不正確なイントネーションで話すことの方が、相手がネイティブではないことに気がつく理由となるのです。

この動画を見て、良い発音でイントネーションが不正確な喋り方の例を見てみましょう。この動画に出てくる男性に訛りはありませんが、イントネーションによって、彼が英語学習者であることがすぐに分かってしまうのです。もちろん、彼の話し方は素晴らしいですし、ネイティブと同じように他の人から理解されますが、そのイントネーションによって、ある意味では特有の訛りがあるとも言えるでしょう。

4. 練習がイントネーションを上達させる

発音を上達させることと同じ方法で、イントネーションも向上します。ネイティブの人が話しているのを聞き、それを繰り返しながら彼らのように話そうと努力しましょう。

母音や子音にフォーカスしてはいけません。そうではなく、how they’re saying entire words(ネイティブの人が単語を全体としてどのように話しているのか)を聞くのです。始めを強く言っているのか、最後を強くしているのか。文章の最後に声が高くなるのか、低くなるのか。これらに注意してみてください。

イントネーションの練習に最適なYouTube動画は次の通りです。

 

訛りのない英語の話し方ができるようになる方法は、練習する以外にはないことを覚えておいてください。英語で話せる機会を大事にしましょう。友人と話したり、オンラインでネイティブとチャットしたり、それもできない時は自分に向かって話してみましょう。とにかくできる時はいつも英語で話すようにすればいいのです。

そしてネイティブが話しているのを聞けば聞くほど、その発音とイントネーションを真似すればするほど、自然にネイティブのように話せるようになっていくはずです。訛りのない英語の話し方を習得すれば、誰にでも理解してもらえるようになって、英会話も楽しくなります!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.

Enter your e-mail address to get your free PDF!

We hate SPAM and promise to keep your email address safe

Close