Author Archive | yuliyageikhman

英語で考えていますか? そうすべき理由、始め方のきちんとした6ステップ

how-to-think-in-english

しなければならない決断がありますか?

それを母国語で考えず、英語にしてみませんか!

外国語で考えることで、もっとよく、合理的な決断ができるという研究があります。

よりよい決断は、英語で考えることの唯一のメリットではないですけども。英語で考えれば、習得が速くなり会話も簡単になります。

頭の中で、英語で「話せ」ば、実際に口にするのももっと簡単になります

ではどうやって始めましょうか?

はい、頭に本を叩き込んでも役に立ちません。代わりに、今日から英語で考える頭になるのに、実用的に役立つ、簡単な6つのステップをご紹介しましょう。

英語で考えることの重要性

英語のレベルにもよりますが、現時点では、まず言いたいことを母国語で考えてから、英語に訳していることでしょう。はじめに英語で考えれば、訳す必要はなくなり、もっと流暢になりやすくなるでしょう。

(訳なしに)英語で考えると、英語のinternalize(自分のものにする/内面化する)にも役立ちます。情報の内面化とは、そのことがよくわかっているので、もはや考える必要がないということ。英語の内面化とは、話すたびにルールや発音を思い出す必要がないということです。ただ話す。英語のネイティブは、内面化が済んでいるので、自分が話していることがなぜ正しいのかは、必ずしも判っていません。

頭の中で英語を話すのもまた、優れた、プレッシャーの低い練習法です。正しく言えているか、他人に理解されているか、心配する必要がないーー間違えながら、理解に励めるわけです。

加えて、英語で考えるのは、実際に使用する単語でボキャブラリーを築く、素晴らしい方法です。多くの単語を知る以上に、日常会話で使用される単語を知る方が、はるかに重要なのです。

英語で考える、簡単な6ステップ

1. 単語だけで考える

いつ: 頭がクリアで、忙しくない時。1-2回/日

どうやって: 英語を学び始めたばかりでも、心配要りません。早くスタートするのに越したことはないです。たとえ少なくても、単語のボキャブラリーができたらすぐに、始められます。

単語だけで考えることから始めましょう。まだ、英語で重要な決断はできないかもしれませんが、目に入るモノ・自分の行動の名前を考えることで、英語で周囲を認知できます。朝起きたら、「Good morning!」。夜眠りに入る時は、「Long day. Tired. …

どう話せばいい? 英語で雑談のネタ7選 

english-small-talk

パーティーやランチの場で、誰もが他の人に話しかけないで黙っています。

知らない相手の隣に立っていたら、置いていかれた気分になりますよね。

わかります、話しかけたいけど、なんて言っていいかわからない。

皆さん、こんな経験がおありでしょう。

二者間で話題が見つからない時の沈黙は、awkward silenceと言われますが、awkwardとは、不快だったり気恥ずかしかったりすることです。

こういったawkward silenceに陥らないために、英語での雑談の仕方を知っておくとよいでしょう。

Small talk(雑談)とは、相手に話しかけたいが、深く、酸いも甘いも知り合うまでは望んでいない時にする類の会話のことです。沈黙を埋めながら、お互いにもっと心地よく、フレンドリーになるように、さほど重要ではないことを話すから、smallなんですね。

雑談だって、練習すればするほど、簡単になります。

オリジナルの話題を難なく話せるようになるまで、これからご紹介する、リラックスして自信を持って話せる、雑談にとっておきのテーマをお使いいただければよいでしょう。

雑談が大事なワケ

Small talkは“小さく”ないのです。

Think about how many times you make small talk in your native …

英語で動物と話す方法:言いたくなってしまう、動物の鳴き声17選

animal sounds in english

ミャオ!ウーフ!チャープ!どの動物の鳴き声か分かりますか? 猫、犬、鳥の鳴き声は全部同じ言語で表されますが、使われる音は、言語によって様々です。一部の動物の鳴き声やそれを表す動詞は、それ以外の意味でも、日常会話で使われることがあります。ですから、面白い新単語の学習に加え、英語での動物の鳴き声を知ることでもっと、新たな自己表現方法も見つかるのです。

言語によって、同じ動物の鳴き声は異なる?

動物の鳴き声は擬音語、つまり音を真似た単語のかたちをとります。「ポップ」「バス」「ブーム」が擬音語なのは、「ミャオ」「ウーフ」「モー」と同じです。 猫も爆発も、世界中どこでも同じような音がするでしょうが、どう聞き取るかは、その土地によって異なります。例えば、日本語のように「l(エル)」の文字を持たない言語であれば、鶏は「クラック(cluck)」ではなく、「コケ(koke)」と鳴くでしょう。ほとんどの動物の鳴き声は、言語や聞き方にいくらかバリエーションがあるものの、世界中で似通っています。国によって異なる動物の鳴き方に興味のある方は、こちらのページをどうぞ(オンドリのカラスとカエルのしわがれ声には、興味深いバリエーションがあります!)。

動物の鳴き声を知るのが重要なワケ

英語で動物がどう鳴くかを知ったところで、大したことはないように思われるかもしれませんが、文化の一部でもあります。動物の鳴き声は、赤ちゃんが発話する際に、最初に習得するもののひとつです。日常会話で「モー」という単語を使う機会は、さほど多くないかもしれませんが、知っておくことで、ネイティブのように話したり考えたりするのに、ワンステップ近づけるでしょう。概して、動物の鳴き声や擬音語は、普段とは違った耳の使い方を促すため、よりよい発音の仕方を理解するのにも役立ちます。それがどんなに取るに足らなく思えても、英語というものについて知れば知るほど、もっと得意になっていきます!

ヒーホー!英語での動物の面白い鳴き方17選

1. 猫―ミャオ

猫の飼い主なら皆さんご存知かと思いますが、猫は、おねだりする時、ミャオと鳴きます。撫でてもらったりして満足しているなら、ゴロゴロいいます。ちっちゃなエンジンのようにゴロゴロいいますね!満たされていない猫は、もの悲し気に、または大声で鳴きます。もしくは、蛇のようにシューッと音を鳴らします。

2. 犬―ウーフ

その時の気持ちや体格によって様々ですが、犬はよく鳴きます。怒っている犬はうなり、おびえている犬は…

観光業界で役に立つ語彙:学ぶべき英語6選

tourism english

毎年、1億を越える人々が他の国へ旅行しています。

旅行者、ですね。インド料理を食べにインドに行くのも、面白い人や夜景を観にニューヨークに旅行するのも、旅行者。

そして、出身地がどこであれ、多くの旅行者に共通しているのは、英語を話すこと。

ですから、観光英語がわかることは、就職やキャリア向上に有利なスキルです。

観光英語は、通常の英語と少し異なっており、もう少し、シンプル・ダイレクト、ではっきりしています。特殊な使い方をする語彙もたくさんあり、繰り返しも多くあります。旅行者に関わる仕事を志す気が少しでもあれば、観光英語の勉強をおすすめします。

そして、もうお気づきかもしれませんが、観光産業には、多種多様な就職先がありますよ!

観光英語を学ぶ利点

観光は巨大産業です。実際に、観光客の数は過去60年、増加しています。観光客が多いとは、観光産業にたくさん仕事があるということ。観光産業には、その国への訪れる人々と、それに何らかのかたちで関わるすべてのフィールドが含まれます。

職が11あれば、そのうちの1つは観光に何らか関連しているとされています。職が多ければ、毎年多くの人が雇用されますので、観光産業からキャリアをスタートするのは、他の分野ほど難しくないのです。

だから、観光英語は非常に重要なのです。外国の人ともっとコミュニケーションしやすくなれば、いい従業員ですし、そうすれば昇進だってしやすくなるでしょう。

観光英語:ホテルだけではありません

「観光英語」と聞けば、ホテルだけだと思っていませんか?否、観光産業の範囲はもっと広いですよ!

ホテルは始まりに過ぎません。日常レベルで旅行者に関わる仕事は、他にも様々ありますので、英語がわかれば(特に観光英語にはなりますが)、アドバンテージになります。

間接的に観光客に関わる仕事は多くあるのですが、おそらくあまり意識されませんよね。例えば、とても頻繁に観光客と接触することになるので、空港や人気の観光エリアにあるレストランで働くのも、観光の仕事でしょう。

ホテルは、観光の仕事としてわかりやすい場所だとは思いますが、他にもたくさん就業可能な仕事はあります。では、そのうちのいくつかを見てみましょう!

前に進もう:キャリア向上のための観光英語6選

1. ホテル・サービス関係

観光産業とはホテルだけではありませんが、間違いなく大部分ではあります。ホテルの仕事とは、受付(フロントで働き、お客様に部屋が割り当てられているか確認する)、コンシェルジュ(お客様の滞在が楽しいものになるよう、必要なことは何でも探す)などが含まれます。

他にも、ベルボーイ(またはガール!)・荷物を運ぶ係・部屋をきれいにし、次のお客様のために準備する掃除係などもあるでしょう。…

英語学習のためのFacebookページ15選

learn-english-facebook-530x294

猫、赤ちゃんや食べ物の写真と、英語学習の共通点は何でしょうか?

こういった写真を見るのも、英語を学ぶのも、Facebookでできるということですね。

Facebookは、壮大な、国を越えたコミュニティを持っており、英語学習にピッタリです。

いくつかの言葉だけで会話に参加することから、何ページものコメントに及ぶ議論を交わすことまで、できますね。

インターネット上ですから、英語を話さなくていいという意味で、自信を持ちやすいのではないでしょうか。何を伝え、どんな言葉を使うか、きっちり決めきる時間を確保できますし、投稿する前に、文法やスペリングのダブルチェックもできます。

英語学習者にideal(perfect:理想的)なグループ、ページがたくさんあります。

役立つリストを以下にたくさんご紹介していきますが、まずその前に、英語学習にFacebookを使うときのコツからお伝えします。

Facebookにおける英語学習法

Facebookでは、どうやって物事を喋るか気にせず、会話に参加できます。経験を実際に活かせるような、コツは以下になります:

  • 言語設定が英語になっているか、確認しましょう。Facebookでは、いくつかの言語設定が可能です。現在のアカウントは、おそらく、あなたの母国語になっているでしょう。それが英語でない場合は、英語に変えましょう。常に英語が表示されることで、読みの練習になります。こうすることで、Facebookに精通し、そこでのすべての言葉の意味がわかるようになるでしょう。
  • コメントを読みましょう。Facebookの投稿におけるコメントは、必ずしも文法的に正しくないことがありますが、それゆえ、リアルでもあります。人々が実際にどんな英語を使っているか、ここでよく分かるでしょう。何回も使われている単語やフレーズに気づいたら、その意味を調べましょう。あなたのボキャブラリーに加えるのに、よいフレーズであるはずです。
  • コメントを残しましょう。シェアされた投稿や記事を読んだら毎回、コメントしましょう。投稿者は、あなたのコメントに感謝するでしょうし、あなたもまた、英語のスキルを磨けますよね。コメントを残せば、誰かがそれに返信することにもなり、いつの間にか、英語で会話しているというわけです。
  • 近況をアップデートしましょう。自分のFacebookページに近況をアップデートして、英語を磨きましょう。今していること、ちょっとした考え、今読んだ面白い記事…何でも構いません。
  • 興味を持ったトピックスをフォローしましょう。すでに、友達やacquaintances(知っているが、友達ではない人々:知り合い)とはつながっていることでしょう。そうでない場合は、興味を感じるトピックスについてのページ・グループをフォローしたいですよね。馬好きですか?それなら、馬を愛好しているFacebookコミュニティを探してみてください。共通の興味があれば、会話しやすいですから。
  • 英語を話す友達を作りましょう。ネイティブスピーカーの友達を作ってみましょう。Facebookのいいところは、誰にでも「友達」申請ができることです。赤の他人にアプローチなどしたくないかもしれませんが、同じグループにいたり、同じ興味を持っている人たちから、友達が見つかるかもしれませんよ。
  • 英語のオンライン練習仲間を探しましょう。英語を話す人と友達になるのに加え、Facebookでは、英語練習仲間を見つけることもできます。以下にご紹介するページの多くで、他の人も、英会話の練習仲間を探しているのが分かるはずです。フレンドリーにして、声をかければ、

イケてるウェブコミックス8つから、カジュアルな日常の英語フレーズを学ぼう

learn-english-comics

英単語の学習は大事です。

でも、フレーズと単語をどうやってつなげて使うのかはおわかりでしょうか?

ネイティブのように英語を話すためには、単語の正しい使い方を勉強する必要があります。英語のフレーズの使い方です。

それにはたくさんのやり方があります:多くのサイトには、憶えやすいように、役立つフレーズリストがたくさん載っています。こちらこちらなどがその例です。

しかし、たくさんのフレーズがありすぎて、もはやおそろしい…!どうやって始めれば?

読んで観て定期的に練習することがベストな学習法だとは以前お伝えしましたが、もっと楽しく華やかな方法を探している場合は、ウェブコミックスを読む、この方法に尽きます。

ウェブコミックスから、英語のフレーズを学ぶ方法

ウェブコミックスって何でしょう?オンライン上にあるコミックス(マンガ)なのですが、1号まるまる買ったり新聞や本を手に持ったりする必要がないのです。

パソコン/タブレット/スマートフォンさえあれば、素晴らしいコミックスにアクセスできます。

普段よく使われている英語のフレーズを勉強するにあたって、ウェブコミックスが最適なのは、そのほとんどがダイアローグ(2人以上の会話)から成っているからです。

でも、ただコミックスのフレーズを読むだけでは、まだ十分ではありません。新しいフレーズを見つけたら、周りの会話やテレビでも、それが使われているか耳を傾けてみましょう。

どうやって、どんなときに使われているのかを聴いたら、自分で使ってみましょう。

英語のフレーズを勉強する素敵なリソースが必要であれば、FluentUをどうぞ。

FluentUはミュージックビデオ、映画の予告編、ニュース、元気になるトークといった実用的な英語の映像を備え、これらを自分に合った学習素材にしてくれるのです。

コマーシャルから、自然を扱うドキュメンタリー・「ハンガーゲーム」のビデオクリップまで、ネイティブスピーカーが実際に観ている映像を備えているので、ネイティブが毎日聴いて使っているのと同じ、英語を聴くことができます。