英語のアニメ映画:英語学習におすすめの15選

英語のアニメ映画

英語のアニメ映画は好きですか?

好みは人それぞれですが、ディズニーの『アナと雪の女王』は、映画史上もっとも人気のある映画トップテンの1つとなりました。

その物語に何百万もの人々が魅了されているのです。時には映画を観ながら一緒に歌い、その美しい芸術に言葉を失う人もたくさんいるでしょう。『アナと雪の女王』は、子どもたちだけではなく、すべての年代の心を掴んだのです。

他にも、世界中で長年愛されてきた英語のアニメ映画はたくさんあります。世界のどこにいても、ディズニーの映画やキャラクターを一度は目にしたことがあるでしょう。また、多くの人が『トイ・ストーリー』3部作のうちの1つは見たことがあるのではないでしょうか。ドリームワークスの映画も、何か1つくらいは鑑賞したことがあるに違いありません。…

英語学習者に役立つ17の挨拶方法

「hello」「how are you?」といった挨拶方法はすでにご存知かと思いますが、英語スピーカーは、常にこればかりを使っているわけではありません。他にもたくさんの、少し違う意味になる英語の挨拶・表現があります。

そういった挨拶を使えば、もっと自然に聞こえますし、はっきり正確に、自分というものを表現できるようになります。

世界中の人々が挨拶に使っているスラング同様、「hello」「how are you?」以外にもある、フォーマル/インフォーマルな、シンプルな英語の挨拶表現を学んでいきましょう。ESLの生徒でもビジネスのプロフェッショナルでも、使えるものを用意しました。

よく使われる挨拶表現

英語スピーカーは通常くだけた感じで挨拶するので、カジュアルな状況で会う人々と同じように、友人、家族にも以下の会話を使えると思います。…

本当に存在する15のヘンな英単語

英語がペラペラ、とは簡単にいかないこともあります。

英語のおかしな語彙はほとんど、まったくもって罪深いのです。

完全にヘンに見えたり聞こえたりする単語はたくさんあります。

ありがたいことに全部辞書に載っていますので、おとぎ話用につくられたものではないとわかりますね。

おそらく、重要な文法スラングイディオム

今すぐ学ぶべき最も使える英語の格言50選

職場で誰かがヘンなことを言っていた日がなかったでしょうか?

同僚がスタッフ会議で言っていました。「猫が袋の外に(秘密が漏れた)」「でも、こぼれた牛乳に嘆くな(覆水盆に返らず)。今日まだできることはあるよ」

「オーケー、みんな、鉄は熱いうちに打とう」と上司。

どういう意味か上司に尋ねたら、彼は言うでしょう。

「英語の勉強を引き続き頑張って。ローマは一日にしてならず」

猫?牛乳?熱い鉄?ローマ?何を言っているの?その答えは、同僚は格言を使っているのです。…

英語学習者が知っておくべきアメリカのスラング20選

アメリカ‐英語‐スラング

友達に“Hey, what’s up?”(やあ、調子はどう?)と聞かれたのに、

“Um, the sky?”(ええっと、空?)なんて答えてしまった経験はありませんか?

“what’s up?”は「上には何がある?」という意味ではなく、調子はどうか尋ねるスラングなのですが、そんなこと分かりっこありませんよね?

けれどもこれこそが、実社会で日常的に使われている言葉なのです。

英語の授業では決して習うことができません。…

英英辞書アプリ:英語学習のお供におすすめのベスト8

あなたの英語学習を速めるベスト辞書アプリ8選

英英辞書のアプリを活用しましょう!

知らない英単語を見つけた時、あなたはどうしていますか?

お出かけに大きくて重たい辞書を持って行きたくはないですよね?

単語を書き留めておいて、あとで調べますか?

家に帰った頃には、書き留めた場所さえ忘れてしまっているかもしれません。

そんな問題を一気に解決するのが、英英辞書アプリです。

アプリをダウンロードして、分からない単語はいつでもどこでもすぐに調べましょう!…

英語を上手に話す方法:ペラペラになるための10の簡単なコツ

英語を上手に話せるようになる方法を知りたいですか?

英語がペラペラになる近道をお探しですか?

1日5分で完璧な英語が話せるようになるトリックはありませんが、

短い時間で、もっと流暢に話す方法を学ぶのに役立つ、しっかりしたコツはあります。

今までよりもっと英語がうまくなるコツをいくつかお伝えしましょう。

英語を上手に話す方法:ペラペラになるための10の簡単なコツ

英語はヘンな言語だと心得る

英語の文法には法則があるときもありますが、まったくないときもあります。“read”(リード)と“read”(レッド)は同じ単語ですが、現在形か過去形かによって発音が異なります。あるいは、なぜ、“mouse”の複数形は“mise”なのに、“house”の複数形は“houses”なのでしょうか。残念なことに、こういった例外が英語にはいくつもあります。ですから、すべてに理由を求めて英語をきちんと話そうとすると、すぐ行き詰ってしまいます。英語はときに、ヘンで説明ができないことがありますが、そんなときはそのヘンな例外は暗記してしまって、次に進みましょう。

どっぷりと浸かる

週に1度、1時間英語を学習しても実質的には上達しないことが多いです。速く英語を上達させるコツは、少なくとも数分の、毎日の練習です。勉強するときはいつも、どっぶりと英語につかり、難しいと思うことでも、英語で聞き、読み、口に出してみましょう。流暢になりたければ、日常生活の一部にすることが重要なのです。…