gre-esl

ESL学生のためのGRE対策:準備を万全にする4つの方法

英語を第二言語として学ぶESLの学生にとって、GREは容易なテストではありません。

修士号や博士号取得を夢見ていますか?

もしあなたが大学院進学を考えているESL(English as a Second Language)学生なら、TOEFLIELTSなどの英語能力検定試験のことは既にご存知かもしれません。

しかし、重要な試験がもう一つあります。それが、GRE(Graduate Record Examination)です。

GREでは、大学院レベルの数学と英語が試されます。アメリカやその他の英語圏の大学院へ進学するには、ほとんどの場合がこのGREを受験しなければなりません。

GREにスピーキングの試験はありませんが(TOEFLやIELTSにはあります)、英語の能力を測る試験の中では非常に難しいものの1つです。何と言ってもGREはネイティブのために作られたテストなのですから!

GREのVerbal Reasoning(言語能力テスト)のセクションは、文章の読解に焦点が絞られており、複雑な上級英単語が頻出します。またGREのライティングテスト、Analytical Writing Assessment (AWA)では、洗練された英語を書くことが求められます。

英語を母国語としないESL学生にとってGREは大きな悩みの種となることでしょう。しかしこのテストを攻略する方法があります。

英語のリーディングとライティングのスキルを正しく伸ばすことで、高いスコアを出すことができるのです。

この記事では、ESLの学生がGREを受ける準備としてできる効果的な対策を紹介します。

ESLの学生のためのGRE準備法

1. GREに出てくる文章と似た文章を読む

まずは、インプットについてお話します。見る、聞くといったもののことです。

ESLの研究者であるスティーブン・クラッシェンは、ノンネイティブが英語を上達させるために重要な2つのインプットについて語っています。

1つは、comprehensible input。つまり理解できるもののことです。

もう1つのインプットはcompelling inputで、自分が興味を持っているもののことをいいます。

面白いと思える英語のリーディングと、理解できる英語のリーディングは両立可能です。もし自分の興味がある分野について何か読めば、他の文章よりもよく理解できるでしょう。自分の好きなトピックなら、出てくる新しい英単語を学ぶ意欲も湧いてくるかもしれません。

大切なのは、楽しくて面白いと思えるものであるのと同時に、GREのような複雑な文章構造と豊富な語彙が出てくる文章を選ぶことです。そんな文章を読むなんて、難しいことのように思えるかもしれません。GREのVerbal Reasoningセクションの難しい文章を少しでも見たことがある人は、あんなに難しくて複雑な文章を読むことが楽しくなるとは到底思えないでしょう!

しかし実際は、楽しく読めてGREと似ている文章を探すことは、想像しているよりもずっと簡単なことなのです。

例えば、ミステリーや陰謀物語が好きなら、ダン・ブラウンアガサ・クリスティー、また ロバート・ラドラム らのスリラー小説を読んでみましょう。これらの作家や他にも多くの英語圏の作家たちは、大学院レベルのライティングスタイルで、どんどん読みたくなるような冒険物語を書いています。そして中には、ダン・ブラウンの“The Da Vinci Code”やアガサ・クリスティーの“Hercule Poirot”、 ロバート・ラドラムの“The Bourne Identity”のように、人気の映画やテレビ番組になることだってあります

映画やテレビ番組のことに関して言えば、英語の映画のレビュー(Rotten Tomatoesなどのウェブサイトがあります)や英語のテレビ番組の要約(Entertainment Weekly‘s EW.comというサイトがあります)を読めば、GREのリーディング練習をすることができます。実際、映画やテレビの報道などは、GREのリーディングと非常によく似ているのです。映画やテレビ作家のほとんどは、英語で修士号や博士号を保持しているからかもしれません。

また、おもしろいノンフィクションの報道ウェブサイトもたくさんあります。英語のニュースサイトには、あなたの生活に関わる情報が多く掲載されています。言うまでもなく、GRE のようなライティングスタイルで書かれたニュースサイトは、GREのVerbal Reasoningの準備ができる興味深い教材となります。これらを使って複雑な文章構造と上級単語に触れましょう。

GREのリーディングを上達させるためにおすすめのノンフィクションのウェブサイトは、The Wall Street Journal, BBC, The Economist, The MIT Technology Reviewそして、 Art & Letters Dailyなどです。このうちのいくつかは、定期購読が必要です。上質で、幅広い話題を取り扱うNew York Timesは、1ヶ月間に読める記事に制限があります。このサイトにあるもの全てを活用するためには、定期購読を考えてみましょう。

2. GREのリーディングで新しい単語を知り、覚えるための練習方法

GREの練習のためにリーディングの教材を集めたら、次はそれを使って、実際に勉強を始めます。その勉強は楽しくて、かつ教育的なものでなければなりません。

どうやってその2つを両立できるのでしょう。お気に入りの文章を気軽に、楽しく読みつつ、新しい単語に気づけるよう意識するのです。

知らない単語が出てきたら、文全体や段落、そして物語の内容といった文章の文脈からその単語の意味を予想してみましょう。その後に辞書を引いて意味を調べてみるのです。

“Merriam-Webster”dictionary.comといった一般的なオンライン辞書を使用してもいいですが、ESLの学生には、語彙の増強のためにデザインされた辞書を使うことをおすすめします。Wordnik vocabulary.comは、シンプルな言い回しと、細部にわたる意味の説明、そして的確な例文を通して英単語を深く探求している、ESL学生におすすめのウェブサイトです。

Visual Thesaurus は、英単語同士の繋がりを知るための、便利でインタラクティブなツールを提供しています。「マップ」に整理された単語を調べれば、それらの単語の繋がりを知ることができ、その意味をもっと簡単に覚えることができます。

新しいGRE関連の単語を学んでいる時は、その単語をリストにして、単語日記をつけましょう。そうすることで、リーディングをしている時に見つけた新しい単語を、なんども見返すことができます。単語を復習することは重要です。1つの単語を本当に定着させるためには、繰り返しそれを学ぶ必要があるのです。定期的に単語日記を確認し、古い単語を頻繁に見ておきましょう。

そしてもちろん、GREの頻出単語を学ぶことが必要です。vocabulary.comのリストなどを使い、GREの単語に意識を向けてリーディング練習をしましょう。

3. 複雑な構文を学びマスターする

ここまで、GREの単語について述べてきましたが、文法はどうでしょうか?

GREの文法を理解するためには、試験に出てくる複雑な文章の構造を理解できなければなりません。難解な文章を頭の中で分解して、それをまた元に文に戻す作業をしてみましょう。

勉強する方法は限りなくありますが、GREの文法の勉強法、練習法を具体的に思い描くのは難しいかもしれません。

GREに出てくる文法を理解できるようになるには、どのような練習をしたらいいのでしょうか。ESL学生向けのGREの文法アクティブティをご紹介します。次の文章を見てみましょう。

  • Although no one expected it, seemingly capricious tragedy struck the Kennedy family once again in 1999, when John Kennedy Jr. died before his time, perishing in an aviation accident while he piloted his personal airplane above the Atlantic Ocean off the coast of Martha’s Vineyard, Massachusetts.
    (誰も予期しなかったことだが、ケネディー家の気まぐれな悲運は、1999年、ジョン・ケネディー・ジュニアにも襲いかかったようだ。彼は、彼のプライベート飛行機を運転し、大西洋を通ってマサチューセッツのマーサズ・ヴィニヤードを目指していた時、飛行機事故で亡くなった。)

ESLの学生は、このようなGREの文章を見ると、始めは混乱してしまうかもしれません。しかし、英語の文章のビルディング・ブロックを学ぶことで、このような複雑な文もマスターできるようになります。ビルディング・ブロックは(動詞句、名詞句、前置詞句など)、主語、述語、そしてからなります。それではこのJFKの息子についての文章を、深く理解するためのアクティビティを行ってみましょう。

ステップ1:すべての前置詞句を確認する。(下線の部分)

  • Although no one expected it, seemingly capricious tragedy struck the Kennedy family once again in 1999, when John Kennedy Jr. died before his time, perishing in an aviation accident while he piloted his personal airplane above the Atlantic Ocean off the coast of Martha’s Vineyard, Massachusetts.

ステップ2:前置詞句をすべて省く。これにより文章の基本的な情報だけが残ります。

  • Although no one expected it, seemingly capricious tragedy struck the Kennedy family once again, when John Kennedy Jr. died, perishing while he piloted his personal airplane.

ステップ3:文章の中の異なるを確認する。節とは主語と述語を含む文の一部のことです。述語とは主語を修飾する動詞のことで、動詞に続く単語と組み合わせて使われます。節を[[かっこ]]に、主語を太字に、そして述語を斜体にしましょう。

  • [[Although no one expected it,]] [[seemingly capricious tragedy struck the Kennedy family once again,]] [[when John Kennedy Jr. died,]] [[perishing while he piloted his personal airplane.]]

ステップ4:前置詞句を文章の中に戻し、もう一度、節、主語、述語に印をつける。

  • [[Although no one expected it,]] [[seemingly capricious tragedy struck the Kennedy family once again in 1999,]] [[when John Kennedy Jr. died before his time,]] [[perishing in an aviation accident while he piloted his personal airplane above the Atlantic Ocean off the coast of Martha’s Vineyard, Massachusetts.]]

さあこれで文章を一度分解し、それを再び元に戻すことの意味をお分かり頂けたでしょう。文章のある部分を省くことで、その論点をはっきりと理解できるようになります。そして省いた部分をもう一度元に戻すことで、文章全体の意味もより深く理解できるのです。

もちろん、GREの文章をバラバラにして組み立てる方法は他にもあります。前置詞句の代わりに、まずすべての形容詞を確認することから始めてもいいでしょうし、他の句を「切り取る」ことをせずに、いきなり節に取り掛かってもいいでしょう。大事なのは、文章の文法的な部分部分に目を向けることなのです。

この方法を参考にして、自分に合った文章の読み方を見つけ、複雑な文章の真の意味を見つけましょう。

練習を重ねれば、ESLの学生でもGREの長い文章をもっと簡単に理解できるようになります。日本語の文章を読む時のように、素早く、無意識に英語の文章を理解できるようになることが目標です。

4. GREのリーディングスキルをAWAライティングに応用する

AWAは、GREのライティングテストで、Analytical Writing Assessmentの頭文字をとった言葉です。

高度で分析的なライティング能力が測られます。何らかの議論や重要な社会問題を深く分析しなければなりません。GREのテストでは、AWAで課されたテーマについての論点をすべて書き、自分の主張やアイデアをはっきりと欠けることなく裏付けることが求められます。

学術英語でよい文章を書くのですから、GREのAWAで高いスコアを出すことは、ネイティブであってもESLの生徒であっても困難です。

でも心配しないでください。GREテストの中に出てくるような、複雑で専門的なレベルの文章を書く必要はありません。多様な文法と単語の使用、そしてしっかりとした構成ができていればいいのです。

自分の英語のライティングスタイルを見つける第一歩は、リーディングの練習で見たものを真似ることです。学んだ単語と文法を、そのまま自分のライティングで使ってみましょう。英語の小説やニュースの記事で、文章同士がどのように繋がっているのか、意識して読んでみましょう。リーディングの練習で読んだ連結語句や構文を真似し、そこに少し自分の色を加えてみましょう。

とにかく、GREのライティングに向けて初めて勉強を始めるときは、十分に時間をかけて下さい。

第二言語で文章をうまく書くことは、始めは時間がかかるのが当然です。もちろんGREテストのAWAの30分という時間制限を守ることは大切なことですが、まず最初に必要なのは、よいエッセイを書くことです。早く書く練習は、GRE準備の後半でするようにしましょう。

動画を通して文法や単語力を伸ばそう

FluentUを使って、実際に英語圏で見られている英語の動画を使って、文法や単語力を自然に伸ばしていきましょう。GREテストでも必ず役に立ちます。iOSAndroid専用のFluentUアプリをダウンロードすれば、さらに便利に英語学習ができます。FluentUのアプリは、ウェブサイトと同じように、人気のトークショーやキャッチーなミュージックビデオ、面白いコマーシャルなどが盛りだくさん。下の画像を見て、どんな動画が収録されているのか参考にしてみてください。

ESL-GRE

あなたの見たい動画がFluentUにきっとあります

FluentUのアプリは、英語の動画を簡単に見ることのできるように、インタラクティブな字幕が付いています。どの単語をタップしても、それぞれイメージ画像や意味、また役に立つ例文を見ることができます。

ESL-GRE

世界的に有名なセレブのコンテンツを使って、FluentUは英語学習をより能動的にします。

例えば、”brought”という単語をタップすると、下の画像が出てきます。

ESL-GRE

FluentUの字幕をタップすれば、どんな単語でも調べられます。

クイズを使って動画に出てくるすべての語彙を学びましょう。左右にスワイプすれば、勉強している単語の例文を見ることができます。

ESL-GRE

FluentUの役立つクイズや複数の例文で学習のスピードUP。さらに詳しく。

FluentUのおすすめポイントは、学んでいる語彙を記憶してくれることです。すでに学んだ単語を基にして、オススメの例文や動画を教えてくれるのです。自分だけにパーソナライズされた学習を体験してみましょう!

パソコンやタブレットでウェブサイトにアクセスし、FluentUを使い始めましょう。さらに進んで、iTunesストアGoogleストアでFluentUのアプリをダウンロードしましょう。

さて、GREは英語圏の世界における数えきれない教育の機会へと繋がるチケットです。

ESLの生徒はGREを前に尻込みしてしまうかもしれません。

でも、TOEFLでよい点が出せるくらいの英語を勉強している学生や、論文が読めるほどの英語力があるESL学生なら、GREを恐れる必要はありません。

すでに英語の基礎はついています。その基礎を伸ばしていけば、ESL学生でもGREで高得点をとるのも夢ではありません。大学院はその先に見えてきます!


David Recineは、ウィスコンシン・リバー・フォール大学でTESOLの修士号を取得。GRE、TOEFL、IELTSの専門家としてGREの単語リストや、他の素晴らしい教材を読むことができるMagoosh Test Prepで働いている。

(注意:上記のMagooshのリンクは、アフィリエートリンクです。そのため、Magooshで読者が何かを購入した場合、FluentUは報酬を受け取ることになります。私たちのアフィリエートリンクを通して何かを購入することで、FluentUの無料英語学習コンテンツが可能となっています。)

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Enter your e-mail address to get your free PDF!

We hate SPAM and promise to keep your email address safe

Close