英語学習_発音

英語の発音学習:今すぐできる10の戦略

発音は英語を学習している多くの人がつまづく1つの原因です。

なぜなら、英語はスペル通りに発音するとは限らないからです。

この数年で世界は便利になり、世界はますます繋がりを強めています。それに伴って、人々は新しい言語を次々に学ぶようになりました。

中でも英語は、もっとも人気で需要のある言語の1つです。フランス語ドイツ語など、他の言語とも似ているので、人によっては簡単に学ぶことができるのでしょう。

ただ、英語にはちょっと変わった発音のルールがあります。英語は思っているほど簡単ではないのです。

単語の表記の通りに読めば発音できるスペイン語のような言葉とは違い、多くの英単語はスペルとは違う発音で話されています。スペルが似ている単語同士なのに、発音は全く違うなんてこともよくあります。例えば、tough (“tuff”) と though (“thoh”)は、1文字しかスペルに違いはありませんが、発音は全く違います。

発音だけ見ても、英語には例外と奇妙なことが溢れています。悪夢のように厄介なものもあるでしょう。でも、それを乗り越えていく学習の楽しみを感じられれば、もうゴールは目の前です。

なぜ英語の発音を学習するべきなのか?

発音学習が重要な理由はたくさんあります。

  • 発音の上達は、リーディングやライティング、コミュニケーションを助けてくれる。
  • 発音の理解を深めることで、会話中の混乱を減らすことができる。
  • 発音の上達で自分の英語が向上していることが分かり、自然と英語でのコミュニケーションに自信が持てるようになる。これが一番大事なことです!

英語の発音マスターに!学習の10戦略

英語の発音学習の最終的なゴールは、発音を完全にマスターすることです。ただし、そのゴールに到達する道は1つだけではありません。ゴールを達成するための方法は人それぞれにあるのです。今回は、あらゆる方法でゴールを目指している英語学習者に役立つ、発音の学習戦略を紹介します。

1. 目指す発音を明確にする

英語は様々な発音で話されています。地域ごとに次々と劇的に発音が変わることもあるのです。このビデオから分かるように、イギリスは小さな国であるにも関わらず、特有のアクセントが豊富に存在します。

これから行く場所や、行きたい場所、滞在期間にもよりますが、その地域の人々がどのような発音で話しているのかを理解することが、最初の第一歩です。それを明確にしてから発音を学習すれば、滞在先の人々が話していることも十分に理解でき、すぐに馴染むことができるでしょう。

もし、近くに学習したいアクセントで話す人がいなければ、動画などを見て練習を続けましょう。もしくは、アメリカの発音ガイドなどのウェブサイトを使ってみてください。

2. 発音に問題のある英単語に集中する

長くて複雑な単語につまずいたことはありますか。スペルは分かっていても、その発音の仕方を忘れていませんか。

発音が分からない単語に遭遇した時は、単語の特徴に目を向けましょう。単語を細かく区切ってみて、スペルや音節、その意味に注目するのです。

特に長くて複雑な単語は、部分ごとにバラバラに分けて考え、それから、ゆっくりまた組み立てていくようにします。

例:発音を間違られやすい英単語の1つが February です。Feb-yu-airyと発音してしまう人がたくさんいます。しかしよく見てみると、が真ん中にあることが分かります。この単語の実際の発音はFeb-ru-airyとなります。このように細かく分解して見ると、正確な発音が明らかになります。

ただし、前で述べたことを思い出してください。英語の発音は地域によって異なります。アメリカ人の場合にはFebruaryの初めの r を発音しません。ある地域の発音が、絶対的な英語の発音であるとは限らないのです。

それでも、まずは単語を分解してみることで、元の正しい発音を理解することができます。単語の区切り方に困ったときは、このガイドを使ってください。

ただし、全ての英単語がスペル通りに発音するわけではないということを忘れてはいけません。だからこそ、英語の単語学習はゆっくりと、常に辞書を使ってすることが必要なのです。

3. 英単語は口に出して、声を録音する

どんな挑戦においても、自分の成長を記録していくことは何よりも効果的な方法です。英語の発音を学習する時には、単語を大きくはっきりと口に出し、その声を録音しましょう。自分の欠点を知りながら、上達具合を確かめることは、ゴールへの近道なのです。

初めは録音された自分の声に違和感を感じるかもしれません。でも、自分の声に慣れてくる頃には、他の学習方法では感じられないほど、自分の大きな成長に気がつくはずです。英語の録音を初めて、1ヶ月、1年、と経っていくうちに発音は驚くほど上達していきます。

4. 英単語の音、リズムに注意して聞く

何かの曲を聴く時、私たちはそのリズムとメロディーに耳を傾けます。そして、それを覚えた時に初めて、自分でも歌うことができるのです。同じことが英単語にも言えます。英単語にも、それぞれにリズムとメロディー(音節)があります。

だから音楽を聴いたり、歌を覚えたり理解したりするのと同じように、それぞれの単語を聞き直してみましょう。難しい単語でも、じっくりとそのリズムと音節に耳をすませば、必ずマスターすることができるはずです。まずはその単語の発音をよく聞いて、真似をすることから始めましょう。

また、その時の感情やシチュエーションによって使う言葉、単語は違ってくるものです。その単語がどのような場面で、どんな風に話されているかということに意識しましょう。単純に単語の意味を知ること以上のことが学べるはずです。

さらに、イントネーションや単語のトーンが、その意味に影響することもあります。どんな時に、単語のどの部分が強調されているでしょうか。また、1つの単語でも文章の置かれている場所によって、名詞になったり、動詞になったりします。品詞によって、イントネーションが変わることもあるので注意しましょう。

例えば、refuseという単語があります。もしREH-fyuzと発音されていれば、それはゴミ(名詞)のことですが、reh-FYUZならば、 “no”もしくは、何かを断る(動詞)という意味になります。これを覚えていれば、次にこの単語が出てきた時には、はっきりと意味を理解できるだけでなく、簡単に発音を真似することができるはずです。

何より大事なことは、単語の使われ方に意識を向けることです。会話の中で自然に使えるようになるまで、単語を細かく分解して、1つ1つの発音に注目して練習してみましょう。

5. 英語のウェブサイトやポッドキャスト、YouTubeのチャンネルを登録する

英語を勉強しているとき、インターネットは最高の相棒です。英語をマスターするために使える、様々なリソースがネット上にはたくさんあるのです。

まずは、FluetnUから始めてみましょう。実際に英語圏で見られている動画やオーディオ、ポッドキャストなどがあり、英語学習を助けてくれます。FluentUでは、単に受け身になって動画を見るだけではなく、積極的に英語を学び、練習することができます。

中でも、アクティブ・ラーニングツールは英語学習に最適です。動画の字幕にある単語をどれでもクリックすれば、その意味を見たり、ネイティブの発音を聞いたりすることができます。そして、動画の中で分からなかった単語や文法を元にカスタムメイドされた、フラッシュカードや単語リストを使うことができます。こうすることで、新しい英語動画で学んだことを確実に定着させることができるのです。

FluentUが気になっているあなたに、さらに耳よりの情報があります。FluentUのiOSやアンドロイドの携帯アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでも英語を学習できるのです。

他にも、英語を流暢に喋れるようになるための、ウェブサイトソーシャルネットグループがたくさんあります。

6. 英語の発音はコミュニケーションが鍵:いつも誰かと一緒に学習する

ネイティブのような発音で英語を話せるようになるための1番の方法は、実際に誰かと話すことです。英語を学習している時は、授業中や公園の散歩中など、いつでも英語だけを話すようにしましょう。

近くにネイティブがいなくても大丈夫です。英語の学習者が人々と繋がることのできるウェブサイトやフォーラムはいくつもあるのです。

Google+ がその1つの例です。ここでは、世界中の人々がグローバルな教室に集まって、お互いに学習し合い、教え合っているのです。これを使えば、楽しい環境の中で、安心して自分の発音を向上させることができます。また、国境を超えた友達を作ることもできるでしょう。

7. 英語の発音を聞きながらニュースを見る

ずっとニュースを見ているのは退屈かもしれませんが、ニュースは発音をマスターするための素晴らしいツールになります。ニュースキャスターは情報を伝えるために、常にゆっくり、はっきりと話すことを心がけています。字幕をつければ、さらに効果的でしょう。ニュースを見ることで、英単語を自然な文脈の中で学習できる上に、実際の生活の中と同じような発音を聞くこともできます。また、ニュースは写真や動画をたくさん使っているので、案外簡単に理解することができます。

オススメは、BBC(イギリス英語)や CNN(アメリカ英語)です。

8. 学習してきたリーディングや発音の知識を捨てる

すでに書いたように、英語はスペルの通りに発音しない単語があります。 though と throughの発音を覚えていますか?英単語の発音は、難しいクイズのように感じるかもしれません。

母国語のルールを英語に持ち込んでもいい結果を産むことはありません。かえって混乱してしまうだけなのです。

9. 英語の単語辞書を友達にする

何か分からないことがあったときは、辞書がいつでも助けてくれます。持ち歩ける辞書を手元に置いておくといいでしょう。もしスマホを持っているなら、Meriiam-Websterの辞書アプリをダウンロードしておきましょう。全ての単語にシンプルで役立つ発音ガイドがついています。

もちろん辞書は便利で、知りたいことをすぐに教えてくれますが、国際音声記号(IPA)を学んでおけば、さらに単語の正確な発音を知ることができます。IPAは非常に難しいですが、マスターしておけば発音できない英単語はなくなってしまいます。

10. ゆっくり滑らかに、滑らかに速く

単語の発音が分かると、思わず速いスピードで話したくなってしまうもので。でも、 そこをぐっと我慢して、その単語を完全に発音できるようになるまではゆっくり話して練習することが大切です。ゆっくり喋りすぎているのではないか、変に聞こえているのではないか、と心配する必要はありません。丁寧に発音して話す英語を不快に思う人はいないでしょうし、英語の学習ではすぐに結果を得ることよりも、時間をかけて丁寧に学ぶ方が、英語全体のレベルをあげることができるのです。

他の役立つリソース

イギリスのアクセントと方言ガイド

BBC英語発音ガイド

イギリスとアメリカの発音

シンプルな発音ガイド(Wikipedia)

さて、英語の発音を学習する準備はできましたか?いますぐ実践してみましょう。

自信を持って、発音マスターまでの道のりを楽しんでください!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Enter your e-mail address to get your free PDF!

We hate SPAM and promise to keep your email address safe

Close