英語-旅行-フレーズ

どんな観光客とも会話ができる英語の旅行フレーズ集

世の中には海外旅行のために英語を勉強する人もいれば、仕事のために英語を学ぶという人も多いものです。

でももし、この両方の目的のために英語を使うとしたら?

例えば、ホテルの受付で働いている人はいませんか?

観光地のツアーガイドは?

それともバスの運転手?

ウェイターやバーテンダーとして働いている人もいますよね?

世界中の旅行業界で働いている人たちは、インターナショナルな観光客とは英語でコミュニケーションをとるのが一般的となりました。ツアーガイドだけでなく、ホテルやレストラン、交通機関などで働く人も同じことです。人気の観光地にあるパン屋さんや、タクシーの運転手、ホテルの受付、自転車ツアーのガイドなどのお仕事もこれに含まれるでしょう。

観光業には数多くの仕事があるため、観光シーンで使える英語 にもたくさんの種類があります。このインターナショナルな業界で仕事を探している人は、日々の仕事中に特別なボキャブラリ―が必要なことが分かってくるはずです。

旅行業界の特殊なボキャブラリーにはこんな目的があります。

  • 観光客の質問に答える
  • おすすめを教える
  • 道を教える
  • フレンドリーな雑談をする
  • 場所の説明をする

アカデミックな英語の学習は英語での学校生活に欠かせないものです。

同じように、旅行業界で働く人たちの中には“観光英語”を学ぶためのコースを受講する人も少なくありません。こういったコースで学ぶと、上で述べたようなシナリオに備えることができるのです。では、観光業で使われる英語が特別なのはなぜなのでしょうか?

Learn a foreign language with videos

観光業で使われる英語が特別なのはなぜ?

授業中やオンラインで耳にする英会話の例では、ネイティブスピーカーが二人で話していることが多いかもしれません。

しかし実際は、ネイティブスピーカーでない人同士が英語で会話しなければならないシチュエーションもありえるのです。例えば、あなたと、英語圏以外の国から来たお客さんです。

そのため、観光業界で働くには、英語のネイティブスピーカーともネイティブでない人たちとも、効果的にコミュニケーションをとれるようになる必要があるのです。

英語圏の国の慣習を知っておくことは大切ですが、みんながみんなイギリスやオーストラリア、カナダ、アメリカなどから来ているわけではありません。多くの観光客は英語のネイティブスピーカではないのです。そう、あなたと同じですね!

インターナショナルな旅行業界には、英語ネイティブの人もいれば、そうでない人もいて、人々の言語的背景は多種多様です。そのため観光業界で働く人たちは、聞き慣れない英語の訛りを理解するための戦略を練り、ちょっとややこしい状況に備えておく必要があるのです。

そんな人たちに役立ててもらうために、今回はインターナショナルな英語話者と効果的なコミュニケーションをとるためのコツをご紹介しようと思います。会話の内容をはっきりさせるための確認方法や、相手の話を理解できなかったときの丁寧な伝え方、誤解が生じやすい場面での対処法などを練習してみましょう。

英語の旅行ボキャブラリー:世界中の旅行者とつながるための必須ワード集

まずは基本的なボキャブラリ―

こちらは旅行に関係する英語のボキャブラリーリストです。

これらの言葉を使って質問されることもあれば、自分が使わないといけない場面もあるかもしれません。

こういった表現に慣れておいて、いざという時にフルセンテンスで使えるようになっておきましょう。

Attractions — 旅行者が見ておくべき観光スポット

What attractions should we see while we’re here?
ここにいるあいだに見ておくべき観光スポットってある?

Make sure you go see the Statue of Liberty and the Empire State Building!
自由の女神とエンパイアステートビルはぜったい見に行って!

Business district — “the financial district”とも呼ばれる。街の中心地にある、オフィスの集中したビジネス街

Avoid the business district at 5:00 PM. There’s a lot of traffic!
夕方5時のビジネス街は避けて。すごく混んでるから!

Entertainment district — クラブやバー、劇場などの多い歓楽街

Let’s go to the entertainment district tonight. I’m ready for some fun!
今夜は歓楽街に行こう。楽しむ気満々だよ!

Dining district — レストランの多いエリア

You’re looking for a nice restaurant? The dining district is two blocks away. There are lots of good places to eat!
良いレストランをお探しですか?レストラン街は2ブロック向こうです。美味しい店がたくさんありますよ!

Custom — 文化の一環として人々の行う慣習

Can you tell me if I need to tip here? I don’t know the customs of this country.
ここではチップは必要ですか?この国の習わしを知らないもので。

Highlight — ハイライト。イベントなどにおける最も重要な場面や、一番良かった時。

The Statue of Liberty was the highlight of our trip.
この旅のハイライトは自由の女神だったよ。

Scenery — それぞれの場所で周りに見える風景のこと

The scenery around the city is lovely.
この街の景色は素敵だ。

Surroundings — 周囲の環境

Be aware of your surroundings at all times so you don’t get lost.
迷子にならないよう、常に周囲に注意しておくように。

Depart — 去る、発つ

We’ll depart from the hotel at 11:00 AM.
午前11時にホテルを出ます。

Arrive — 到着する

We’re going to arrive at the airport in about 15 minutes.
あと15分で空港に着く予定です。

Recommend — おすすめする、アドバイスをする

Can you recommend a good restaurant?
良いレストランを教えてくれませんか?

Sit back and relax — 良い時間を過ごすように、という意味の頻出フレーズ

Sit back and relax and we’ll have your drinks out shortly.
すぐにドリンクをお持ちしますので、おくつろぎください。

意思疎通を確認するために使えるフレーズ

聞いたことを再確認する

旅行業界で働いている人なら、これまでに伝達ミスを経験したことがあるかもしれません。

ガイドや、宿泊施設の主人、受付係として、お客さんときちんと相互理解ができているか確認することも仕事の一環です。これらはシンプルで簡単に相手の言ったことを再確認できるフレーズです。

  • I heard you ask (about flights). Is that correct?
    (フライトについて)の質問を伺いました。合っていますか?
  • So, you said (you wanted to visit the ruins), right?
    (遺跡に行きたい)とおっしゃいましたよね?
  • Okay, I understand that (your flight leaves at 3 PM). Is that correct?
    (フライトは午後3時発)と伺っています。よろしいですか?

分からなかったことをもう一度聞くためのフレーズ

お互いが英語を話していたとしても、相手が聞いたことのない単語を使うことがあるかもしれません。また、中には聞き取りにくい訛りのある英語で話す人もいるでしょう。これらのフレーズなら、もう一度繰り返したり、意味を明確にしたりするよう、失礼のない方法で相手にお願いすることができます。

  • I’m sorry, I didn’t quite understand that. Can you say that again?
    すみません、あまり理解できませんでした。もう一度言ってもらえますか?
  • Pardon my English, but I didn’t quite understand that. Can you say that again?
    英語が苦手なもので、理解できませんでした。もう一度言ってくれますか?
  • I’m sorry, but I didn’t catch that. Can you describe what you mean?
    すみません、聞き取れませんでした。どういう意味か説明してもらえませんか?

相手に質問がないか聞くフレーズ

遠慮なく話すのが良しとされる文化もあれば、控えめに振舞うのが良しとされる文化もあります。どんな国から来たゲストも話しやすいよう、質問をするように促してみましょう。

  • Does anyone have any questions?
    質問がある人はいませんか?
  • Yes, sir/ma’am? Do you have a question?
    はい、お客様。ご質問はありませんか?
  • Please feel free to raise your hand any time if you have a question.
    質問がございましたら、いつでも遠慮なく挙手してくださいね。
  • So, any questions?
    では、質問は?

よくあるシチュエーションに合わせて英語の観光ボキャブラリ―を特訓しよう

仕事の内容によっては、観光客に道を教えたり、おすすめのレストランや観光スポットを教えたり、相手に楽しんでもらえるような世間話をしなければならない人もいると思います。

こういったシチュエーションではあなたはガイド役を演じるわけですが、実はこれは観光客と出会う人なら誰にでもありえる状況なのです。これらの会話を練習して、自信をもってコミュニケーションをとれるようにしておきましょう。

オススメを教える

フレーズ

  • For (authentic cuisine, family activities, etc), I recommend…
    (本物の料理、家族でできるアクティビティー、など)なら、…をおすすめします。
  • My favorite place is…
    私のお気に入りの場所は…です。
  • Personally, I suggest…
    個人的には、…が一押しです。

会話

Tourist: Excuse me, do you know a good place for ice cream?
観光客:すみません、アイスクリームが美味しいところ知りませんか?

Guide: Oh, yes. For really good ice cream, I recommend “Maria’s.” It’s located about six blocks from here, and it’s my favorite place. Personally, I suggest the chocolate cherry flavor, but they’re famous for their award-winning lemon flavor. I think your family will like it.
ガイド:知ってますよ。すごく美味しいアイスクリームなら“Maria’s”がオススメです。ここから6ブロックほどの所にあって、私も大好きなんです。個人的にはチョコレートチェリー味が一押しですが、賞も取ったレモン味が有名なんですよ。ご家族もきっと気に入ります。

Tourist: Great, thanks!
観光客:いいですね、ありがとう!

道案内や場所の説明をする

フレーズ

  • Turn left
    左折する
  • Turn right
    右折する
  • Go straight
    まっすぐ進む
  • Stop at the…
    …で止まる
  • Continue until…
    …まで進む
  • Take the (subway, bus, etc.)
    (地下鉄、バス、など)に乗る
  • Follow the signs for…
    …の標示に従う

説明に使える場所

  • At the traffic light
    その信号で
  • At the next (street, light, block, etc.)
    次の(道、信号、ブロック、など)で
  • In (five) blocks
    (5)ブロック先に
  • Near the (hotel, beach, station, etc.)
    (ホテル、ビーチ、駅、など)の近くに
  • On the main plaza
    中央広場に

会話

Tourist: Can you tell me how to get to the theater?
観光客:劇場への行き方を教えてくれませんか?

Guide: Sure! The theater is near the train station. You need to go straight down this street for one block. At the next street, turn left. Continue until you see a sign for the theater, in about five blocks. If you’re lost, you can follow the signs for the train station. Does that make sense?
ガイド:もちろん!その劇場は駅の近くです。この道を1ブロックまっすぐ行きます。次の道で左に曲がってください。あとは5ブロックほど、劇場の印が見えるまで進んでください。迷ったら駅の標示に従うといいですよ。分かりましたか?

Tourist: Yes, thank you!
観光客:はい、ありがとう!

道を教えるときの基本フレーズを練習するには、こちらの動画が便利です

フレンドリーな雑談をしてアイスブレイク

観光客のことをもう少しよく知りたいときには、これらのフレーズを使ってみましょう。

  • So, are you enjoying your time in (Paris) so far?
    今のところ(パリ)での時間は楽しんでいますか?
  • Tell me, what is your favorite part of the city so far?
    この街のどんなところが好きか教えて?
  • I’m curious, do you think this city seems friendly?
    気になるんだけど、この街はフレンドリーだと思う?
  • Tell me, what do/did you think of the (architecture, food, beach, festival, etc.)?
    ねえ、(建築、食べ物、ビーチ、お祭り)はどう思う/思った?

さらに詳しく学んでみたい人はいませんか?ホテルや接客業の仕事をしている人は、ホテル経営のための英語や 映画で学ぶホテルとホスピタリティーの英語も練習してみてください。

これでどんな観光客ともすぐにコミュニケーションがとれるようになりますよ!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.