英語_アルファベット

英語のアルファベットを学ぶ動画:ABCを簡単に!

ネイティブの人が “easy as ABC”(ABCのように簡単だよ)という言い方をするのはなぜでしょうか?

英語のアルファベットが簡単とは限らないのに!

アルファベットは一見、単純なように見えるかもしれません。

でも、1つのアルファベットにも発音の仕方がいくつもあります。中には、日本語にはない発音もあるでしょうし、書き方にもいろいろな種類があるのです。母国語でアルファベットではない違う文字を使っている人にとっては、覚えるだけでも大変なことです。

この記事を読んで、英語のアルファベットに対するイライラやストレスを減らし、あなたが抱えている混乱をスッキリさせましょう。そしてアルファベットの勉強はこれで終わりにして、これからは英会話を磨くことに集中してください。

ここでは、英語のアルファベットの学習に役立つ無料の動画や、アルファベットの書き方と発音を覚えるための想像力豊かなコツを紹介します。アルファベットを学ぶための全てがここに詰まっていますよ!

英語のアルファベットを学ぶ動画とコツ ABCを簡単に!

Learn a foreign language with videos

英語のアルファベットの種類は?

英語のアルファベットには、子音と母音を合わせて、26の種類があります。

母音は少ししかありません。基本的には、A、E、I、O、Uだけですが、Y も母音として考えられる場合があるでしょう。一般的に、全ての単語には1つ以上の母音があります。

英語の母音の中には、長母音と短母音があります。少し複雑ですが、英語という言語の習得には非常に重要です。2つの音の違いを理解するためには、“The Vowel Song”(母音の歌)が役に立ちます。

26のアルファベットのうち、残りの全ては子音です。

各アルファベットには、uppercase(大文字、capital lettersとも呼ばれます)とlowercase(小文字)の2種類の書き方があります。大文字は、文の最初の一文字や、人、場所の名前の頭文字に使われます。

これら、英語のアルファベットの基本を理解しておくことは、リーディングスキルの上達や、自分の英語能力に自信をつけるためには必要不可欠です。では、アルファベットを効率的に学ぶ方法について掘り下げる前に、大文字、小文字とそれぞれの発音の表を見ておいてください。

Uppercase letter
(大文字)
Lowercase letter
(小文字)
Pronunciation
(発音)
AaAy (“way”のように)
BbBee
CcCee
DdDee
EeEe
FfEff
GgGee
HhAy-tch
IiEye
JjJay
KkKay
LlEll
MmEm
NnEn
OoOh
PpPee
QqCue
RrAre
SsEss
TtTee
UuYou
VvVee
WwDouble-you
XxEx
YyWhy
ZzZee

英語のアルファベットの覚え方

動画

楽しくて、キャッチーな英語のアルファベットの歌には、たくさんの繰り返しが出てきます。それによって、アルファベットの順番が覚えやすくなるのです。動画を使って、アルファベットを目と耳で確認することで、それぞれの音と大文字、小文字の書き方を結びつけながら覚えることができるでしょう。

ネイティブの人たちが子どもの時に聴く、ABCの歌をぜひ聴いてみてください

勉強のコツ

アルファベットを覚えることに苦戦しているなら、下記の記憶力を活性化させる秘策を試してみましょう。

  • 自分のアルファベットソングを書く:自己流でアルファベットを歌ってみましょう。もしくは、自分のお気に入りのポップソングのメロディーにアルファベットを当てはめてみましょう。自分の歌にすることで、さらに記憶に残るはずです。
  • アルファベットと単語を結びつける。例えば、AからZまでのアルファベットから始まる26単語を使って、ストーリーを書いてみましょう。

After breakfast, cats destroyed everything. Fish, games, household items… Jealous kittens love messes!
(朝食の後、猫たちは全てをぐちゃぐちゃにした。魚もゲームも家庭用品も…嫉妬深い子猫たちは、汚いのが大好き!)

さあ、26のアルファベットを順番通りに使って、このお話を続けてみてください。もちろん完璧な文章じゃなくても問題ありませんよ!あなたにとって覚えやすい、おかしなお話を作りましょう。楽しむことを忘れないでくださいね!

英語-アルファベット

単語をひらめくために、実際に英語圏で使われている英語の動画をFluentUで見てみましょう。ネイティブの発音を聞いて、英語のアルファベットの発音を上達させることもできます。FluentUは、映画のトレーラーやミュージックビデオ、感動的な講演を言語学習のための動画へと進化させました。

FluentUにはたくさんの面白い動画が収録されています。下の画像を参考にしてください。

英語-アルファベット

FluentUの動画には、インタラクティブな字幕が付いているので、英語の動画を簡単に見ることができます。どの単語でもタップするだけで、その意味やイメージ画像、役に立つ例文を見ることができます。

英語-アルファベット

例えば、”brought”という単語をタップすると、下の画像が表示されます。

英語-アルファベット

FluentUなら、動画に出てくる全ての単語を学ぶことができます。左右にスワイプして、学んでいる単語の例文を確認してみましょう。

英語-アルファベット

動画は、ジャンルやレベルことに分類されているので、自分にぴったりのものを簡単に見つけることができます。さらにFluentUは、学習中の単語を記憶し、学習済みの単語を元にして、あなたに合った動画を教えてくれます。

パソコンでFluentUのウェブサイトを開いて、早速始めましょう。iTunesストアGoogle PlayストアでFluentUのアプリをダウンロードすれば、さらに便利になりますよ!

どこでアルファベットの書く練習ができるか

英語-アルファベット

“Writing the English Alphabet”はダウンロード可能なブックレットです。 アルファベットの書く練習ができる15ページのエクササイズが付いています。大文字と小文字をなぞりながら、自信を持って書けるようになるまで練習しましょう。

また、ここではテキストスタイルと手書きスタイルの形の違いも教えてくれます。

Literacy Center Education Networkにも似たような練習用のワークシートがあります。このサイトでは、それぞれのアルファベットの書き方をもっと詳しく説明しています。書き順や書く位置まで知ることができ、練習するための広いスペースが用意されています。

各アルファベットを完璧に発音する方法

動画

あなたが学んでいるのはアメリカ英語ですか?イギリス英語ですか?ここにある動画ならどちらの発音もカバーしていますよ!

この動画では、それぞれのアルファベットをどのように発音するのかを教えてくれます。はじめにイギリスのアクセント、次にアメリカのアクセントを聞くことができます。どちらのアクセントを学びたいかがはっきりしていなくても問題はありません。2つの違うアクセントを聞くことは、発音を覚える手助けとなるでしょう。どのように発音したらいいのか分からず困っているのなら、ぜひこの動画で異なるネイティブスピーカーの発音を繰り返し聞いてみてください。

さらに、下にある“English Alphabet Pronunciation” (英語アルファベットの発音)の動画を見てみましょう。ここでは、発音だけでなく各アルファベットを使った単語の例を紹介しています。動画のスピーカーが、はじめに1つのアルファベットを説明し、発音とそのアルファベットから始まる単語の例を教えてくれます。

勉強のコツ

  • どのアルファベットが同じ韻を踏んでいるか知りましょう。アルファベットにはいくつかのパターンがあるので、同じ韻を踏んでいるグループで覚えれば、それぞれの発音を簡単に覚えることができます。

A、J、Kは同じ韻を踏んでいます。どれも“ay”という音で終わります。

B、C、D、E、G、P、T、V、Zはどれも“ee”の音で終わります。

YはIと同じような音ですが、わずかに“w”の音から始まります。

Q、U、Wは“u”の音で終わります。

F、L、M、N、S、Xはどれも同じ“e”の音で始まります。

H、O、Rはどの韻のグループにも入らないので、この3つはそれぞれ分けて覚えましょう。

  • 独立したアルファベットではなく、単語を使って練習しましょう。アルファベットを1文字だけの音で覚えるのは難しいことです。意味を見出せないこともあるかもしれません。だから、覚えたいアルファベットが入った単語で発音を練習しましょう。実生活でも簡単に使うことができます。

さらに、単語を使ってアルファベットを覚えているうちに、前後にあるアルファベットによって、そのアルファベットの発音がどう変わるかが分かるでしょう。例えば、C は K のような硬い音になる時と、S のような柔らかい音になる時があります。混乱しますが、いくつかの単語を使って覚えれば、そんなに難しいことではありません。例えば、cat (硬い K の音) 、 cent (柔らかい S の音)となります。

ぜひ、下記の単語を使って練習してみてください。さらに自分にとって親しみのある単語を見つけて、その単語の中で各アルファベットがどのような音になるのか覚えましょう。

A: Apple, Ape, Art(りんご、猿、芸術)

B: Balloon, Boom, Bite(風船、ブーム、噛む)

C: City, Cave, Coat(都市、洞窟、コート)

D: Door, Dive, Dance(ドア、飛び込む、ダンス)

E: Eagle, Elephant, Eel(鷲、ゾウ、ウナギ)

F: Fall, Find, Four(秋、見つける、4)

G: Game, Girl, Giant(ゲーム、女の子、巨大な)

H: Horse, Hand, Hill(馬、手、丘)

I: Ice, Illness, Interesting(氷、病気、興味深い)

J: Joke, Jug, Jam(冗談、水入れ、ジャム)

K: Kid, Keep, Kite(子供、保つ、凧)

L: Lion, Learn, Language(ライオン、学ぶ、言語)

M: Mom, Mad, Mouse(ママ、怒っている、ネズミ)

N: Never, Noise, Nap(決して…ない、騒音、昼寝)

O: Octopus, Ocean, Order(タコ、海、注文)

P: Pink, Pearl, Panda(ピンク、真珠、パンダ)

Q: Queen, Quail, Quilt(女王、ウズラ、キルト)

R: Rabbit, Read, Roll(うさぎ、読む、転がる)

S: Soft, Supper, Sand(柔らかい、夕食、砂)

T: Turtle, Tapping, Tall(カメ、軽くたたくこと、高い)

U: Under, Unicorn, Use(下、ユニコーン、使う)

V: Vase, Violin, Very(つぼ、バイオリン、とても)

W: Water, Wet, Win(水、濡れた、勝つ)

X: Exit, Extra, Axe(出口、追加の、斧)

Y: Yes, You, Yard(イエス、あなた、庭)

Z: Zebra, Zipper, Zip(シマウマ、ファスナー、ジップ)

 

これらの学びのコツを使って、英語のアルファベットに自信をつけてください。それぞれのリソースを試してみて、自分に合うものを見つけましょう。英語学習において、アルファベットの習得は大切なステップです。ネイティブの人のように正しい英語のアルファベットの発音で、ABCの歌を歌えるようになる日もすぐそこです。

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.