英語‐学習‐壁

英語学習における3つの壁を乗り越えるためのお助けガイド

英語学習につまずくのは、まるで大海で漂流するようなもの。

何か助けがない限り、また正しい方向へ動き出すのがとっても難しいのです。

しかしこういった学習の壁を乗り越えるのは、思っているよりずっと簡単です。

この記事では、英語のボキャブラリー、発音、英会話の学習における3つの大きな壁について見ていきましょう。

英語の障害を乗り越えるための簡単なコツや方法もご紹介していますよ!

Learn a foreign language with videos

独りじゃない!誰かと一緒に英語学習の壁を乗り越えるには

クラスメイトや勉強友達も英語につまずくことってあるのかなと考えたことはありませんか?

きっとみんな同じです!

おそらくみんな、あなたと同じ気持ちで髪を掻きむしったりコーヒーを何杯も飲んだりして勉強しているはずです。

では、学習の壁をグループで乗り越えるにはどうすればよいのでしょうか?

グループでの学習の方が効果が高まることは研究で証明されています!グループ学習をすれば勉強が楽しくなり、難しい英語のトピックを扱うときにもストレスをあまり感じずに済みます

グループ学習は学校でやるものなんて決まりはありません。カフェや居酒屋、誰かの家、レストラン、公園、さらには公共交通機関の中でもできてしまいます。

実生活でのシチュエーションを英語で演じるロールプレイングを行うと、とても効果的なグループ学習ができます。みんなにとって楽しくてモチベーションになるなら、お酒やゲームを交えながら学習するのも良いかもしれません。

では、グループ全体が英語学習に自信がない場合はどうすればいいのでしょうか?

そんな時は、ネイティブスピーカーにも学習グループに参加してもらいましょう。ネイティブの人にレフェリーになってもらって、ゲームの審判やリスニングのチェックをしてもらうと良いですよ。

英語学習における3つの壁を乗り越えるためのお助けガイド

英語の壁その1:複数の意味があるボキャブラリー

よく知っている英単語だと思っていたのに、意味不明な方法で使われていた…なんてことはありませんか?

ひとつの英単語にたくさんの意味があるというのはよくあることで、そのために誤解が生まれやすいのが英語の難しいところ。単語ごとにたくさんの意味を覚えないといけないのは大変ですよね。

例えば “date” という英単語の意味を見てみましょう。

  • 日付
  • デート

どちらの意味で使われているのかをはっきりさせるには、文脈をよく見るしかありません。周りに使われている単語や文章をよく読んで、この単語がどちらの意味で使われているのか判断しましょう。

難しい英単語の意味を全て知らなかったとしても、文脈をヒントにすると正しい意味が見えてきますよ!

以下の2つの文では、dateという単語がどちらの意味で使われているか分かりますか?

When’s the date for the first day of school again?

Would you like to go on a date with me?

一つ目の文は、学校が始まる日はいつだっけ?と尋ねる疑問文です。2人がロマンチックな時間を過ごすという意味はありませんので、ここでの意味は「日付」の方に該当します。

二つ目の文はややこしいかもしれませんが、なにか特定の日付について話されているわけではないことは分かりますね。こちらの文は「僕とデートしない?」という訳なので、この単語が「デート」という意味で使われています。

もうひとつのコツは、その単語がどのような品詞(名詞、形容詞など)で使われているのか見極めること。同じ英単語でも、どのような品詞で使われるかによって意味が変わることがあるため、識別しやすくなるのです。

ここでは “point” という単語を例に見てみましょう。

  • 場所、方向、人などを示して指さす(動詞)
  • 物の尖った先端のこと(名詞)

pointという単語の品詞を見極めて、以下の2つの文ではどちらの意味で使われているか判断してみましょう。

Can you point to the exit? I can’t find it.

She tapped me with the point of her pencil.

一つ目の文では、pointという単語が動詞として使われいてるため、「指さす」という意味が当てはまることが分かります。二つ目の文ではこの単語が名詞として使われているため、「先端」という意味であることが分かります。それぞれの文の訳は「出口を指し示してくれませんか?見つからなくて」「彼女は鉛筆の先で私をつついた」です。

複数の意味がある英語のボキャブラリー習得にお悩みの方は、こちらの動画でさらにたくさんの例や解説をご覧ください!

英語の壁その2:見た目と違う発音の単語

英語ネイティブの人でもこれには困ることがあります!

英語にはスペルと発音が一致しない単語がたくさんあります。つまり、綴りから発音を予想するのがとても難しいのです。

例として以下の3つの単語を見てみましょう。

  • February:2月という意味の単語ですが、まん中にある “r” は全く発音しません。“feb-you-air-ee”と声に出してみると、正しく発音できます。

  • Choir:聖歌隊、合唱団という意味のこの単語、“ch”の部分は chair(椅子、チェアー)と同じように発音するものだと思っていませんか?本当の発音は “qui-or” です。

  • Knife:ナイフ、包丁という意味の単語。発音するときは “k” は無音になります!

では、こういった英語の発音の壁を乗り越えるにはどうすればよいのでしょうか?

難しい英単語の正しいネイティブの発音を聴くことができる、とても便利なツールが2つあるのでご紹介します。

英語‐学習‐壁

  • ForvoForvoはオーディオ辞典です。単語を入力すると、英語のネイティブの発音を聴くことができます。

しかも、Forvoではそのスピーカーがどこの国の人なのかまで分かるんです。アメリカ、イギリス、オーストラリアなど、どんな種類の英語の発音なのかが確認できて便利ですよ。

英語‐学習‐壁

  • FluentUFluentUはネイティブスピーカーから英語の発音やその他のスキルを学べる優れたツールです。映画の予告編や、ミュージックビデオ、感動的なスピーチなどなど、本物の英語の動画を使って自分だけの英語学習をすることができるのです。

単語の発音を知りたいときは、FluentUの検索エンジンで検索すると、その単語が使われた動画が簡単に見つかります。こうすることでリアルで自然な文脈でその発音を聴くことができるのです。

FluentUの動画にはインタラクティブな字幕が付いています。単語をクリックするだけで動画が自動的に一時停止し、ネイティブの発音を聴いたり意味を確認したりできるのです。さらに、動画内の難しいパートを何度も繰り返して練習しやすくする機能もありますよ。

特定の単語を検索するだけでなく、ライブラリ内の動画を色々と観ているだけで新しいボキャブラリーをたっぷり学ぶことができます。動画はジャンルやレベル別にカテゴライズされているので、自分にぴったりのものが簡単に見つかります。各動画では、フラッシュカードや語彙リスト、楽しいエクササイズなど、字幕にとどまらずたくさんの学習ツールが利用できるのも特徴です。

英語の壁その3:実際に英語を話す機会がない

英会話の経験をしっかり積みたい人は、ネイティブスピーカーと実際に話すしかありません。これが本物の英会話を練習する唯一の方法です。ですが、これが難しい理由はいくつかありますよね。

まず、英語圏の国や地域に住んでいるのでもない限り、一緒に練習してくれるネイティブをどこで見つければいいのか分からない人いると思います。

もう一つは英語で話すが怖いということ!英語で文章を思いつくのを会話の相手が待っていたりすると、ものすごくプレッシャーを感じます。

とはいえ、始めは大変でも恐れる必要はありません。

どんな国に住んでいても、プレッシャーを感じずにネイティブと話せる方法はいくつかあります。

英語が使える言語交換アプリ

言語交換アプリは、英語で話したりタイピングしたりする練習をするには最高のツールです。

自宅に居ながらネイティブと会話ができるなんて最高だと思いませんか?着心地のいいパジャマを着たままでも良し、公園のお気に入りの場所に座わるも良し、さらには授業の休み時間にネイティブとアプリでチャットするなんてこともできてしまいます。

スマホ、タブレット、パソコンのいずれかがあれば出来るので、それほどプレッシャーを感じる必要もありません。無料でダウンロードできる人気アプリにはこういったものがあります。

  • HelloTalk音声でも文字でもチャットができる便利なチャットアプリです。翻訳や自動修正機能もアプリ内に付いています。
  • TandemHelloTalkとよく似ているのですが、こちらの方が言語学習の機能が充実しています。プロのチューターを探せるオプションまであるのが特徴です。

Language Voices

英語‐学習‐壁

新しい人に出会うのが好きな人や、ネイティブスピーカーと心地よい環境で会話してみたいという人には、言語カフェがおすすめです!ネイティブスピーカーだけでなく、他の外国語学習者にも実際に会うことができるイベントです。

外国語を教えたり、読んだり、書いたり、仲間に出会ったりもできるリラックスした雰囲気のイベントなので、決して勉強している感じはせず、コーヒーを飲んで楽しい時間を過ごすことができますよ!

Language Voicesを利用すれば自分の住んでいる地域の言語カフェを探すことができます。ビジネス英語、文法、リスニング力などなど、色々なトピックが扱われています。

ここで見つかるもののほとんどはヨーロッパが拠点ですが、アプリを使って自分の住んでいる場所の言語カフェを探したり、自分で言語カフェを立ち上げるのも良いかもしれません!

英語の句読点のルールや、ボキャブラリーや、スピーキングなどを身に付けるのはものすごく大変なことのように思えるかもしれません。ですが、今回ご紹介した方法を試してコツコツ練習を続け、自分に自信を持っていれば、きっと英語学習の壁を乗り越えられるはずですよ!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.