全てのビギナーのための簡単な英語レッスン18

簡単な英語レッスン:ビギナーに最適な18選

流暢な英語を身に付けたいなら、焦らず、簡単な英語レッスンから始めましょう。

赤ちゃんは1歳になると、初めて単語を喋り出します。

2歳になる頃には、その単語量は100程に増えているそうです。

4歳になれば、もう大人と同じくらいの会話のスキルを身につけています!

英語の学習者でも学びの過程は同じです。

つまり、はじめの一歩が一番難しいのです。

だからこそ、はじめから難しいことに挑戦しようと思ってはいけません。まずは、シンプルで簡単な英語レッスンを使って、確実に英語学習の一歩を踏み出しましょう。

そして基本をマスターしてしまえば、その後のスキルは飛躍的に伸びていきます。

ただ問題は多くのビギナーが、自分の学習スタイルやレベルにぴったりのレッスンを見つけられないということです。たとえ素晴らしいレッスンを見つけたとしても、それらは英語学習のほんの一部分にしかフォーカスしていないことがほとんどです。

この記事で紹介するレッスンは、私たちがインターネット中を探して厳選したものです。どれも様々な英語のスキルをカバーした、簡単で役に立つ英語ビギナー向けレッスンです。

英語学習の旅路を始めたばかりの人にとっては、完全保存版になることでしょう。

ビギナーのための簡単な英語レッスン18選

より分かりやすくするために、ここでは英語のレッスンをテーマごとに整理しました。単語、数字、特別な動詞、発音、英語のルールの例外など、様々なレッスンを見つけることができます。

Learn a foreign language with videos

基礎英単語の英語レッスン

基礎英単語を学び始めるには、下記の単語レッスンが最適です。日常生活の中ですぐに英語を使い始められますよ。

もしくは、完璧に自分のレベルと興味に合った単語レッスンを受けたいなら、FluentUがおすすめです。FluentUは、映画のトレーラーやミュージックビデオ、感動的な講演など、実際に使われている英語の動画を、パーソナライズされた英語レッスンの教材へと進化させました。

FluentUにはたくさんの面白い動画が収録されています。下の画像を参考にしてください。

簡単-英語-レッスン

FluentUの動画には、インタラクティブな字幕が付いているので、英語の動画を簡単に見ることができます。どの単語でもタップするだけで、その意味やイメージ画像、役に立つ例文を見ることができます。

簡単-英語-レッスン

例えば、”brought”という単語をタップすると、下の画像が表示されます。

簡単-英語-レッスン

FluentUなら、動画に出てくる全ての単語を学ぶことができます。左右にスワイプして、学んでいる単語の例文を確認してみましょう。

簡単-英語-レッスン

動画は、ジャンルやレベルことに分類されているので、自分にぴったりのものを簡単に見つけることができます。さらにFluentUは、学習中の単語を記憶し、学習済みの単語を元にして、あなたに合った動画を教えてくれます。

ディズニーの大ヒット作『アナと雪の女王』で英語を学びたいですか?それともジャスティン・ビーバーが出てくる面白いCMはどうでしょうか?

パソコンでFluentUのウェブサイトを開いて、早速始めましょう。iTunesストアGoogle PlayストアでFluentUのアプリをダウンロードすれば、さらに便利になりますよ!

How to Learn 100+ English Words a Day

多くの人が新しい単語を、計画もなしにランダムで覚え始めます。新しい単語を聞いた側から、とにかく覚えていこうとするのです。でも数時間立つと、覚えたこともほとんど忘れてしまうのではないでしょうか。単語の習得につまづいてしまうのは、適切な単語を適切な時に覚えていないからです。

このレッスンの単語戦略は、英語学習の過程で必ず役に立つはずです。戦略とは、言い換えれば長期的な目標の達成に向けた計画のことです。

こんな戦略があります:

  • 名詞にも動詞にもなる単語を学ぶ
  • 単語にある複数の意味を学ぶ
  • 自分の母国語と同じような音の単語を学ぶ
  • 同じ語根や語尾を持っている単語を一緒に覚える

これらの戦略を使えば、英単語をもっと早く効率的に覚えられますよ

Vocabulary for the Bathroom

洗面所は、私たちが朝起きてまずはじめに行く場所です。洗面所の周りにある物の名前を知っておくと、意外と助けられることがあるかもしれません。特に英語圏への旅行を計画している人は押さえておきましょう。

この簡単な英語レッスンは、洗面所にあるものを網羅しています。洗面所の外にあるものも少し紹介されています。例えば、tileとは、床や屋根に敷き詰められた石片やレンガのことを指します。また、trash canとは、洗面所の隅に置かれているゴミを入れるもののことです。

このレッスンは画像で、単語が示すものを見ることができます。レッスンの最後には、その単語を練習することができるので試してみましょう。

Classroom Vocabulary

多くの場合、英語学習者は授業で英語を学び始めます。またこれから学校や大学で学び始めるという人もいるでしょう。教室の中にある物の名前を知っておけば、リラックスして、自信を持って授業に臨めるかもしれません。

このアニメ動画は、黒板や教科書など、教室の中でよく見る物の名前を教えてくれます。それぞれの単語のスペルと発音も学べます。単語を学ぶと同時に、リーディングの基本練習にもなるのです。

When to Use “Good” vs. “Well”

この簡単な英語レッスンは、ある特定のトピックにフォーカスをしています。それは”well”と”good”の違いです。

これはネイティブであっても混乱してしまうことがあるのです!

誰かに今日の調子を聞かれたら、どう答えますか?

一般的な答えは二通りあります。

“I am good.”

“I am well.”

この2つの返答はどちらも合っているので、多くの英語学習者は同じ意味だと思っているようです。しかし、“good”という単語は形容詞で、名詞を説明したり修飾したりします。一方“well”は副詞なので、動詞を修飾しているのです。

他の文章で見ると、この違いはよりはっきりします。例えばピザは”good”ですが”well”ではありません。また歌うことが”well”なのであって、”good”ではないのです。

この動画は、“I am good” と “I am well” の違いを説明しています。さらに、他のいくつかの状況の中でこれらをどう使うかも教えてくれます。

Environment Vocabulary

environment(環境)とは自然全体のことです。宇宙の環境を指すこともあれば、ある特定の地域環境のことを言う時もあります。このレッスンでは、環境についてのトピックに関連する基本的な英単語を学ぶことができます。

今、世界は大きな環境の危機を迎えています。このテーマは日常的な会話の中でも、かなり一般的になってきました。単語は学術的で難しく聞こえるかもしれませんが、ネイティブの人たちはカジュアルな場でも環境に関する単語を使います。

例えば、企業の広告で sustainability (持続可能性)という単語を見たことがあるかもしれません。また green movement (緑の運動)というフレーズは、政治政党が宣伝に利用して以来よく知られるようになりました。

この動画レッスンは、会話の中で必要となる環境用語を教えてくれます。

英語の数のレッスン

数は使い方が限られているので、比較的学ぶのが簡単です。意味は一定で、文化ごとに変わることもあまりありません。

数字を母国語から英語に翻訳したり、理解したりすることは、楽にできるでしょう。また、例え英語を使って数学を習っていなかったとしても、基本的な数字の英語名は教えられていることが多いのです。

しかし数字は、文章の文脈と繋がりがないので、覚えるのが難しくもあります。下記の簡単な英語レッスンは、英語の数字を学び始めた人にとっては完璧な内容です。

How to Count

この動画では、1から100までの数え方を英語で教えてくれます。英語の数をまだ知らない人は、この動画から始めるといいでしょう。

誰でもいきなり全部の数字を覚えるのは難しいことです。1日に10個の数字を覚えるようにすれば、動画を再生するごとに、前回の数字の復習ができます。そしてさらに、次の10個の数字を覚えるようにしましょう。

この動画は速いので、必要があればオーディオを少し遅くしてください。画面下のギアアイコンをクリックすれば、スピードを変更できます。

動画を再生している間は、インストラクターの口の動きに注目し、数字をどう発音しているか見てみましょう。アクセントも同時に学べますよ。

The Big Numbers Song

音楽を使って学ぶことが好きなら、この動画がオススメです。ナレーターは音楽のリズムに合わせて、数字の名前を上げていきます。

この動画は、先ほどのものよりペースがゆっくりなので、英語を学び始めたばかりの人に向いているかもしれません。

ただ、インストラクターの顔が動画に映らないので、発音する時の口の動きを見ることができません。はっきりと発音を学びたいビギナーの人にとっては、少しハードルが高いかもしれません。

Basic Math ESL Vocabulary Lesson

これはおまけのようなものです。数字も出てきますが、メインは数学記号です。

プレゼンターが記号の名前と意味を説明してくれます。

このレッスンは将来、技術的な分野に進むことを考えている人にとって最適でしょう。でも、このレベルの数学の知識は持っている人も多いので、ここで紹介される基本的な記号の名前を英語で言えるようになることは、全ての英語学習者にとっても大切です。

助動詞と句動詞についてのレッスン

Be, Do and Have

助動詞と聞くとなんだか複雑そうな気になりますが、実際には英語の中におけるその役割はシンプルです。それは“helping verbs”とも呼ばれているように、文章中の主要な動詞を助けるのです。

Do、be、そしてhaveは、英語の助動詞の中で最もよく使われています。このレッスンでは、カジュアルな英語の中でどのように助動詞が使われているのか、深く説明してくれます。

インストラクターは多くの時間を割いて、これらの動詞の異なる形を説明します。またいつ短縮形を使うのか、いつ文章の中から動詞が不在になるのか、などについても学べます。

この動画は、完全なビギナーの人に便利でしょう。それぞれのセクションには例文がついていて、また重要な単語は赤で書かれています。動画中に例文が出てきたら一時停止して、その中で規則がどう使われているのか理解しましょう。

理解できなかった時は、セクションの始めに戻り、インストラクターの説明をもう1度聞いてみてください。

No More Mistakes with Modals!

方助動詞とは、助動詞の特別な形で、必要性や可能性を表現します。must、should、can、will、mayなどが方助動詞です。

この簡単な英語レッスンでは、これらの動詞を学ぶ時に起こりがちな3つの間違いを教えてくれます。また例文を示して、方助動詞の正しい使い方、間違った使い方を教えてくれます。

レッスンが終わったら、このクイズで能力テストをしましょう。文法を理解できているか確認できますよ。

Phrasal Verbs: A New Way to Learn Them

次の文章の共通点は何でしょうか?

“The car broke down in the middle of the road.”(道の真ん中で車が壊れた。)

“The teacher asked Tom to turn off his phone.”(先生はトムに携帯の電源を切るよう指示した。)

“I will drop off your book at your house today.”(今日、君の家に本を置いていくよ。)

これら3つの文章は、動詞と前置詞、もしくは副詞を組み合わせた句動詞という特別な句を使っています。

句動詞は通常、とても学ぶのが難しいものです。この動画レッスンでは Dawn Severenukが、よくある間違いを回避する便利なコツを教えてくれます。

句動詞を全て覚えようとするのではなく、Dawnは、前置詞と副詞に注目することを勧めています。句動詞の中で動詞は、文章の文脈によって意味が変わってくるのです。

しかし副詞と前置詞は、基本的にどの句動詞であっても意味は同じです。例えば、”up”という単語は、その後の動詞が何であっても、何かを終えることや完成させることに関わります。

この簡単なテクニックで、句動詞の意味が掴みやすくなるので、ビギナーにとって大きな時間の節約になります。自信がなれば、句動詞エクササイズでスキルをテストして見ましょう。

簡単な発音レッスン

英語の文字と音の関係は、英語を学び始めた人にとって、いつもミステリアスなもののようです。英語の発音のルールはごちゃごちゃして見えますが、単語の音を知る方法がないわけではありません。

これらのレッスンでは、英語の発音の基本的な知識を得ることができます。簡単な単語を正しく発音することから始めましょう。

My Pronunciation Secret for Difficult Words

英語を発音する時、日本語と同じように発音していませんか。もしくは違うことは分かっていても、ネイティブの人のアクセントを聞き取ることが難しい時はありませんか?

私たちは、日本語の話し方に慣れてしまっています。だからこのような問題は、多くの言語学習者が持っているのです。

この簡単な英語レッスンではプロの俳優や、言語の先生が使う、バックチェイニングと呼ばれるテクニックを学ぶことができます。バックチェイニングは、単語の一番最後の音をまず発音し、後ろから頭に向かって単語を発音していきます。

こうすることで、単語の中の1つ1つの音を理解することができるのです。また英語の中にある共通の音のグループも分かってくるはずです。

Learn English Like a Baby

自分の母国語を学び始めた時のことを覚えていますか?おそらく覚えていませんね。

なぜなら私たちは、子供の時に言葉を自動的に覚えていくからです。この動画では、赤ちゃんが言葉をどのように話せるようになるのかを検討し、それから第二外国語として英語を学ぶ人が真似できる、3つの過程を説明します。

動画を見れば分かるように、赤ちゃんはまず単語の強弱や感覚を覚えるようです。そうすることではっきり喋れるようになる前から、自分のことを表現したりコミュケーションを取れるようになるのです。

また赤ちゃんは、他の人が話している時の口の動きを観察し、それを真似します。

この動画では、これらのことを発展させ、赤ちゃんのように英語を自然に学ぶための方法を伝授してくれるのです!

How to Pronounce Difficult Words in English

全体的な戦略を持っておくことも大切ですが、常に大きな課題となるのはそれぞれの単語をきちんと発音することです。

このレッスンでは、ビギナーがつまずく7つの単語を紹介しています。インストラクターは単語1つ1つを発音し、それぞれの音や強弱にフォーカスして説明してくれるのです。

この動画を見れば、英語のスペルと発音の関係がある程度分かるようになります。英語の発音にはパターンがあるのです。また上級英単語を覚えていく時にも、この動画がよい一歩となるでしょう。

How to Pronounce “Ough”

英語の発音の複雑さを示すには、”Ough”という単語ほど適切なつづりのものはないでしょう。ほとんど全ての言葉ごとに、言い方を変えなければいけないのです。

発音がどのように、いつ変わるのか、この動画を見れば掴むことができるはずです。また普段の単語練習の時にも使用できる例文がたくさん紹介されています。

Rules to Pronounce Silent Letter Words with “B,” “C” and “D”

この動画では英語の最もイライラするような側面の1つにスポットを当てています。それは、文字1つ1つの音と組み合わせに何時間も費やしてきたのに、急に発音しなくてもいい文字が単語の中に出てくるということです。

このレッスンでは、どのような時にBやC、Dを発音しなくていいかが分かるように、いくつかの共通のルールをあげます。

例えば”crumb”や”bomb”のように、Bが単語の最後にあって、その前の文字がMの時、Bは通常発音しません。

このように発音しない音が英語にたくさん出てくるのは、その言語の歴史に関係があります。今このパターンを学んでおけば、後の英語の学習がとても楽になるはずです。

英語のルールの例外に関するレッスン

英語という言語は驚きに満ちています。なぜならどの文法にも例外があるからです。

そんな例外に備えておくために、このセクションをご用意しました。

A/An: Exceptions to the Rule

“Mary offered Tom a banana. But Tom wanted an apple instead.”
(メリーはトムにバナナをあげようとした。けれどもトムはリンゴを欲しがった。)

こんな文章を見たことがあるでしょう。”a”という冠詞は、子音で始まる単語の前につきます。”an”は母音で始まる単語の前につくのです。

ほとんどの場合は…

このレッスンでは、このような冠詞にまつわる例外を学ぶことができます。ネイティブのような自然な英語に近くはずですよ。

Stative Verbs in the Continuous Form

状態動詞とは何か知っていますか?

状態動詞とは動作(runなど)を表現するのではなく、感情や関係、考えなどの状態を表現するものです。

それらの単語は、進行形で使われることはあまりありません(”ing”で終わる単語のことです。runningなど)。

しかし状態動詞は、このルールを破ることがあります。特にイディオムやフレーズの中で例外が起こりやすくなります。“It’s really weighing on my mind”(あのことが気にかかって悩んでいる)というイディオムや、マクドナルドの有名な宣伝文句“I’m lovin’ it”(lovin’lovingを短くしたものです)も、その例の1つです。

この動画では、このようなタイプやその他の例外を学ぶことができます。

 

ここで紹介した簡単な英語レッスンを見て、英語の基本をマスターしたら、次は上級英語レッスンの完全リストを見てみてください。練習を続けることが、流暢に英語を話せるようになるための唯一の道なのです。


Dhritiman Rayはフィクション、詩、ノンフィクションのライター。教育や心理学、ライフスタイルの分野を専門にしている。著者についてもっと知るにはここで。

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.