学術英語コース

アカデミック英語をオンラインで学ぼう:おすすめコース10選

アカデミック英語をオンラインで学ぶことのできる英語コースを受講してみましょう。

近々、大学進学を予定していますか?

もしくはすでに大学生の方、大学レベルの英語に苦戦していませんか?

アカデミックな英語のスキルを向上させるといいかもしれません。

学術英語日常英語は少し違います。

アカデミックな英語はよりフォーマルで、上級英単語を多く使います。

大学ではレポートを書いたり、研究レポートを出したり、文学批評をしたり、教科書を読み込んで理解したりと、様々な場面において必要になるでしょう。

つまり、大学では日常英語とは違う英語を特別に勉強しなければいけません。ただし、ありがたいことにアカデミックな英語を学ぶために、わざわざどこか遠くへ行く必要はありません

アカデミック英語をオンラインで学ぶことができるのです。

オンライン上で受講できる学術英語コースを使えば、家にいながらでも学びを進めることができます。そして意外にも、オンライン上にはたくさんのオプションがあるのです。

さあ、あなたにぴったりなオンラインコースを探しましょう!

アカデミック英語のオンラインコースを受けるべきか?

大学では英語を使う場面が限りなくあります。文章を読み、クラスで議論をし、そしてレポートを提出する。学術的な英語のスキルを向上させたい時、オンラインのアカデミック英語コースは手軽で、確実に助けとなるでしょう。ただしコースを有効活用するには、いくつかの注意が必要です。

アカデミック英語のオンラインコースは次のような方におすすめです。

  • 英語の中級者から上級者である。ほとんどのアカデミック英語コースは、英文法、構文、語彙の基本的な知識を前提としています。
  • アカデミック英語オンラインコースを受ける時間がある。コース受講のためには時間を確保しなければいけません。スケジュールに空きはありますか?
  • もうすぐ大学進学を予定している(もしくはすでに大学生である)。フェイスブックの投稿に学術英語は必要ありません。大学や専門機関、いくつかの特別な仕事以外の場面で学術英語が使われることは稀です。このような場所に行くことを考えていないのであれば、アカデミック英語ではない英語を学んだ方がいいかもしれません。
  • 1人で学習している。アカデミック英語オンラインコースには講師がいる場合もありますが、一対一の指導を受けることは通常できません。完全に自分でペースを決めながらコースを受けなければいけないものもあります。チューターがいたり、自習することに慣れている方は、オンラインコースに向いています。

この4点のどれかに(もしくはそのほとんどに)当てはまる方は、オンラインコースでアカデミック英語を勉強できるはずです。自信のない方でも、まずは挑戦してみましょう。多くのコースは無料なので失うものは何もありません!

学術英語と同時に全ての英語スキルをバランスよく伸ばしたい方には、FluentUがおすすめです。FluentUでは、実際に英語圏で見られている魅力的な動画を使って、実践的な英語を学ぶことができます。映画のトレーラーやミュージックビデオ、面白いCM、感動的な講演など、興味深い動画が盛りだくさん!

全てのFluentUの動画には、インタラクティブな字幕が付いています。どの単語でも、クリックするだけでその意味や例文を確認することができます。さらに、動画に付属されたクイズやフラッシュカードを使って、効果的に単語学習を進めましょう。

iOSAndroidのFluentUアプリをダウンロードすれば、時間や場所にとらわれることなく、自由に動画を使った英語学習が可能になります。

もう英語の勉強で退屈することはありませんよ!

始める前に:オンラインでアカデミック英語を学ぶ際のヒント

オンラインのアカデミック英語コースを受ける際のヒントをお伝えします。1人で受けるにせよ、講師や他の学生と受けるにせよ、このヒントが必ず役に立つはずです。

  • スケジュールを組もう。オンラインコースの授業時間は様々です。週2時間のコースあれば、もっと長いものもあります。自分の受けるコースの授業時間を調べ、自分のスケジュールのなかに組み入れることができるか考えましょう。
  • ペースを決めよう。コースのスケジュールに沿って勉強しますか?それとも自分のペースで進めますか?
  • 自分の学習スタイルに合わせてコースを選ぼう。動画を見ながら勉強することが好きならば、FluentUのように動画を使っているコースを選びましょう。ライティングが好きな方や、リーディングを通した学習の方が頭に入りやすい方など、スタイルは様々です。自分に合ったコースを選ぶと良いでしょう。
  • 自分の英語レベルに合わせてコースを選ぼう。オンライン上のアカデミック英語コースは、全て同じ英語レベルに合わせてデザインされているわけではありません。教材の理解だけで精一杯になってしまっては、そこでの学習の効率も上がらないでしょう。適度に難しく、ストレスにならない程度のコースを選びましょう。
  • 焦点を絞ろう。学術英語においてあなたが伸ばしたいのは何でしょうか。書く能力ですか、話す能力ですか、それとも読む能力ですか?それぞれのコースがどこに焦点を当てているのか、考えるようにしましょう。

オンラインでアカデミック英語コースで学びたいことを定め、学習計画を立てたら、その目的にかなったコースを早速探しましょう。

オンラインで受けるアカデミック英語コース10選

1. Academic English Online  マクミラン・イングリッシュ

制限:なし

価格:1コース $22-$27

マクミランの教科書をご存知の方もいるかもしれません。マクミランのオンラインコースは、彼らの教科書のフォーマットに則っています。これは「コース」というより、携帯などからアクセスできる、教科書・教材を集めたものを使って、自己学習を進めるためのものです。実際の英語教師や学生が使っている教科書を利用することができます。

2. Academic English  オープン・ラーニング

制限:誰でも参加できますが、ウェブサイトにアクセスできない場合は、ブラウザのロケーションを「不特定」または「US」(その方法について)に変更する必要があります。

価格:無料

この無料オンラインコースは主にアカデミック英語のライティングにフォーカスしています。しかし、同時にスピーキング、リーディングを学ぶこともできるでしょう。学習プランの立て方まで教えてくれるので、これから大学に入学する方や、すでに大学生となり授業で苦戦している方にとっては最適です。他のコースを受講している1000人以上の英語学習者と知り合いになれるチャンスもありますよ。

3. Academic English: Writing  コーセラ(Coursera)

制限:毎月コースが繰り返されます。クリミア、キューバ、イラン、スーダン、シリアからの学生には制限があり、登録できない可能性があります。

価格:5コースセットで$310。1コース$69(奨学金制度あり)。

コーセラでは、5コースセットも提供されており、大学の授業のためのリサーチペーパーを書く方法を学ぶことができます。5コースすべてのプログラムを履修してもいいですし、興味のあるコースを1つ受講してみるのもいいでしょう。

4. English for Academic Purposes Online  オープン・ユニバーシティ

制限:コースは定期的に開講されているわけではありません。現在は登録を受け付けていないので、開講されるのを待ちましょう!

価格:約1852ドル。高額な理由は、このコースの単位が所属大学の単位として認められる可能性があるためです。(受講を開始する前に、自分の大学に単位が認められるか確認しましょう。)

このオンラインアカデミック英語コースは、自習とチューターによる指導の両方から成っています。一人一人の生徒にはチューターが付き、コースを終えるまでのサポートをしてくれます。リーディングとライティングの量が多いこと、またスピーキングとリスニングの課題が課せられることを覚悟しておいてください。ペーパーを書く練習から他大学と連絡を取り合う方法まで、このコースでは学術英語が必要となる様々な状況が想定されて作成されています。

5. How to Write an Essay  カリフォルニア大学バークレー校

制限:登録期間がはっきりと決まっています。コースの教材はいつでも使うことができます。

価格:無料

カリフォルニア大学バークレー校が提供しているオンラインコースを受講して、アメリカの大学での勉強を体験してみましょう。このコースでは(こちらをご覧ください)、学術目的のエッセイの構成、編集方法が学べます(書いたエッセイは他の学生によってレビューされることもあります)。指定された期間にクラスを受講し、講師からアドバイスを得たり、学生コミュニティーに入ったりと様々な特典を利用しましょう。コースの教材を使って、いつでも好きな場所で学習を進めることができます。

6. Academic English Online  ロンドン・クイーン・メリー大学

制限:なし

価格:無料

イギリスの大学で学べる機会はそう多くありません。嬉しいことに、クイーン・メリー大学はアカデミック英語コースの1つをオンラインで誰でも履修できるようにしました。コースには先生や他の生徒はいませんが、インタラクティブなエクササイズで、英語の練習ができるようになっています。アカデミックな環境におけるライティング、クリティカル・リーディング、スピーキング、そして文法のスキルを学びましょう。個人的なチューターがいる人には最適なクラスです。

7. Introduction to Writing Academic Prose  ユタ州立大学

制限:なし

価格:無料

このアカデミック英語のためのオンラインコースは、ユタ州立大学が無料で提供しています。講義に沿って、課せられる宿題をこなしていきましょう。リーディングやライティングの量が多く、個人的な指導はあまりないので、チューターがいる人の方が修了しやすいかもしれません。コースを終える頃には、1つのトピックについて分析したり、書いたりできるようになるはずです。

8. Academic Writing  エディンバラ大学(上級者向け)

制限:なし

価格:無料

このコースでは、1年目のレポート(大学での1年目の分析)の書き方や、高度な研究論文の書き方の資料などを見ることができます。このコースは、ある程度英語ができる人に向けてデザインされているので、英語で論文を書くことを必要とされる大学院などへの出願を考えている人によいでしょう。

9. Research Writing at English Online

Restrictions: None.

Price: $139.

This course teaches students how to write a good research paper. The lessons show how to put together a well-organized paper, how to create good paragraphs full of relevant information, and how to edit and revise your paper. At the time of this writing, the course descriptions seem broken, so keep an eye on the site for an update.

9. Research Writing  イングリッシュ・オンライン

制限:なし

価格:$139。

このコースは、リサーチペーパーの書き方を教えてくれます。よくまとめられたレポートの書き方、重要な情報を漏らさずに文章を書く方法、またペーパーの編集、校正の仕方を学べます。現時点では、このコースに関する説明ページが閲覧できなくなってしまっていますが、随時確認してみましょう。

10. College Readiness   ブロワード・カレッジ(初級者向け)

制限:出願期間が短いので注意しましょう!

価格:無料

もし、ここまでご紹介したアカデミック英語コースが少し難しそうだという方は、このコースを試してみて下さい。大学入学を準備している人のために、英語のリーディング、ライティング、そして数学を教えてくれます。自分でコースを進めていくことができるので、数学は無視して、2つの英語セクションに集中しましょう。文学作品をどう読み、分析するのか、よい文の構成方法、文をまとめてレポートを仕上げる方法などが学べます。

さて、アカデミック英語をオンラインで学ぶことのできるコースはたくさんあります。これさえあれば、大学レベルの英語を学ぶために、わざわざどこか遠くへ行く必要はありませんね。

ここでご紹介したアカデミック英語オンラインコースを1つでも履修すれば、大学レベルのライティングやリーディングに恐れることはなくなるはずです!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Enter your e-mail address to get your free PDF!

We hate SPAM and promise to keep your email address safe

Close