学習-英語-インスタグラム

インスタグラムを使って楽しく英語を学ぶ6つの方法

みなさんが最後に絵はがきを受け取ったのはいつですか?

ひと昔前には、絵はがきは色んな場面で使われていました。

兵士が戦場の写真を家族に送ったり、

旅してまわった所の写真を友達に見せて自慢したり。

1840年に遡ると、なんと絵はがきは世界初の通信教育 にも使われていたようです!

今ではほとんど使うことのない絵はがきですが、実はオンラインに似たようなものがあります。

そう、インスタグラムです。

インスタグラムは絵はがきと同じく、友だちや家族に自分の生活について伝えるために、写真に文章を添えて使われています。中には教育的な情報を投稿している人たちもたくさんいます。美しい写真を眺めながら文章を読むだけで、たくさんのことが学べてしまうのです。

Twitter を始めとするソーシャルメディアを利用して英語力を伸ばす方法については以前からお伝えしてきました。今回の記事では、インスタグラムを使って英語学習をレベルアップさせる方法について見ていきましょう。

インスタグラムとは?

インスタグラムは2010年にサービスを開始したSNSです。主にユーザーは写真や短い動画を友人や公に公開します。Apple製品のアプリとして登場し、後にアンドロイドにも拡大しました。

現在では、インスタグラムには8億人ものアクティブユーザーがいるとされています。そのため、英語を話したり学んだりしている人たちと交流するには最適なプラットフォームとなるのです。写真や動画が主体となっており、言葉が分からなくても楽しんだり理解したりできるため、色々な学習レベルや背景の人たちがアクセスできるのが特徴です。

インスタグラム上で交わされる会話を上手く利用すると、写真と結びつけて言葉の意味を簡単に学ぶことができ、語学力をアップさせるのに最適の方法となるでしょう。

知っておきたいインスタグラム用語

  • フィード:フィードでは、あなたがフォローしている人たちの投稿した写真や動画を見ることができます。一般的には最新の投稿が一番上に載るようになっていますが、「いいね」やシェアの回数によって順番が変わることもあります。
  • ハッシュタグ:記号の#に言葉を付けて、他のユーザーが類似のコンテンツを探せるようにします。トピック名や短い説明のようなものと捉えてください。単語ひとつのこともあれば、完結した文章であることもあります。例えば、#nofilter (#ノーフィルター)、#picoftheday (#今日の写真)#fashion(#ファッション)などです。ご覧の通り、単語の間にスペースは空けず、(一般的には)大文字は必要ありません。
  • プロフィール写真:この写真は自分のアカウントに添付するもので、オンラインの顔ということになります。自分の写真を使う人が多いのですが、どんな写真を選んでもかまいません。なお、プロフィール写真は小さい円形にカットされるので注意が必要です。
  • キャプション:アップロードした写真や動画の下にあるのがキャプションです。本来はシェアした写真の説明文を書くところとなっており、関連のハッシュタグを付けることろでもあります。ウェブページや他の投稿へのリンクを貼ることもできます。
  • タグ付け:SNSにおけるタグ付けとは、写真やキャプションなどに他の人のプロフィール名を記載することを指します。インスタグラムではたくさんの使い方があります。投稿したい写真に友人が写っている場合、この写真に友人をタグ付けして他の人にこれが誰なのかを知らせることができます。
    自分が誰かにタグ付けされると、アカウントでその知らせを受け取ります。また、タグ付けはコメント欄で返信相手を特定するときなんかにも使えます。誰かをタグ付けしたければ、相手のプロフィール名の前に@マークを付けましょう。例えば@instagramと入力すると、インスタグラムの公式アカウントをタグ付けすることができます。
  • Bio:誰にでも見られる、自分のプロフィールをごく簡単に説明する欄です。自分や会社のことを紹介したり、インスタグラムで交流する人たちに向けてのひと言を載せることもできます。
  • フィルター:フィルターとは写真を加工できる機能のことで、これはインスタグラムが人気になった理由の一つでもあります。こういった加工機能を使うことによって、写真をモノクロにしたり、顔に眼鏡を付けたりすることもできてしまいます。
  • ストーリー:比較的新しいインスタグラムの機能です。ストーリーとは24時間で消える投稿のことです。メインの投稿は上下にスクロールして見るのに対し、この機能は左右にスワイプすることで、まるでスライドショーのように見ることができます。また、インスタグラムではストーリーに落書きしたり、文章や絵文字を加えたりすることもできます。

さらに幅広いインターネットスラングに関しては、こちらの記事をご覧ください。

インスタグラムを使って楽しく英語を学ぶ6つの方法

1.英語学習に特化したアカウントをフォローする

SNSでは世界中の人々が交流しているため、英語学習に特化したアカウントがあるのは当然のことです。こういったアカウントはモチベーションを保つのに役立ち、定期的にアクティビティやボキャブラリーの問題が出されたり、さらにはコメント欄で質問にも答えてもらえることもあります。

もちろん、今回ご紹介するアカウント以外にも外国語学習を手伝ってくれる先生は見つけることができます。こういった人たちは積極的にフォロワーを探しており、アカウントは学習に役立つ内容でいっぱいです。#englishteacherというハッシュタグを使って、世界中のチューターを探してみてください。コメントやメッセージ機能を使ってこういった人たちと交流してみましょう。私の経験では、こういった人たちは喜んで疑問を解消してくれたり、英語学習に関するコツなどを教えれくれたりするものです。

インスタグラム外にも発展することのある英語学習のコミュニティを探すには、これらは全て最適な方法です。インスタグラムは写真を共有するのが主となっているため、日常生活について投稿する人が多いものです。外国語学習者ならば、学習パートナーを見つけるだけでなく、友だちを作っておもしろい会話を楽しむためにはぴったりの方法なのです。

それではチェックしておきたい役立つアカウントをご紹介します。

English Tea Break

こちらのアカウントは英語講師ナタリー・クリスティンによるもので、英語のイディオムやよく使われるフレーズなどの画像が投稿されています。

英語のフォーマルなイディオムから、“warm fuzzies”(幸福感、満足感、感傷)などのくだけた表現の頻出フレーズまで網羅されています。このアカウントではキャプションでの説明に“reprimand”(叱責する、懲戒する)などの難しい単語も使われることがあるため、中級から上級の学習者向きのアカウントです。

オンラインでよく使われる頭字語に関する投稿は、インスタグラム上でも稀に見るとても役立つ内容です。

BBC Learning English

国際的な放送局であるBBCは、オンライン上の様々な場で積極的にユーザーに貢献しようとしているようです。この試みは英語学習プログラムに始まり、すでにその分野では良い評判を得ています。

このアカウントではたいていキャプションにエクササイズを載せた画像が投稿されており、コメント欄には答えを書き込めるようになっています。リーディングや、リスニング、文法、語彙などの練習にぴったりです。また、正しい答えは別のリンクで見られるため、すぐに自分の答え合わせができます。

この投稿では、“steal someone’s thunder”(手柄を横取りする)というフレーズの意味をロンドンで街角インタビューする短い動画が見られます。キャプションには、知識を試せるクイズのリンクも貼ってあります。このように英語学習に役立つ材料が揃っているのが、このアカウントの良いところです。

English Teacher Joe

このアカウントは英語講師ジョー・クロスマンによって運用されています。上記2つのアカウントとは違って、統一感のない画像ではなく彼自身が撮った写真が使われているため、個人のアカウントという雰囲気があります。

ほとんどの投稿は穴埋め問題です。こういった投稿には複数の画像が使われており、そこで正しい答えや、解説なども見ることができます。さらに、選択肢すべての正しい用法もリストにして載せてあります。

また、短い動画で練習問題が出されて、フォロワーがコメント欄で解答するというパターンもあります。そういった場合には彼が一人ひとりの解答を確認し、間違いを修正してくれます。

彼はフォロワーと交流するのが好きなようで、もっと会話しようと促してくれることもあります

English Without Tears

こちらはユーモアと真面目なコンテンツが合わさったアカウントです。ガブリエラ・トレンズによって管理されており、様々な種類の投稿を見ることができます。

英語学習に関する間違った考えについての面白いジョークなんかが投稿されていることもあります。

かと思えば、シンプルで実用的なイディオムや単語、文法のリストが載っていたりもします。こちらの間接話法を直接話法の違いを示す表などのように、色々な参考資料も見ることができます。

また、あるトピックに関して例を用いながら話す短い動画レッスンもあります。

English Outside the Box

講師のジェニファー・ナシメントと、彼女の家族が登場するアカウントです。公私の生活に加えて、英語学習のエクササイズが必ず載せてあるので、ジェニファーの日常生活を垣間見ながら英語の勉強をすることができます。

ほとんどの投稿は、描写されているものを推測してコメントで答える推測ゲームです。また、リスニングチャレンジの動画やフォロワーが参加できるアクティビティも投稿されています。

2. 短い詩を読む

小難しい単語や文化的背景のある比喩が用いられていることも多い詩は、ネイティブスピーカーでさえはっきり理解できないこともあり、英語学習者にとっては読むのに苦労するものです。出版された詩の中には易しいものもありますが、その数は少なく、子ども向けであることも多いのです。

インスタクラムはシンプルな良い詩に出会える数少ない場です。作者は小さな画像を使って投稿しないといけないため、こういった詩は一般的に短いことが多いようです。そのため、英語学習者でも混乱したりイライラいしたりせずに詩を味わえるというわけです。

ここではインスタグラムでおすすめの詩のアカウントを見ていきましょう。

Rupi Kaur

ルピ・カウルはインスタグラムで大成功を収めたうちの一人です。インスタグラムで宣伝された彼女にとって初めての詩集“Milk and Honey”は、なんと200万冊以上もの売り上げとなり、以来有名な詩人となりました。ルピは定期的にオンラインで詩を公表しており、熱狂的なファンたちがフォローしています。彼女の詩のほとんどは4~5行で、恐れや、欲望、不安など、彼女の人生のことが綴られています。

詩の中で表現されている感情はとても一般的なもので、理解するのは決して難しくありません。彼女の作品についてのコミュニティも作られたため、オンラインでもオフラインでもたくさんの人と深い会話を楽しむことができます。こういった場を利用すると、英語力をアップさせる良い機会となるでしょう。

Atticus Poetry

学習‐英語‐インスタグラム

アティカスの詩は、ルピのものに比べると直接的な表現で飾り気がありません。1~2文がたくさんの行に分けられた詩が多いため、英語の超初心者にとっては良い手始めとなるかもしれません。彼の詩のテーマは愛や失恋の痛みです。アティカスの詩集“Love Her Wild: Poems” はグッドリーズチョイスアワード2017にノミネートされました。

Tyler Knott

写真家であり詩人でもあるタイラー・ノット・グレッグソンは、ロマンスがテーマの詩を書いています。彼の詩は比較的長く、普段からある程度の長さの文章を読む中級の学習者には理想的です。彼の詩は穴埋め問題にもぴったりです。画像をプリントアウトして難しい単語を全て覚えたら、マーカーで消して正しい答えを書き出してみましょう。

Makeblackoutpoetry

このアカウントでは詩に対するとてもユニークなアプローチがなされています。詩には既存の文章が使われており、クリエイターによってその一部が消されています。そこに残った言葉が詩になっているのです。

他とは違って、このアカウントでは一人が詩を作っているのではありません。コミュニティの協力でできており、キャプションに#makeblackoutpoetryというハッシュタグを付けて投稿すれば、誰にでも詩を提出することができます。

また、単語を別の文脈や文章で使うことでその理解力を試すことができるユニークなエクササイズも出題されています。

3. キャプションチャレンジをしてみる

インスタグラム界では有名なアクティビティです。キャプションチャレンジとは、#captionthis(キャプションを付けて)というハッシュタグを使った投稿のコメント欄に、写真に合った面白くて絶妙なキャプションを考えてコメントするという大喜利のようなものです。こちらの投稿はその良い例です。

英語学習者ならば、言葉のヒントなしで写真を描写してみたり、自分の知識を使って写真に関する感想を表現してたりしてはいかがでしょうか。コメント欄を読めば、コメントと写真とのつながりが理解できなかったとしても、一つの写真に対してどれだけ沢山の表現ができるか見てみることができます。

他の人の考えたキャプションの意味が理解できなければ、ためらわずに相手に質問してみましょう。英語を学んでいると伝えれば、ほとんどの人は喜んで教えてくれるはずですよ。

4. 英語圏の有名人をフォローする。

ソーシャルメディアは好きな有名人の日常を垣間見れる場でもあります。これを利用して英語力を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

ハリウッドやその他の英語圏のセレブは、インスタグラムのアカウントをもっていることが多いものです。中には毎日写真を投稿したり、ファンのコメントに返信したりする有名人さえいます。

ライティングの練習として、好きな有名人をフォローし、毎日彼らの投稿にコメントを一つ書き込んでみましょう。なにも何行も書く必要はありませんが、単語をたった一つではいけません。投稿する前に正しい文法で書けていることを確認し(グラマーチェッカーを使ってもOK)、学習パートナーに意味が通じるか確認してもらっても良いでしょう。

セレブは日常生活の短い動画を投稿することもあります。こういった動画はファンのお楽しみであるだけでなく、語学学習にも大いに役に立つのです。

インスタグラムをフォローできる人気セレブには、テイラー・スウィフトミリー・ボビー・ブラウンニック・ジョナスなどがいます。これらのセレブたちは頻繁にインスタグラムを利用しており、ファンと交流することもあります。

5. 勉強になるコンテンツを楽しむ

英語の学習は文法や語彙の勉強にとどめるべきではありません。興味のある分野について学び、賢くなるついでに、英語力を伸ばすことだってできるのです。

ここでは、写真と併せてためになる内容を提供している人気アカウントをご紹介します。

National Geographic

見事な写真を多用した科学雑誌ナショナルジオグラフィックには、とっても綺麗なインスタグラムのアカウントがあります。ここでは写真に合わせて長い説明文が投稿されています。オンラインで雑誌のようなものを読みたければ、このアカウントをチェックしてみてください。

自然や文化が大好きな人なら、きっとお気に入りになるはずです!

NASA

言わずと知れたアメリカの航空宇宙局です。宇宙やロケットの写真に加えて、あまり知られていない事実をキャプションで読むことができます。毎日ひとつは投稿されているため、これを利用するとたっぷり英語の練習ができるはずです。

WTF Fun Facts

他のアカウントとは違って、ためになる内容が画像によって投稿されています。たいていの投稿では、おもしろい事実が1~2行で書かれており、関連する写真が付け加えられています。使われている言葉はシンプルで文章も短いため、中級程度の学習者にぴったりのアカウントです。

History In Pics

歴史的な重要性のあるユニークな写真が見たいなら、このアカウントを要チェックです。写真が人気になった時代である20世紀の内容が中心となっています。説明文は1文だけであることが多く、初心者にとってはリーディングの練習に役立つかもしれません。

6. 笑えるミームを見つける

ミームとは、インターネット中に拡散された、思わず笑ってしまうような文が添えられた画像のことです。インスタグラムでは写真が中心のため、たくさんのアカウントで面白いミームが投稿されているのも当然です。

特にくだけた英語を学んでいる人にとって、ミームはサッとリーディング練習することができる最適な方法です。ひとつのミームには4~5単語ほどしか使われておらず、とても面白いのが特徴です。

#memestagramなどのハッシュタグを利用すれば、インスタグラム上の様々なミームを探すことができます。さらには、#grammarhumorというハッシュタグを使えば、英語の文法に関するミームを見ることができます。ミームが理解できないことがあれば、ためらわずにコメント欄で質問してみてください。

定番の猫や犬のミームが好きな人は、catmeme.sdogmeme.s をフォローしてたっぷり楽しみましょう。

 

一枚の写真には千語もの価値があると言われています。インスタグラムを使えば、写真から千語を学べるのかもしれませんね。

毎日ブラウジングして、英語を学んでいきましょう!


ディリティマン・レイはフィクション、詩、ノンフィクションのライターです。教育、心理学、ライフスタイルなどのトピックを専門としています。詳しくはこちらをご覧ください。

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Enter your e-mail address to get your free PDF!

We hate SPAM and promise to keep your email address safe

Close