子ども‐英語-話す‐方法

子どもと英語で話す方法:家族でできる英語学習6つの実践アイデア

英語を話すことができれば、地球上の20%の人々とコミュニケーションがとれると言われています。

その数、なんと15億人!

人間関係や仕事の可能性もグンと広がるに違いありません。

自分の子どもには、このような可能性を秘めたコミュニケーションの機会を与えてあげたいと思うものですよね?

英語の教育は、子どもが大人になってからも役立てることができる贈り物のようなものです。親がネイティブスピーカーであれ英語学習者であれ、子どもが小さな頃から英語で会話をするのは意味あることなのです。

ありがたいことに、家庭で子どもに英語を教える のは、これまでになく簡単になってきています。オンラインには楽しい英語学習のリソースがあり家族全員でできるシンプルな英語学習のテクニックもたくさんあります。

ここではおすすめの方法6つをご紹介します!

子どもと英語で会話する方法:家族でできる英語学習6つの実践アイデア

Learn a foreign language with videos

1. オンラインツールで英語学習を楽しく

まず初めに大切なのは、新しい言語を教えようとしていることに子どもが気づかないほど楽しい方法で英語を学ぶということです。以下でご紹介するオンラインの英語学習ツールなら、楽しいアニメーションや、歌、お話などで子どもの心をガッチリつかむことができます。

PBS Kids: ボキャブラリーゲーム

子ども‐英語‐話す‐方法

PBS Kidsには、ゲームや歌、動画などを通して子どもたちが楽しく英語を学べるとてもクリエイティブなオンラインリソースがあります。このサイトは英語を母国語とする子ども向けに作られたものですが、ここにあるボキャブラリーのページは英語を学んでいる子どもにも最適です。

たくさんの絵から同じものを探す「マッチングゲーム」や、参加型の物語、言葉パズルなど内容は盛り沢山です。こういったコンテンツの多くには、「セサミストリート」などの子どもに馴染みのある有名なキャラクターが使われています。楽しいゲームやアクティビティーがあれば、子どもの学習に対するモチベーションも保ちやすくなるでしょう。

FluentU

子ども‐英語‐話す‐方法

FluentUはネイティブスピーカーが普段見ているような現実的な動画を通して英語を学ぶことができる、とてもユニークなプログラムです。FluentUには楽しい歌や、アニメ、テレビ番組の短い動画など、本物の英語が聞ける動画がたくさんあり、それらを使って英語学習ができるようになっているのです。

それぞれの動画には参加型のキャプションが付いており、単語をクリックすると意味や発音、写真を瞬時に確認することができます。また、フラッシュカードやクイズなどを楽しむことで、動画を見終わった後も学んだことを覚えていられるようになっています。

こういった動画はジャンルや学習レベルによって整理されているため、ご家族にぴったりの動画が簡単に見つけられるようになっています。例えば、大人気のテレビアニメ”Peppa Pig!”の動画クリップなら、子どもたちも喜んでくれるのではないでしょうか。

もちろん、美しいビーチの動画ツアーから笑えるテレビコマーシャルまで、大人の楽しめるものもたくさんありますよ。

LearnEnglish Kids

子ども‐英語‐話す‐方法ブリティッシュ・カウンシルは子どものための英語学習サイトを提供しています。リスニング、リーディング、ライティング、文法、ボキャブラリーなどの基本的な英語スキルをカバーした内容となっています。子どもと一緒にこのサイト内を見てまわって楽しんでみてください。もちろん、Fun and Gamesのページにある楽しいゲームから始めてもOKです!

さらに、自宅やお出かけ先での英語学習にも便利なプリントアウトできる教材もたくさんありますよ。

ESL Games Plus

子ども‐英語‐話す‐方法ESL Games Plusでは、ある程度大きくなった子どもやティーン向けのやや難しめの参加型オンラインビデオやアクティビティを提供しています。ボキャブラリーや文法、発音などを学べるおもしろいゲームもたくさん楽しむことができます。モバイル用ゲームもあるため、スマートフォンやタブレットでゲームをするのが好きな子どもの遊びの時間を「英語タイム」に変えることができてしまいます。

文法や文を作る練習ができる“sentence monkey”は、特に子どもが気に入りそうなゲームです。

2. 家族の英語ルーティンを作る

家族だけの英語学習ルーティンを作ってみましょう。お腹がすいていたり眠かったりする時間ではなく、子どもが一番元気で勉強しやすい時間を選びましょう。その時間に「英語タイム」などの名前を付けて覚えやすくすると、毎日子どもにとって楽しみな時間になるかもしれません。

毎日この時間になったら、英語のアクティビティやレッスンを行ったり、英語で会話をしたりするようにします。

まだ小さな子どもは集中力や興味が続かないため、まずは10~15分程度から始めます。大きくなって注意力が長く続くようになるにつれて、少しずつ時間を長くしていきましょう。

できるかぎりルーティンに従うことは大切ですが、状況に応じて柔軟に対応してかまいません。その時の気分や調子によって子どもの学習に対するモチベーションは変わってくるものです。疲れているときや他のことで気が散っているときには集中できません。子どもの気分や調子に合わせて、「英語タイム」の時間をずらしたり、1日お休みにしたりしましょう。

3. 子どもが楽しめる英語のトピックを選ぶ

英語を話すことを楽しんでもらうためには、子どもがすでに興味をもっているトピックを使って学習をすることが大切です。子どもの興味関心に注目して、どのようなゲームや歌、アクティビティを気に入っているのかよく知っておきましょう。

例えば、犬が好きなお子さんなら、寝る前の時間に“The Hundred and One Dalmatians”(邦題:ダルメシアン-100と1ぴきの犬の物語)を読み聞かせてあげたり、日曜の朝にアニメバージョン(101匹わんちゃん)を一緒に観たりしてもよいかもしれません。さらに「英語タイム」 には、bark(吠える)、 puppy(子犬)、paws(動物の足)などのボキャブラリーを教えてあげて、犬に関する単語を使って文を作る練習をしてみましょう

このように子どもが興味をもっているトピックを選ぶことで、退屈しにくい学習を行うことができます。

4. 小道具や、ジェスチャー、表情などを利用する

小道具や、ジェスチャー、表情などを利用することで、子どもの注意を引き、教えている単語に興味をもってもらえるようにしましょう。

小道具には、子どもが見たり触ったりできるものを使います。キッチンからスプーンをとってきて子どもに手渡しながら、spoon(スプーン)という単語を発音すると、言葉と物とを関連づけて考えることができます。まだ小さな子どもは物を握ったり触ったりと、大人の動きを真似て楽しんだりもします。

ジェスチャー(手を振る、投げキッスをする等)や表情(ウィンクや面白い顔等)を加えると、子どもにとって英語の学習がずっと楽しくなるものです。手を振って投げキッスをしながら英語で”goodbye”と言うだけで、子どもの注意をしっかり引くことができて、ボキャブラリーも覚えやすくなるのです

5. 文法は気にしすぎない

子どもが間違った文法を使っていたら、みなさんはどうしますか?間違える度に訂正した方が良いのでしょうか?

こういった時は、ちょっとした間違いならそのままにしておいて、子どもに自由に表現させてあげる方が良いでしょう。

もちろん間違いを正してはいけないというわけではありません。確かに必要なときにはそうすべきなのですが、間違いの指摘ばかりに気をとられてはいけないということです。あまり口出ししすぎると、子どもは学習への興味を失って、英語を話したくなくなってしまうかもしれません。

たとえ子どもが教えたことを忘れてしまったり、同じ間違いを繰り返したりしていても、辛抱強く見守りましょう。子どもは繰り返しによって学んでいくものです。同じ単語や文法を何度も繰り返し教えているのなら、きっとそこから自然と学んでくれているはずです

6. 日常生活の中で英語を学ぶチャンスを見つける

日々生活を送る中で、子どもに新しいボキャブラリーを教えてあげられるような機会がないか常にアンテナを立てておきましょう。例えば、いつも子どもと一緒に自然の中で散歩をするという人は、鳥や昆虫、動物、木など、道中で目に入るものの単語に子どもの注意を向けてみると良いかもしれません。

何かおもしろいものを見つけたら、指をさして子どもの気を引いてみましょう。”Come look, there’s a butterfly climbing on a leaf! Isn’t it beautiful?”(見て!butterflyが葉っぱの上を歩いているよ。きれいだね!)と言うと、子どもは”What is a butterfly?”(butterflyってなに?)と聞いてくるかもしれません。そうすると、insect(昆虫)、bug(虫)、wings(羽)などの新しい単語について話せる絶好の機会となるのです。

こういった日常的な学習を行うことで、子どもにとって英語が日常の中で親しみを感じるものになります。また、リラックスした楽しい環境で英語を練習したり新しい単語を学んだりすることにも慣れてくるでしょう。

さらには、親であるみなさんも英語を学んでいるのなら、ご自身の英語力アップにもつながるはずです!

これらの実践的な方法をとることで、子どもにとって最高に信頼できる最初の英語の先生になれること間違いなしです。子どもと一緒に英語の学習を続けて、日々どんどん上達していく姿を見てあげてください。そして何より、親が一緒に楽しむことも忘れないでくださいね!Good luck!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.