リスニング英語学習

リスニングで英語学習!:効果的に学ぶコツと実践法

リスニング練習は英語学習において絶対に欠かすことはできません。

Unnerstandin’English’skindahardsometimes, yaknowhaddamean?

この意味が分かりますか?

ウェールズにある都市異常に長い名前ではありませんよ。

これは”Understanding English is kind of hard sometimes, you know what I mean?” (英語を理解するのは難しいこともあるよね。分かるでしょ?)というフレーズを、ネイティブが喋った音を聞こえるままに文字で表したものです。

もちろん文字だけで理解できなかったとしても、心配いりません。多くの学習者が同じように、どうしたらネイティブの話を理解できるのかと頭を抱えているのですから。

ネイティブが話す英語の理解に苦しむ理由は、彼らが単語同士を繋げて流れるような発音をしているからです。このような話し方のことを連続音声と言います。これによって単語が原形を失ってしまうこともあるのです。

発音の問題だけではありません。人々はありとあらゆる話題を英語で話しています。話題によっては、自分の興味との共通項が全く見出せないこともあるでしょう。あまりにも特定で珍しい話題を取り上げているせいで、理解を難しくしていることだってあるのです。

つまり、英語学習には最適な教科書で学んでいても、人々が話している全ての話題や喋り方を網羅することは不可能なのです。

この記事では、英語のリスニングを伸ばしたいあなたのために、本物の英語を使った教材とリソースを紹介します。どれも、リスニングを使った英語学習法です。

まずはリスニングの重要性についてもう少し深く考えてみましょう。それからリスニングを効果的に練習するコツを紹介します。最後にまとめとして、教材(ネイティブの会話やポッドキャスト、テレビ番組、映画など)のリスニングを使って、紹介したコツを実践する方法をお伝えします。

耳を澄まして。リスニングを使った英語学習法

Learn a foreign language with videos

リスニングを通して英語学習することの重要性

リスニングは、学習者にもっともよく使用されている言語スキルだという研究があります。コミュニケーションをとる上で重要なだけではなく、リスニングは言語学習の中でも重要な役割を担っているようです。

この研究によると、リスニング(聞くということ)は基本的に新しい情報を得て、そして学ぶということです。教室にいるかどうかに関わらず、私たちは日常生活の中でも、他の言語コミュニケーションの形よりリスニングに多くの時間を費やしています。

さて、リスニングがあらゆるレベルの言語学習者の生活の中心にあるのなら、言語学習そのものにおいても同じであるべきではないでしょうか?英語を上達させようと努力する中で、リスニングの練習はその中心にあるべきなのです。

でも、リスニングによる英語学習を始める前に、効果的なリスニング方法を知っておきましょう。

効果的なリスニングを実践している人はごくわずかです。それは難しいからではなく、ほとんどの人が効果的なリスナーになれる習慣を持っていないからです。

リスニングに必要な能力を効果的に鍛えるためには、自分の聞いたことに対するフィードバックが必要です。フードバックによって、間違いを正せるだけでなく、学習意欲を高めることができ、スピーキングの自信にもなるはずです。

リスニングによる効果的な英語学習法:簡単で重要な6つのコツ

テレビや言語学習用のウェブサイトで次のような文句を聞いたことはありませんか。「これは完璧な英語学習方法です」

この記事の結論をはじめにお伝えしましょう。誰にも言ってはいけませんよ!英語を学ぶ完璧な方法などありません!大事なことは、計画を立ること、できるだけ早く始めること、学習過程の中で方法を調整していくことです。

英語を学ぶ「完璧な」方法について1つ言えることがあるとすれば、

実際に実行したものでなければ、完璧な計画とは言えないということです。

どれだけ素晴らしいコースやメソッドがあったとしても、実行しなければ何の意味もありません。

では、効果的にリスニングを通して英語学習をする6つのコツをご紹介しましょう。

コツ1:様々なリスニング教材を使う

似たような英語をずっと聞くことは避けましょう。

たとえばニュースや、同じテレビ番組を何度も繰り返して見てはいけません。そうではなく、様々なトピックやシチュエーションのものを見るようにしましょう。

自分が見て楽しいもの、学習を続けたくなるものを選んでください。自分のゴールや興味と合っているものであれば大丈夫です。

コツ2:ポジティブな気持ちで始める

まず知っておいて欲しいことは、楽観的にリスニングをすることの重要性です。なぜでしょうか?人々が言っていることを聞き取れる、理解できると信じなければ何も始まらないからです。

リスニングはとても難しいものです。特に早口な人や、強いアクセントの人の話なら、なおさらのことでしょう。でも、全ての人がリスニングを上達させる過程をすでに経験済みなのです。赤ちゃんだった頃、リスニングの方法や言葉の喋り方を学んだではありませんか。成長してしまって何か変わるということがあるでしょうか?前向きな心持ちでリスニングすれば、それが不可能ではないことが分かるはずです。

人々が言っていることを聞きとり、理解できると信じられないのなら、「スターウォーズ」のマスター・ヨーダの言葉を贈ります。「それがあなたの失敗の理由だ。」

まだ苦戦中ですか?積極的なリスニングをすることにフォーカスしましょう。誰かが話している時に、次に何を言おうか、何と返答しようかと考えてはいけません。自分の言いたいことを頭の中で翻訳したり、文章の構文を分析したりしてはいけません。ただ聞くことに集中するのです。

コツ3:内容を予想する

ラジオを聴いていると思ってください。

後ろにヘリコプターの音がします。パーソナリティーが、ある道の名前、大通りの名前、そこにどれだけの車が並んでいるかを話しています。

彼は何について話しているのでしょうか?おそらく、それは交通情報のはずです。

ここまで分かれば、”bottleneck”(渋滞)や“traffic jam”(渋滞)、 “rush hour”(ラッシュアワー)などの単語が出てくることを想像できるでしょう。”don’t take the highway”(高速は使わないように)、 “avoid 4th Avenue”(4番街は避けて)などの指示まで想像できるかもしれません。

その状況や、背景、環境を踏まえるだけで、出てくる単語が予想できます。言葉のスタイルまで想定できることもあるでしょう。大きく一歩前進です!

「ゲームオブスローン」のジョン・スノウのように、分かることが何ひとつないなら話は別ですが、そうでない限りは自分の知識を使って、これから聞くであろう情報を予想することができるのです。会話のトピックが予想できたら、頭の中にある全ての知識と関連単語を総動員してください。聞こえたことへの理解力がぐっと高まるはずです。

また、次にテレビ番組やラジオを聴く時は、数センテンスごとに停止させてみて、話し手が次に言うことを予想してみてください。

例えば、”avenue” “vehicle” “jam” “bottle” “neck”はそれぞれ独立した意味を持っていますが、これらが組み合わさることで交通に関係した会話の文脈を形作るのです。

これを練習するための効力ある方法は、心の地図を作ることです。新しい単語を学んだら、同じような文脈の中で使う単語のグループを作ってみましょう。

コツ4:大きなアイデアに焦点を絞る

まずは、人々が話す一つ一つの単語を全て理解したいという気持ちを捨てるべきです。会話についていき、主要なアイデアを理解することの方が大事なのです。

英語とは道路のようなものです。どの道路にも「道路標識」がついていますね。何が起こっているかを順序立てて教えてくれる標識、そんな単語が英語にもあるのです。それらは、リスニングの理解を助けてくれます。その単語によって話の前後が繋がり、その人が何について話しているのか理解できるようになります。特に講演やプレゼンの際は、そんな単語がとても重要なのです。

例えば、大学の先生が講義をしている時に、「この考えを支持する3つの理由について…」と言えば、“first of all”(まず始めに) “moving on to”(次に進むと)そして “in summary”(まとめると)などの言葉を探しましょう。それは話をつなげるフレーズで、講義が次のパートに進んだことを示します。

これらのキーワードに焦点を絞り、会話の中でもっとも重要な部分を見つけましょう。落ち着いて、主要なアイデアを理解するための優先順位をつけたら、より自由な気持ちで会話の細部を埋めていき、あとで分からなかった部分を質問しましょう。

コツ5:細部にはあとで焦点を置く

大きなアイデアを理解したら、次は細部に目をやって、より理解を深める時です。

名前や数字などの特定の情報が必要な時は、細部に注目して聞いてみてください。でも、自分が聞き取りたい重要な情報以外は無視するようにしましょう。そうすることで、あなたは探しているものだけに集中でき、必要な細部の情報を得ることができるのです。

例えば、ある人物の年齢を知りたいならば、”old”や”years”そして”born in”など、年齢に関わる単語に注意しましょう。また、数字にも注意を向け、年齢をはっきりと聞き取ってください。

細部のリスニングの訓練をするためには、まず聞き取りたい細部の情報を決め、ラジオでその情報を聞き取る練習をしてみましょう。

例えば、天気情報のリスニング練習をするときは、天気予報を聞いて、都市名にフォーカスしつつ、それぞれの都市の気温を聞き取ってみましょう。

また、話の内容ではない細部に注目することもできます。単語を聞き取る代わりに、イントネーションや強弱にフォーカスしてみるのです。

普段はあまり気に止めないかもしれませんが、イントネーションはスピーチの中でとても重要な部分です。イントネーションをより自然にしたければ、それだけに焦点を絞る必要があるでしょう。

同じように、強弱にも焦点を当ててみましょう。強弱を間違えると、ネイティブの人に理解してもらうことが難しくなります。言っていることの意味が変わってしまうことすらあるのです。ですから強弱のリスニング練習に時間を費やすことも時には必要かもしれません。

コツ6:ひたすらリピート: 常に練習しリスニングする

リスニングで英語学習をする最適な方法の最後の1つは、単純に英語をできる限りたくさん聞くことです。

魔法はありません。でも自分の興味あることをリスニングするべきです。そうでなければ、持続できません。きっと飽きてしまい、そのうち辞めてしまうでしょう。

リスニングのスキルを向上させるには、間隔反復のテクニックを使ってみてください。同じものを何度も聞くことで、リスニングがより深くなります。新しい単語を初めて聞いた時は、それを何度か繰り返すといいでしょう。同じ日の終わりに、もう一度それを聞いて練習します。次の日にもまた繰り返します。一週間したら、さらにもう一度同じものを聞いてみるのです。そして1ヶ月後にもう一度。この作業によって学んだことが脳に染み込んでいくでしょう。

さて、ここまでリスニングによる英語学習のコツを説明しました。ではこれらをおさらいしながら、様々な教材を使ったリスニング英語学習方法を見ていきましょう。

コツを実行に:リスニングによる英語学習を実践しよう

テレビ番組を英語で楽しむ

リスニング-英語学習

気になる英語の番組を見てみましょう。初めから終わりまで見てください。物語の構成やあらすじ、登場人物を追いかけましょう。何を見たらいいか分からない?心配いりません、FluentUがあります。

その効果は?テレビ番組を見ることで、学習は長続きします。番組を楽しめれば、何時間でも見ていられるでしょうし、その間はずっと英語を聞いていられるのです。

実践法は?番組中のひとつのシーンや短い部分を選んで、そこを一言づつ繰り返して言ってみましょう。トーンとスピード、アクセントを合わせるようにしてください。

FluentUなら、普通のテレビを見るよりもずっと簡単に英語学習をすることができます。

FluentUには、ミュージックビデオや可笑しなCM、感動的なスピーチなど、何百ものテレビクリップが収録されています。実際に英語圏で観られている動画を通して、リアルな英語を学ぶことができるのです。

リスニング-英語学習

見たい動画がFluentUにきっとあります。

FluentUのアプリは、インタラクティブな字幕が付いているので、英語の動画を簡単に見ることができます。どの単語でもタップするだけで、その意味やイメージ画像、役に立つ例文を見ることができます。

リスニング-英語学習

世界のセレブのコンテンツで学習しよう。

例えば、”brought”という単語をタップすると、下の画像が出てきます。

リスニング-英語学習

どの単語もタップ1つで調べられます。

FluentUなら、動画に出てくる全ての単語を学ぶことができます。左右にスワイプすれば、学んでいる単語の例文を見ることができます。

リスニング-英語学習

役立つ質問や例文で学習のスピードもUP!さらに詳しく。

一番のおすすめポイントはなんでしょうか?FluentUは、あなたが学習中の単語を記憶し、学習済みの単語を元にして、あなたに合った動画を教えてくれます。

完全に自分用にパーソナライズされた学習を経験しましょう。

パソコンでFluentUのウェブサイトを開いて、早速始めましょう。iTunesストアGoogle PlayストアでFluentUのアプリをダウンロードすれば、さらに便利になりますよ!

英語のラジオ番組

その効果は?働いている時、バスに乗っている時、運動している時、夕食を作っている時、列に並んで待っている時、あらゆる時に英語を学ぶことができます。まずはラジオ局を見つけましょう(いくつかオススメを紹介します)。そしてヘッドフォンをつけて、とにかく再生しておくのです。そうすれば何か他のことをしながらでも流れている英語を聞いておけます。

実践法は?世界には様々な英語のラジオ番組があります。世界中の違った方言やアクセント、強弱、イントネーションを聞いてみましょう。

英語のYouTubeチャンネル

YouTubeを開いて、面白そうな英語の動画を見つけましょう。YouTubeで英語を学べる10チャンネルを紹介します。

少しボリュームを下げてみましょう。より集中することができるはずです。人々がなんと言っているか理解できるでしょうか。

さあ、いますぐやってみてください。記事を読むのは一旦止めて。

その効果は?あえて少し難しい状況の中でリスニングを鍛えれば、あなたのスキルはぐっと向上するでしょう。普段、人々が喋っている音量をコントロールすることはできないのです。

実践法は?自分を追い込んでみてください!YouTubeの動画をあえて小さい音量で聴くのです。理解できた単語やフレーズを書き出してみましょう。そのあとキャプションを入れて動画をもう一度見ます。いくつの単語が当たっていたか確かめてみてください!

トランスクリプト付き英語動画

English Videos with Transcripts

リスニング-英語学習

elllo や TED Talksなど、会話や講演を聴きながら、同時にトランスクリプト(話されている言葉を文字で起こしたもの)を読むことができるウェブサイトはたくさんあります。

その効果は?トランスクリプトを見ながらリスニングすることで、単語と実際の音をマッチさせることができます。やってみると分かると思いますが、ほとんどのネイティブの単語の発音は、あなたが学校で習ったものと違うでしょう。

リスニング-英語学習

教室やリーディングだけで英語を学んでいる人は、実際の単語の発音を聞いて面を食らってしまうかもしれません。トランスクリプトを使ってリスニングすることによって、予想と現実を一致させることができるのです。

実践法は?前述したウェブサイトを見てみましょう。面白そうな会話や講演を選んで、まずはトランスクリプトを読んでください。その後、トランスクリプトを読みながらリスニングをして、音が予想とどのように違うのか書き留めてみるのです。

ポッドキャスト(全エピソードを聴くこと!)

ポッドキャストの全エピソードをダウンロードして、1日最低一回は再生し、全部を聴き終えてください。

そんな時間はないよ」と言いたいかもしれませんが、ポッドキャストならバスに乗っている間でも、仕事に行く途中でも、列に並んでいる最中でも、渋滞につかまっている時でも、お湯が沸騰するのを待っている間でも、病院の待ち時間でも、いつでも聴くことができるはずです。

日々の隙間を浪費するのではなく、その時間を英語を学ぶチャンスへと変えましょう。

何から始めていいか分からなければ、この厳選された英語学習者のためのポッドキャストリストを見てください。

その効果は?リスニングによる英語学習を日常の中に組み入れ習慣化できるだけでなく、同じ人のポッドキャストを長く聞くことで、その人の話し方のクセが分かるようになります。お気に入りのポッドキャストが見つかれば、新しいエピソードが公開される楽しみもできますよ。

話し手のクセが分かるようになると、聴いているものによって、苦手なクセなどに気がつくかもしれません。

実践法は?“you know”や”like”といったフレーズが言葉の間に入っていませんか。これらの「つなぎ言葉」は、多くの人がクセとして持っているものです。必要な習慣とは限らず、少なくした方が、相手はあなたの言いたいことに集中できるかもしれません。このような言葉を減らすのは難しいことですが、根気よく練習すればできるようになります。

大学の講義の録音

リスニング-英語学習

英語圏の大学に通っている人、入学を計画している人、もしくはただ学術的なリスニングのスキルを高めたい人、そんな人のために、この解決策があります。edXのようなウェブサイトでは、世界有数の大学の講義を学びたい人のために、無料で提供しています。

これを見れば、リスニングの理解力を向上させつつ、大学での成功の確率を上げることもできるでしょう。講義のリスニングを練習できる上に、クラスでのディスカッションやプレゼンなど、大学で必要な基本スキルも磨くことができます。

何よりも、これらはローンを組まなくてもできるのです!

その効果は?大学の講義は、あなたの興味や専門によって、それぞれの分野の特別な単語を使います。

もし真剣に学問の道へ進もうと考えているなら、学術的な環境の中で起こりうる多種多様な会話をいずれ学ぶことになるでしょう。また相手を理解したり、自分の考えを効果的に表現したりする戦略も学ばなければいけません。難しいことですが、リスニングのスキルを訓練し向上させるいい機会となるでしょう。

実践法は?自分の専攻分野や興味のある分野の講義を選びましょう。講義やセミナーを聞くときは、アクティブなリスニングをしてください。ノートを取ったり、心の中で講義に対する質問を考えてみたりと、実際に講義に出席しているようにリスニングするのです。

英語のオーディオブック

英語の書籍はあなたの周囲にあまりないかもしれません。あったとしても、ゆっくり座って読書をする時間がない場合もあります。日々の生活は忙しいのです。もしくは、英語の本を読んでいて、ある単語の正しい発音が分からない時、あなたはどうしますか?そんな時に活躍してくれるのがオーディオブックです。

オーディオブックとは誰かが本を朗読した声を録音したものです。あなたのお気に入りの作家が、彼らの最新の本を読んで聞かせてくれる上に、英語も同時に教えてくれる、そんなシーンを想像してみてください!オーディオブックはインターネットですぐに見つかります。FluentUにもいくつかのオーディオブックのサイトをまとめたものがあります。

その効果は?オーディオブックは、一般の会話と比べて、より多様な単語を使っているので、語彙を増やすには最適です。また朗読者は、はっきりと正確に文章を読んでくれます。何よりもオーディオブックはとても面白いので、何時間でも聴いていられることでしょう。

実践法は?新しい単語を学ぶために、自分の知らない単語の発音にフォーカスしてみてください。聴き終わったあとは、物語についての質問を自問自答することで、理解度を確かめることができます。

オーディオブックのおすすめの使い方は、オーディオに合わせて一緒に朗読してみることです。実際の本やデジタル版を手に入れて、それを聴きながら自分も朗読してみましょう。そうすると、言葉に集中することができます。声に出して読み、声を合わせることで発音も練習できるでしょう。

英語の曲を聴く

歌を聴きながら英語を学ぶ方法はたくさんあります!歌は聴いていて退屈することがありません。本当です。歌を聴きながら英語を勉強して、楽しくなかったなら教えて欲しいくらいです。歌詞を書き出したり、一緒に歌ったり(カラオケはどうですか?)、歌詞を見ずにどれだけ覚えたかテストすることだってできます!

その効果は?英語のラップを聴こうとしたことがありますか?歌詞を聴き取り、さらに理解するのはネイティブですら難しいことです。でも私を信じて下さい。歌手がなんと言っているか一度分かれば、それは頭から離れなくなります。次にその曲を聴いた時は、歌詞が頭に残っていて、一緒に歌うことだってできるかもしれません!

実践法は?音楽は英語に対する自信を深めてくれます。歌詞を忘れてしまっても、完璧な音程で歌えなくても構いません。ただ音楽にのって、大きな声で歌えばいいのです。

そのうちに、歌が頭の中に入ってきます。歌詞を見なくても歌えるようになるでしょう。その頃には、自分の発音が大きく向上したことに気がつくはずです。

歌詞を見ずに歌うことを楽しんでください。誰も聴いていないと思って歌うことが大事ですよ!

自分自身!

これで最後です。最後の解決策は他の誰でもなく、自分の声を聴くことです。変だと思うかもしれませんが、口語英語の上達にこれ以上の方法はありません。

その効果は?自分が話しているところを録音し、聴くことで、間違いに気づいたり、それを直したりすることができます。この記事で紹介した教材を、自分の発音と比べるために使ってみてもいいでしょう。きっとすぐに自分の問題が見えてくるはずです。自分が喋っているものを何度も聴いていれば、英語のスピーキングの上達が目に見えて分かるはずです。

実践法は?パソコンやスマホで自分の英語を録音してみて下さい。それを再生し、自分の発音とアクセントを知りましょう。何か気づいた問題があれば修正し、もう一度やってみるのです。

 

さあ、以上です!これは、効果的なリスニング英語学習の完全保存版ガイドです。たじろいでしまうかもしれませんが、このガイドと練習の積み重ねがあれば、誰でもリスニングを通して英語学習することができ、そしてリスニングの理解力を向上させることができるはずです。

何についても言えることですが、リスニングも練習すればするほど簡単にできるようになってきます。リスニングによる英語学習を続けてください!きっと成功します!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.