イギリス英語_テレビシリーズ

イギリス英語をテレビ番組で学ぼう!最高に面白いシリーズ10選

イギリス英語をテレビ番組の中で聞いたことはありますか?

テレビを見てはいけないと信じているあなた、実はテレビを見るのはいいことなのです。

誰でも一度は「テレビを見ると頭が悪くなる」と言われたことがあるでしょう。

でもテレビを見ることで、頭が良くなることがあるとしたらどうしますか?

おっと、最後まで聞いてくださいね。私は別にずっとテレビを見ることがいいとは言っていません。適切な英語のテレビシリーズを見ることで、賢く頭脳を鍛えられるということをお伝えしたいのです。

特に様々な方言やアクセントを学びたい人にとって、テレビを見ることは最適な学習方法です。もしあなたがイギリスに住んでいないなら、イギリスの英語をあまり聞いたことがないかもしれません。アメリカ英語を学ぶこととイギリス英語を学ぶことは違うのです。では、どうやってイギリス英語を学んだらいいのでしょうか?

そんな時にテレビが活躍します。イギリスのテレビ番組を見ることで、基本的なイギリス英語を学ぶことができるのです。また、イギリス英語のアクセントを聞き、理解しようとする経験だってできます。こうやって楽しく英語を流暢に喋れるようになっていきましょう。

ここで紹介するのは、イギリス英語のフレーズを学べるテレビ番組ベスト10です。さあポテトチップスを片手に、テレビをつけましょう!

Learn a foreign language with videos

なぜイギリス英語をテレビ番組で学ぶのか?

  • 自分のボキャブラリーにスラングを加える。イギリスのテレビ番組は基本的にイギリス人の視聴者のために作られてるので、会話の中にはイギリス英語のスラングが含まれています。これらのテレビ番組を見ることで、語学学校などでは学ぶことのできない、カジュアルな言葉を聞くことができます。
  • イギリス英語のアクセントを聞き、理解する訓練をする。イギリスのアクセントは、オーストラリアやアメリカのアクセントとは全然違います。イギリス英語のテレビ番組を見れば、イギリスのアクセントをどんどん理解できるようになるでしょう。
  • イギリスの文化や歴史についてもっと知る。もちろん、あなたの1番の目標はイギリス英語のフレーズを学ぶことです。でも、イギリスのテレビを見れば、イギリスの文化や歴史まで知ることができるのです。

この学習を終えた頃には、イギリスびいきの人になっているかもしれませんね。

  • 楽しく愉快に英語を上達させる。テレビを見るのが嫌いな人なんているでしょうか?楽しくリラックスして言葉を学ぶことができます。

テレビを見るパーティーを開いたり、一晩中ネットフリックスをつけっぱなしにしたり。いずれにせよ、イギリスのテレビ番組を使えば、楽しく英語を上達させることができます。

イギリス英語をテレビ番組から学ぶ方法

  • テレビを見ながらノートをとる。テレビを見る前に、ノートとペンを持ってきましょう。もしくはメモができるアプリでもいいでしょう。テレビを見ている間は、積極的にノートを取るようにしてください。

聞き取れたフレーズや、分からなかった単語やフレーズをメモしておきましょう。

  • 同じエピソードを数回も見る。ノートを取っている時は、躊躇せずエピソードを一時停止したり、巻き戻したりしましょう。言語学習をする上では、反復が効果的だという研究まであります。繰り返して見ることで、一回見ただけでは分からなかったフレーズや単語が分かるようになるのです。
  • テレビ鑑賞パーティーを開こう。ポップコーンを作って、ピザを頼み、友達を招待しましょう。友達や勉強仲間と一緒にテレビを見ながら勉強すれば、もっと楽しくできますよ!
  • 自分に辛抱強くなろう。英語をマスターするのは時間がかかることです。ですからイギリス英語のテレビ番組を見ている時も、焦らないでください。最初は、何を言っているか全然分からないかもしれません。ジョークを言っていても、面白くないでしょうし、アクセントも理解できないかもしれません。初めはそれでいいのです!時間をかけて取り組みましょう。

そして、辛抱強く何度もトライしてください。そのうち簡単に感じるようになり、徐々にイギリスのフレーズを覚えられるようになるはずです。

イギリス-英語-テレビ-番組

英語のテレビ番組をはっきりと理解できるようになりたいですか?FluentUを試してみてください。FluentUは映画のトレーラーやミュージックビデオ、感動的な講演などをパーソナライズされた言語学習レッスンへと進化させました。

FluentUにはたくさんの面白い動画が収録されています。下の画像を参考にしてください。

イギリス-英語-テレビ-番組

FluentUの動画には、インタラクティブな字幕が付いているので、英語の動画を簡単に見ることができます。どの単語でもタップするだけで、その意味やイメージ画像、役に立つ例文を見ることができます。

イギリス-英語-テレビ-番組

例えば、”brought”という単語をタップすると、下の画像が表示されます。

イギリス-英語-テレビ-番組

FluentUなら、動画に出てくる全ての単語を学ぶことができます。左右にスワイプして、学んでいる単語の例文を確認してみましょう。

イギリス-英語-テレビ-番組

動画は、ジャンルやレベルことに分類されているので、自分にぴったりのものを簡単に見つけることができます。さらにFluentUは、学習中の単語を記憶し、学習済みの単語を元にして、あなたに合った動画を教えてくれます。

パソコンでFluentUのウェブサイトを開いて、早速始めましょう。iTunesストアGoogle PlayストアでFluentUのアプリをダウンロードすれば、さらに便利になりますよ!

イギリス英語を学べる最高に面白いテレビ番組10選

さあテレビ漬けになる準備はいいですか?

イギリス英語でテレビ番組を見ながら英語を鍛える方法は分かりましたね?どんな番組から見たいですか?

ここでは、イギリス英語のフレーズを学ぶことのできる、イギリス英語のテレビ番組ベスト10を紹介します。これらの番組を見れば、イギリス英語のアクセントを聞く練習ができる上に、イギリスのスラングも分かるようになります。リストの中には私たちが選ぶ、過去最高の番組もありますよ。楽しんでください!

“Chewing Gum”

Chewing Gumは2015年から放送が始まった、イギリスのシチュエーションコメディーです。賞を受賞したこともあるこのシリーズは、20代の処女、トレーシー・ゴードンが彼女のセクシャリティーを探求する物語です。話の舞台は現代のロンドンなので、今現在使われているスラングを学べます。

このリストにある番組の多くはネットフリックスで視聴可能です。Chewing Gumもその1つです。さあ一気に見終える準備をしましょう!

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • bum (お尻)
  • innit (isn’t it)
  • pop in (誰かの所にお邪魔すること)

“Sherlock”

このシリーズは、アーサー・コナン・ドイルの小説、シャーロック・ホームズの物語を元にしています。

ベネディクト・カンバーバッチが主演で、現代のロンドンが舞台です。このシリーズは2010年から始まり、数々の賞を受賞しています。

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • trousers (ズボン)
  • putting me off (嫌いにさせる)
  • you lot (君ら)

“The IT Crowd”

このシチュエーションコメディーは、イギリスでカルト的な人気を誇ります。

2006年から放送が開始されたこのコメディーは、架空のIT会社Reynholm Industriesで働く従業員にフォーカスしています。のちにこのシリーズは、複数のアメリカバージョンドイツバージョンが作られました。

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • brilliant (素晴らしい)
  • go on then (そうしなよ)
  • pounds (イギリス通貨)

“Jamie Oliver”

彼は有名なイギリス人のシェフで、たくさんのテレビ番組に出演しています。彼の番組なら、どれでもイギリス英語のスラングを学ぶことができます。料理のテクニックまで学ぶことができるイギリス英語のテレビ番組です!

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • carry on (そのまま続ける)
  • Celsius (イギリスの気温の単位、摂氏。アメリカは華氏を使います)
  • prawn (エビ)

“The Fall”

The Fallは北アイルランドを舞台にしたイギリスの番組です。シリアルキラーと彼を追跡している探偵に注目したホラー番組です。

2013年から放送が始まり、いくつもの賞を受賞しています。

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • mummy (ママ)
  • cross (怒ること)
  • solicitor (弁護士)

“Top Gear”

Top Gearは車を紹介する人気のイギリスの番組です。オリジナルとなる1970年代に放送されていたシリーズは、車の機能にフォーカスしていました。2000年代のリメイク版では、車のレースやスタントが含まれるようになりました。

この番組はAmazonのプライムビデオで視聴可能ですが、プライム会員でないなら、YouTubeでクリップを見ることができます。

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • lorry (トラック)
  • kilometer (イギリスの距離の単位—アメリカではマイルを使います)
  • liter (イギリスの量の単位—アメリカでもリッターが使われています)

“The Office (British)”

多くのアメリカ人は、マイケル・スコットとアメリカ版の”The Office”に馴染みがあるはずです。実はこの番組のオリジナルは、2001年にイギリスで放送されたものです。イギリス版はコメディアンのリッキー・ガーベイズが制作、主演しています。

これはモキュメンタリー(架空の事柄をドキュメンタリー風に撮ったもの)で、架空の新聞会社の日常を舞台にしています。

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • holiday (休暇)
  • tippex (修正液)
  • queue (行列)

“The Great British Bake Off”

これはアマチュアが参加してお菓子やパンを作る大会です。ベーキングとデコレーティングのスキルを様々な形でテストするのです。会話的なイギリス英語をこのテレビ番組から学びましょう。

この番組は賞を受賞していて、イギリスでとても人気があります。アメリカとカナダでは”The Great British Baking Show”と呼ばれています。

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • chum (友人)
  • banging on about (長い時間がかかる)
  • fiddly (難しい)

“Derren Brown: The Push”

この興味深い社会実験は、メンタリストのダレン・ブラウンが指揮しています。番組の中で、ダレンは一般の人々を、恐ろしい犯罪に手を染めるよう説得するのです。

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • lot in life (人生の状況)
  • quid (お金)
  • dash (すぐに去る)

“Peaky Blinders”

Peaky Blindersは、第一世界大戦後のイギリスについて多くを教えてくれます。この犯罪ドラマは、シェルビーギャングの物語で、イングランド、バーミングハムを舞台にした犯罪に焦点を当てています。

2013年から放送されているこの番組は、賞を受賞しています。

このシリーズで話されるイギリス英語のフレーズ:

  • learnt (学んだ)
  • thick (バカな)
  • pub (バー)

 

イギリス特有のフレーズやアクセントを身に着けるためには、イギリス英語のテレビ番組が最高の教材です。さあモタモタしている暇はありません。ポップコーンを片手に、ノートを用意し、イギリス英語をテレビ番組で楽しく学びましょう!


Stephanie Brownはニューヨークに拠点をおくフリーランスのライター。彼女の詳しい情報は The Adventuring Millennialまで。

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.