how-to-speak-english-well1

英語を上手に話す方法:ペラペラになるための10の簡単なコツ

英語を上手に話せるようになる方法を知りたいですか?

英語がペラペラになる近道をお探しですか?

1日5分で完璧な英語が話せるようになるトリックはありませんが、

短い時間で、もっと流暢に話す方法を学ぶのに役立つ、しっかりしたコツはあります。

今までよりもっと英語がうまくなるコツをいくつかお伝えしましょう。

英語を上手に話す方法:ペラペラになるための10の簡単なコツ

英語はヘンな言語だと心得る

英語の文法には法則があるときもありますが、まったくないときもあります。“read”(リード)と“read”(レッド)は同じ単語ですが、現在形か過去形かによって発音が異なります。あるいは、なぜ、“mouse”の複数形は“mise”なのに、“house”の複数形は“houses”なのでしょうか。残念なことに、こういった例外が英語にはいくつもあります。ですから、すべてに理由を求めて英語をきちんと話そうとすると、すぐ行き詰ってしまいます。英語はときに、ヘンで説明ができないことがありますが、そんなときはそのヘンな例外は暗記してしまって、次に進みましょう。

どっぷりと浸かる

週に1度、1時間英語を学習しても実質的には上達しないことが多いです。速く英語を上達させるコツは、少なくとも数分の、毎日の練習です。勉強するときはいつも、どっぶりと英語につかり、難しいと思うことでも、英語で聞き、読み、口に出してみましょう。流暢になりたければ、日常生活の一部にすることが重要なのです。

生徒でいるのをやめる

失敗と成功を左右するのは、正しい取り組み方です。自分は英語を学んでいる、のではなく話す、のだと考えましょう。小さな変化ですが、こうすることでもっと自信がつき、すでに知っている英語をもっと効果的に使えるようになります。こうするためには、英語で考えることが必要です。例えば、「りんご」を英語で言いたい場合、すぐに母国語で考えてから英語でそれにあたる言葉を探すことが多いかもしれませんが、そのかわりに、りんごの写真をイメージし、英語で”apple”だと思うようにするのです。頭の中で会話を翻訳するのをやめることで、実際に英語が流暢に話せるようになります。

質問に答える

英語で質問されたら、注意深く耳を傾け、毎回答えられるようにしましょう。英語の質問は、鏡のようなものです:

           Does he…..?                       Yes, he does.

           Can she….?                         Yes, she can.

           Is it….?                                  Yes, it is.

英語で質問されたときにどうやって答えるか、自信がなかったら、その質問で使われていた言葉を考えることから始めてみましょう。答えるのに必要な言葉は、ほとんどすでに言われていることが多くあります。ただ英語の文法を暗記するのではなく、こういった法則を探してみてください。簡単に「カンニング」する方法はたくさんあり、正しい単語を憶えるのに役に立つと思います。

リスニングからもっと学ぶ

ネイティブの人の英語を聴くとき、多くの生徒は、そこで話されている単語の意味を理解することに焦点をあてます。これもとても大事ですが、リスニングから学べることはもっとたくさんあります。単語の意味だけでなく、それをどう言っているか、耳を傾けてみましょう。文章内で、どの言葉をつなげて言っているか、どんなときに”you”のかわりに”ya”と言っているか、気にしてみましょう。次に英語を話すとき、こういったポイントを念頭に置いておくと、もっとナチュラルな英語になるはずです。

でも、言うは易く行うは難し、ですよね。英語ネイティブの人の会話で話されている単語を全部理解するのは難しいでしょう。知らない単語がたくさん使われていますし、速すぎたり、アクセントが強かったりします。

慎重かつ積極的に英語を学びたい、そんなときにはぜひFluentUを始めましょう。FluentUには、実際に世界で使われている英語のビデオの膨大なコレクションがありますので、日常で使われている英語に常に触れることができます。

どうやって英語を学ぶかは、あなた次第です。何百もの優れたビデオの一覧をざっと見て、自分の学習体験にぴったり合うものを自由に選ぶことができます。

本格的な英語を聴けば聴くほど、ナチュラルな英語の話し方が解ります。選んでいただいたビデオには字幕があるので、話されている単語の定義をつかむことができます。

すべての学んだ英語を保存して、どのくらい英語が向上したかをチェックすることもできます。多くのビデオで練習し続ければ、理解力がグンとアップし、ネイティブレベルの英語が話せるようになるでしょう。

使わないとダメになる

「使わないとダメになる」という英語の表現は、能力を使わなければ、忘れられてなくなってしまうことを表しています。これは、新しい英語の語彙を憶えるのにも役立つでしょう。新しい単語はすぐに使って、記憶に残すのが一番です。新しい単語を憶えるには、憶えた次の週にでも文章の中で何回か使って、絶対に忘れないようにしましょう。

フレーズで学ぶ

英語を流暢に話せれば、思考、感情や考えを表現できるようになります。文章で英語を話せるようになりたければ、文章ごと学んでみませんか?語彙と動詞をバラバラに学ぶより、文章ごと学ぶことで、英語がもっと日常生活に役に立つとわかっていただけると思います。母国語でよく使うフレーズを思い浮かべ、それを英語でどう言うか、勉強してみましょう。

文法を勉強しすぎない

英語学習でキーとなるのは、学習と実用のバランスです。流暢に英語を話すことは文法を完璧に知ることとは違います。英語のネイティブでさえ、文法を間違えることはあります!流暢とはコミュニケーションができること。ですから、たまには文法の教科書を置いて外に出て、日常の、生きた英語の、読み書き・リスニング・会話の練習をすることをおすすめします。

ミスを恐れない

これまでご紹介したルールや単語を1つの文章に詰め込むのは、難しいときもあるでしょう。間違ったことを言うのを恐れてしまうと、英語が全然話せなくなってしまいます。間違ったと思っても話し続けましょう。間違いがあっても、相手はあなたが言いたいことを理解することも多くあります。さらに、たくさん話せばもっと英語がわかるようになり、ぴったりとした言葉を速く思いつくようになります。

誰からでも学ぶ

教科書や先生だけでなく、英語を話すどんな人からでも、英語を学ぶことができます。母国語で、これはどう発音するの?と聞かれたら自分がどう感じるか想像してみてください。怒りますか?そんなことはないですよね。おそらく、喜んで教えたいと思うでしょう。多くの英語のネイティブの人も同じです。友達でも職場の人でも、英語を話す人がいれば、そのチャンスを利用して、彼らから学んでみましょう。

英語を流暢に話せるようになるためのその他のリソース

「英語がうまく話せるようになるには…それは考えることではありません」: 「考えないで、ただ話しましょう」。―すばらしい、学習の士気を高めるビデオで、考えることよりも話すことに焦点をあてた理論的な根拠が、よく説明されています。

「英会話の5つのルール」: 会話の英語を正しく学ぶのに役に立つ投稿です。

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Comments are closed.